1. 人生

服のチクチクが恐怖…:共感しすぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ(10)

服を買ったら、まずタグを外す。
洋服選びは、デザインやサイズもだけど、素材が決め手!

HSP(ひといちばい敏感な人)で、特に触覚に敏感な人は思い当たるところがあるはずです。

大人なら対処できても、子どもが「この服イヤ!あのシーツはムリ!」と言い出したら大変。HSC(ひといちばい敏感な子)を知らなければ、わがままだと思って、親子ともに疲れ果ててしまいます…。

そんな子ども時代も思い出しながら、育児マンガ家の高野優さんが綴ります。共感を広げながら連載10回を突破しました!

高野優のオフィシャルブログ:「釣りとJAZZと着物があれば」

NGな素材はありませんか?HSP連載(高野優)

 

肌ざわりにこだわる不思議が、1つ1つ解けてゆく

  1. 高野優さん似顔絵

    育児マンガ家の、高野優です。

     

なにがなんでも肌ざわりが命!

 

どんなに好きなデザインでも色でも、

選ぶ基準は肌ざわり。

 

子どものころからタグが苦手。

かといって肌が弱いわけでもないので、

母親をずいぶん困らせたはず。

でも、ただのわがままだと誤解されていたのが、

子どもながらにせつなかった。


どちらかと言えば肌は強いほうで、

トラブルとはほとんど無縁なまま。

だからよけいに、肌ざわりにこだわることが

不思議で仕方なくて。

ほかの誰でもない自分のことなのに。

 

そして今、

それもHSPの特徴のひとつだと知って、

「そっかそっか、だからか」

と、何度も頷いている。

 

ホテルの備品は、苦手な肌ざわりなものがあるので

パジャマとスリッパとタオルを常に持参。

荷物が多いのは大変だけど、

これも心地よく過ごすためと荷造りをする。

「そっかそっか」と頷きながら。

 

高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ

 

ぜひ読んでいただきたい本

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子

エレイン・N・アーロン(著) 明橋大二(訳)

5人に1人が、生まれつき「ひといちばい敏感な子」(Highly Sensitive Child=HSC)だといわれています。 他の子と違うわが子に、「この子はおかしいのでは……」「自分の子育てが間違っているのでは?」と悩む親は少なくありません。 学校ではADHDやアスペルガーと誤解されてしまうこともあります。 本書は、多くの親が抱える子育ての悩みや疑問を、子どもの“敏感さ”という面から明らかにした、日本初のHSC解説本です。 著者は、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士。翻訳は、精神科医で、スクールカウンセラーとしても活躍する明橋大二氏です。 長年の診察と執筆経験を生かし、分かりやすく訳した本書によって、敏感な子どもも含めて、全ての子どもたちが、その特性に配慮され、適切な関わりを受ける世の中になること願っております。

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

よく泣く、眠らない、刺激に敏感、変化が苦手……。 「この子はどうしてこんなに育てにくいんだろう?」「私の育て方のせい?」 その悩みは、わが子が「ひといちばい敏感」という気質を持った子どもだと気づいたときから、少しずつ解消され、敏感な子を育てるうえでの知識を得て、スキルを身につければ、子育てがぐんと楽になっていくでしょう。 3年前に、『The Highly Sensitive Child』(エレイン・アーロン著)の邦訳を手掛けた明橋大二氏は、それまで日本でほとんど知られていなかったHSCを「ひといちばい敏感な子」と訳しました。 5人に1人といわれる「ひといちばい敏感な子」とは、どんな特性をもった子どもなのか、どのような育て方をすれば、伸び伸びと成長できるのか。 初めての「マンガで分かるHSC解説本」を、明橋氏の温かいアドバイスと、シリーズでおなじみ太田知子さんのかわいいイラストで、お届けします。

HSPチェックテストを試してみよう!