共感しすぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ #16

  1. 人生

進路に悩むあなたへ。欲張りに生きるのはダメなことじゃない:高野優のHSPマンガエッセイ⑯

HSP(ひといちばい敏感な人)の特性の1つに、「美術や音楽に深く心を動かされる」というのがあります。

では、人気子育てマンガ家の高野優さんは、どんな葛藤を経て、マンガの道へと踏み出したのでしょうか。

感性に突き動かされる、すべてのHSPに読んでもらいたい、優さんの心に響くマンガエッセイvol.16です。
(毎週金曜更新中!)

高野優のオフィシャルブログ:「釣りとJAZZと着物があれば」

進むべき道は音楽?それとも美術?

高野優HSPマンガ

 

つらかった日々も無駄ではないと

  1. 高野優さん似顔絵

    育児マンガ家の、高野優です。

     

美術も音楽も、

わたしにとって切り離せない大切なもの。

 

「美術」というと高尚な雰囲気が漂うし、

胸を張って語れるほど詳しくはないけれど、

作品を前にしたときに

圧倒される感覚がとにかく好きで

 

「音楽」も同じ。

物心がついたころには慣れ親しんでいて、

夢中になったミュージシャンと同じ楽器を選び

同じ道に進もうと誓った

 

でも、努力だけではどうにもならなくて。

力なく、ごろりと横たわって天井を見上げたとき、

ふと口をついた諺。

 

井の中の蛙大海を知らず

 

そのとおり、もうあきらめよう。

それから、迷って悩んで、ときに立ち止まって

ようやくたどりついたのは

いつか見たもうひとつの道

 

あの諺に続きがあると知ったのは、

音楽の道をあきらめてからずいぶん経った日のこと。

 

「されど空の青さを知る」

 

つらかった日々が無駄ではなかったと思えて、

ちょっとだけ泣けた。

 

高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ

 

ぜひ読んでいただきたい本

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子

エレイン・N・アーロン(著) 明橋大二(訳)

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

HSPチェックテストを試してみよう!