子育てハッピーアドバイス 妊娠・出産・赤ちゃんの巻

  • 吉崎達郎 / 明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

定価 ¥1,008 税込

内容紹介

育児書として大人気の「子育てハッピーアドバイス」シリーズに、『妊娠・出産・赤ちゃんの巻』が加わりました。
これまでは現に子育てしている方向けでしたが、この本は、これから出産という方、そして主に1歳までの乳児を育てている方にピッタリの内容となっています。
「おなかの中から」サポートし、安心を与えてくれる本書は、きっとあなたの力になってくれることでしょう。

著者は、
「妊娠、出産は、人がこの世に生まれ出てくる、文字どおり出発点。それが周囲のサポートに包まれて安心できるかどうかは、その後の子育てにも影響してきます」
と言っています。

育児をつらく感じさせるもとには、自分の受けた子育て(傷ついた経験など)が少なからず関係しているといいます。負の連鎖を断ち切り、子どもに自己肯定感(自分は大切な存在だ、生きている価値があるという気持ち)を育んで、ともに幸せな人生を送るにはどうすればいいか。これから親になる人にとって、まず大切な“心”のレッスンから、本書は始まっています。

そしてプレパパへのメッセージとして、「妻が妊娠したとき、夫も同じスタートラインに立つことが大事」と、家族から愛される父親になるための具体的なポイントがまとめられています。

つわりなどのさまざまな体の変化、出産への不安にも答えます。

母乳育児や離乳食の悩みも解消、泣きやまない赤ちゃんだって、もう怖くありません!?

妊娠、出産、育児という未知のトンネルを、勇気を持って乗り切れる1冊です。

「いつかは赤ちゃんを産みたい!」という“妊活”中の方にもオススメです。

執筆者プロフィール

目次

○はじめに
母親になるあなたへ、安心して出産、育児を迎えられるヒントを  明橋大二
妊娠・出産・育児の初期は、パパはママのサポートに徹することが大切  吉崎達郎

【妊娠】

(1)これから親になるあなたに、まず知っておいてほしいこと

(2)自分の受けた子育てを振り返る

(3)出産の主人公は、あなたと赤ちゃんです

  • 「この世に生まれよう!」という生命の力
  • 赤ちゃんとお母さんを真ん中に置いた、優しいお産

○コラム1  教えて! ソフロロジー式分娩法

  • 出産をプロデュースする
  • 命を守れ! 医師と助産師の連携
  • 本来持つ力を、もっと発揮したい

(4)病院選びは、パートナー選び

  1. まず、自分に合った産院を探す
  2. 産前産後にわたって、サポートが充実している
  3. 退院したママの、母乳育児率が高い
  • 母乳育児率の高い病院が、主に行っていること
  • さまざまな出産法

○コラム2  現代の産科医療に思う

 

(5)体の声に耳を傾けてください

  • ママが楽になれば、赤ちゃんも楽に
  • つわりはこうして乗り切ろう
  • 体重増加は、肥満ではありません
  • 和食のススメ
  • 今からできる、安産のための体作り
  • 妊娠中の不安あれこれ
  • こんなときは、相談を!

○コラム3  短かったけれど、確かに存在した命

 

(6)プレパパへのメッセージ

  1. 妻をサポートする、6つのポイント
  2. 切り札は、「ぼくは何をすればいい?」
  3. 父親の自覚を持つために、お勧めなこと

 

(7)おなかの中から育む心の絆

  • 「いのち」が教えてくれること
  • いちばんの胎教は?

【出産】

(8)もうすぐ出産、赤ちゃんの迎え方

  • 入退院の準備、焦らなくても大丈夫
  • 立ち会い出産はどうする?

 

(9)陣痛は、こうして乗り切ろう!

  • お産の始まりをシミュレーションしておく

○コラム4  赤ちゃんのつらさを知ることが、子育ての原点

 

【赤ちゃん】

(10)赤ちゃんの持つ、素晴らしい力

  • 小さいけれど、決して無力ではありません
  • 答えは、赤ちゃんが知っている

 

(11)どうしても泣きやまない!

  • 赤ちゃんが泣くたびにミルクを飲ませていませんか?
  • 「抱きぐせがつく」というのは間違いです
  • たまには思いきり泣くことも大切
  • 赤ちゃんが泣きやむツボを紹介します

 

(12)赤ちゃんの気持ちを酌んで、言葉にしてかけてゆく「言葉育て」

  • ママもがまんせず、時には周りに甘えてしまいましょう

 

(13)ママと赤ちゃんを守る、母乳育児(悩みQ&A)

Q.本当に母乳育児はできるのですか?
Q.母乳が足りてないのでは?と悩んでいます。
Q.完全母乳で育てたかったのですが、体力的に限界です。
Q.すでに混合栄養です。ミルクに切り替えたほうが楽だと思うのですが……
Q.乳腺炎はとても痛いと聞きました。予防や手当て法はありますか?
Q.仕事に復帰したいのですが、母乳はやめたくありません。
Q.1歳を過ぎたら、断乳しなさいといわれました。

 

(14)離乳食は、いったんマニュアルから離れましょう

  • スケジュールは、赤ちゃんが教えてくれる
  • 基本的な注意点

(15)イクメンになろう!

  • ママがとっても喜ぶこと
  • 愛されパパは聞き上手

○出産という大仕事 心の疲れに、早めに気づいて