共感しすぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ #15

  1. 人生

「くだらない」と怒られるとき、空想が心を守ってくれた:高野優のHSPマンガエッセイ⑮

ひといちばい敏感な子(HSC)を育てる親御さんが口をそろえるのは、「何かほかの子と違う?」という疑問。

理解してくれる親なら幸せですが、理解してくれない親に育てられるとき、HSCの「豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい」という特質が、心を守る武器になるかもしれません。

そんな子ども時代を過ごしたからこそ伝えたい、優さんのマンガエッセイvol.15をお届けします。
(毎週金曜連載中♪)

高野優のオフィシャルブログ:「釣りとJAZZと着物があれば」

怒鳴られ傷ついても、心の世界は自由自在

高野優(HSPマンガ)

どうしてみんなと同じようにできないんだろう?

  1. 高野優さん似顔絵

    育児マンガ家の、高野優です。

     

怒られる理由は、決まってふたつ。

 

どうして他のみんなと同じようにできないんだ!?

どうして姉はできるのにおまえはできないんだ!?

 

どうして周りと足並みをそろえられず、

突拍子もないことばかりしてしまうのか。

どうして姉はなんでも完璧にこなすのに、

わたしはこんなにも不器用なのか。

 

たくさんの「どうして」が、頭のなかを行ったり来たり

 

「でもね」

と、一度だけおもいきってきりだしたことがある。

 

たしかに勉強も運動もできないけれど

 わたしには友達がたくさんいるんだよ

 学芸会や音楽会はいつも委員長で

 企画を考えているときがいちばんたのしい

 

精一杯の胸のうちを伝えたつもりだったのに、

返ってきた言葉は吐き捨てるかのような一言。

 

「くだらない。それがなんになる?」

 

想像の世界へ自由自在に行ける切符を持っていたおかげで

どんなことでも乗り越えられた

 

ほんとうにくだらないのは誰?

 

高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ

 

ぜひ読んでいただきたい本

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子

エレイン・N・アーロン(著) 明橋大二(訳)

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

HSPチェックテストを試してみよう!