HSP!自分のトリセツ 共感しすぎて日が暮れて

  • 高野優(著)

定価 ¥1,320 税込

内容紹介

およそ5人に1人は、HSP(ひといちばい敏感な人)だということを知っていますか?
人気育児マンガ家の高野優さんは、周りから見れば好奇心旺盛な行動派。
それがHSPだと気づいてからの驚きと発見を、笑いあり、癒やしあり、そして学びありのマンガエッセイでつづります。

「HSPのことをなんにも知らなかったわたしは
この扉を開けたおかげで、
これから歩む道のりが、ぱーっと広がった気分。
この爽快な気持ちを
手に取ってくださっているあなたにもぜひ。」(本文より)

この本を読み終えたとき、生きづらいと感じていたことの謎が解け、ありのままの自分と向き合っていけるに違いありません。

「敏感さ」の誤解されやすいところをもっと深く知るために、明橋大二氏(精神科医)との「HSP解体新書対談」も収録されています。
HSPを理解し、あなたにしかないトリセツを作るためにも、周りにHSPを理解してもらうためにも、マンガで分かりやすく最適な1冊です。

執筆者プロフィール

目次

はじめに

【1部】自分の敏感さを知って重い荷物を下ろしましょう(HSP)

  • みんな同じじゃなかったの?
  • HSPのトリセツはじめの基礎知識 あなたはどのタイプ?
  • 驚きのHSPチェック HSP+HSS(刺激探求タイプ)=!?
  • HSPを知って、自分のトリセツ発見! そろそろ自分の手当てを
  • いつだってお悩み相談所 共感力の高さがしんどいときは?
  • 天敵は気圧の変化と淀んだ空気 ひといちばい敏感な理由がわかって一安心
  • 肌ざわりを追求 こだわる理由がわかっていくと
  • 「ひとりになりたい」シンドローム わかってもらえなくても
  • 敏感センサー注意報 敏感すぎるのも困りもの
  • 「気にならない人」になってみたい 神経質ではなくて、気づきやすいだけ
  • すぐに驚くのもHSP? 「なんで驚くの?」VS「なんで驚かないの?」
  • 苦手なシーンが多いのはなぜ? HSC(ひといちばい敏感な子)だったから
  • 明橋大二×高野優の解体新書対談~HSP編~ まずはHSPのネガティブなレッテルを外しましょうよ

【2部】怒られ損の子が一人でもなくなりますように(HSC)

  • 「どうして?」というレッテルを取り外して
  • 幼稚園、小学校、中学校、高校、大人編
  • 「くだらない」と怒られるときのお守りは どうしてみんなと同じようにできないんだろう?
  • 学生時代は先生に頼られる小さな大人 先見の明かもしれないけれど
  • いつだって忘れ物番長 まるごと受け止めてくれる先生がいたから
  • 欠点を指摘する人への対処法 HSCへの配慮は、すべての子に必要な配慮
  • 欲張りに生きるのはダメなことじゃない 井の中の蛙の行方
  • HSPの底力を発揮させるには? 今になってわかること
  • 明橋大二×高野優の解体新書対談~HSC編~ ひといちばい敏感だと、わがままだと思われがちなんです

【3部】生きづらさの一言では片づけられないものがある(HSS)

  • 石橋はどうやって渡る?
  • 肉食系のHSPがいたっていいじゃない 生きづらさもややこしさも全部ひっくるめて
  • ひといちばい敏感なのに、刺激を求めるなんて 複雑な自分も受け入れて、とことん楽しまないと
  • ネガティブメールは感染注意報! できることなら仁王立ち
  • 他人の癖が気になりすぎて 「なんて心が狭いんだろう」と思っていたけれど
  • 「気が利く」と「気がつく」の違いは? 本当に気が利く人って?
  • LINEの返信がスタンプだけだとどう思う? 心揺さぶられていた時間を、心抱きしめる時間に
  • 「申し訳ない病」を治す魔法の言葉 もっと図太く、もっと図々しく
  • 明橋大二×高野優の解体新書対談~HSS編~ HSS(刺激探求タイプ)をあわせ持った人って?

HSP・心のサポート

1.ダウンタイム(休憩を取る)
2.バウンダリー(境界線を引く)
かけがえのないひとときを

あとがき