1. 人生

服のチクチクが恐怖…:共感しすぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ(10)

服を買ったら、まずタグを外す。
洋服選びは、デザインやサイズもだけど、素材が決め手!

HSP(ひといちばい敏感な人)で、特に触覚に敏感な人は思い当たるところがあるはずです。

大人なら対処できても、子どもが「この服イヤ!あのシーツはムリ!」と言い出したら大変。HSC(ひといちばい敏感な子)を知らなければ、わがままだと思って、親子ともに疲れ果ててしまいます…。

そんな子ども時代も思い出しながら、育児マンガ家の高野優さんが綴ります。共感を広げながら連載10回を突破しました!

高野優のオフィシャルブログ:「釣りとJAZZと着物があれば」

NGな素材はありませんか?HSP連載(高野優)

 

肌ざわりにこだわる不思議が、1つ1つ解けてゆく

  1. 高野優さん似顔絵

    育児マンガ家の、高野優です。

     

なにがなんでも肌ざわりが命!

 

どんなに好きなデザインでも色でも、

選ぶ基準は肌ざわり。

 

子どものころからタグが苦手。

かといって肌が弱いわけでもないので、

母親をずいぶん困らせたはず。

でも、ただのわがままだと誤解されていたのが、

子どもながらにせつなかった。


どちらかと言えば肌は強いほうで、

トラブルとはほとんど無縁なまま。

だからよけいに、肌ざわりにこだわることが

不思議で仕方なくて。

ほかの誰でもない自分のことなのに。

 

そして今、

それもHSPの特徴のひとつだと知って、

「そっかそっか、だからか」

と、何度も頷いている。

 

ホテルの備品は、苦手な肌ざわりなものがあるので

パジャマとスリッパとタオルを常に持参。

荷物が多いのは大変だけど、

これも心地よく過ごすためと荷造りをする。

「そっかそっか」と頷きながら。

 

高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ

 

ぜひ読んでいただきたい本

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子

エレイン・N・アーロン(著) 明橋大二(訳)

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

HSPチェックテストを試してみよう!