太田 寿

道徳学習マンガを手がけるマンガ家・イラストレーター

昭和45年、島根県(邑南町)生まれ。
名古屋大学理学部分子生物学科卒業。代々木アニメーション学院卒業。
映像を制作する仕事を経て、マンガやイラストの作成に携わる。
趣味・特技は、歴史。特に戦国時代の城跡マニア。山城跡に登りたくて仕方がない。

読者へのメッセージ

子供から大人まで、幅広く親しんでいただけるような絵柄に心がけています。
本音は……アニメキャラのような可愛らしい女の子を描きたい……そんな心は殺しているつもりですが、特に歴史人物については、なるべく実際に近い姿で、でも現代の皆さんにも受け入れられやすいキャラに描けるよう、努力しております。何とぞよろしくお願いします。

関連サイト

Facebook

Twitter

Pixiv

代表作

マンガ 歴史人物に学ぶ 大人になるまでに身につけたい大切な心1

マンガ 歴史人物に学ぶ 大人になるまでに身につけたい大切な心1

木村耕一(原作・監修) 太田寿(著)

歴史人物のエピソードから、約束や優しさ、友情など、子供に身につけさせたい大切な心がマンガで学べるシリーズ、第1巻。 原作は、木村耕一先生のベストセラー『こころの道』や『こころの朝』 『思いやりのこころ』 『まっすぐな生き方』です。数多くの心温まる話、元気を与えてくれる話の中から、子供たちにぜひ伝えたいエピソードを、2児の父でもある太田寿先生が選び、マンガ化しました。 各話ごとに、人物紹介と写真や絵図などの資料を掲載し、子供たちへのメッセージを載せました。「大切な心」と、歴史を一緒に学ぶことができる、これまでにないスタイルの道徳学習マンガです。 対象は小中学生。すべての漢字にふりがながふってあるので、小学校低学年から読めます。 親から子へ、祖父母から孫へのプレゼントとしても最適です。

マンガでわかる ブッダの生き方

マンガでわかる ブッダの生き方

伊藤健太郎(監修) 太田寿(著)

素敵な妃に恵まれ、跡継ぎも生まれ、そして将来は王様……。 お金や物、名誉や地位、財産に恵まれれば、幸せになれるのでしょうか。 「幸せって何だろう?」 「こんな毎日の繰り返しに、どんな意味があるのだろう」 2,600年前に生きる意味を追求したブッダ(釈迦)。 その半生をマンガで描き切った渾身の1冊です。 監修は『なぜ生きる』『男のための自分探し』の伊藤健太郎先生です。 英語版“THE STORY OF BUDDHA”も好評発売中!

マンガでわかる 仏教入門

マンガでわかる 仏教入門

伊藤健太郎(監修) 太田寿(著)

「仏」「四苦八苦」「冥福」「菩薩」「諸行無常」など、意味が知られていなかったり、誤解されていたりする仏教の言葉を、マンガで楽しく解説します。 日本人の生活や日常会話に深く浸透している仏教の教え。それが、世界から称賛されている「日本人の精神」の源ともいわれています。 ところが、「仏教とはどんな教えか」と聞かれたならば、ほとんどの日本人が、知ってるようで、意外と知らないのが実情ではないでしょうか。 仏教には、実は、私たちの人生そのものに、大切なことが教えられています。 大人も子供も楽しみながら、仏教の要をマンガで学べるかつてない仏教入門書となりました! 監修は『なぜ生きる』『男のための自分探し』の伊藤健太郎先生です。