マンガでわかる 仏教入門 知ってるようで知らないブッダの言葉

  • 伊藤健太郎(監修) 太田寿(著)

定価 ¥1,296 税込

内容紹介

「仏」「四苦八苦」「冥福」「菩薩」「諸行無常」など、意味が知られていなかったり、誤解されていたりする仏教の言葉を、マンガで楽しく解説します。

日本人の生活や日常会話に深く浸透している仏教の教え。それが、世界から称賛されている「日本人の精神」の源ともいわれています。

ところが、「仏教とはどんな教えか」と聞かれたならば、ほとんどの日本人が、知ってるようで、意外と知らないのが実情ではないでしょうか。

仏教には、実は、私たちの人生そのものに、大切なことが教えられています。

大人も子供も楽しみながら、仏教の要をマンガで学べるかつてない仏教入門書となりました!

監修は『なぜ生きる』『男のための自分探し』の伊藤健太郎先生です。

執筆者プロフィール

目次

第1回【大切な命】
なぜ、人命は地球より重いのか

第2回【仏とは】
死んだ人を、仏といってもいいの?

第3回【諸行無常】
いつまでも変わらず、続くものはない

第4回【因果の道理1】仏教の根幹
幸せな未来を手に入れる法則

第5回【因果の道理2】自因自果
他人を恨んだり、憎んだりしてはいけない

第6回【因果の道理3】業力
自分の未来は、自分の行為が作る

第7回【因果の道理4】三世因果
現在は、過去と未来を解くカギである

第8回【六度万行1】善のすすめ
どんなことが「善」なのか

第9回【六度万行2】布施
長者の万灯より貧者の一灯

第10回【六度万行3】無財の七施
お金や物がなくても、施しができる

第11回【六度万行4】敬田、恩田、悲田
親切や施しは、相手を選んでから

第12回【六度万行5】持戒、忍辱
約束は必ず守り、腹を立てないように

第13回【六度万行6】精進、禅定、智慧
忍耐強く、人よりも努力する

第14回【日の善悪】
大安、仏滅、運勢……。全て迷信

第15回【花まつり】
「唯我独尊」の本当の意味とは

第16回【四苦八苦1】
生老病死は、避けられない

第17回【四苦八苦2】
愛と憎しみに満ちた世の中

第18回【菩薩】
怒らないのが菩薩サマ?

第19回【娑婆】
世の中は、思うままにはならぬもの

第20回【冥福】
「冥福を祈る」って、どういうこと?

第21回【除夜の鐘】
なぜ、大晦日に108回、鐘をつくのか

第22回【悪口、語殺】
言葉で相手を傷つけてはならない

第23回【愚痴】
人の幸福を妬み、不幸を喜ぶ醜い心

第24回【七慢】
人間は「うぬぼれ心」から離れられない

第25回【知恩、感恩、報恩】
恩知らずは、信用されない

第26回【利他の精神】
他人に親切するままが、自分の幸せに