マンガ 歴史人物に学ぶ 大人になるまでに身につけたい大切な心5

  • 木村耕一(原作・監修) 太田寿(著)

定価 ¥1,296 税込

内容紹介

子供に身につけさせたい大切な心が、歴史人物のエピソードで学べる道徳学習マンガシリーズの第5巻です。

ベストセラー『こころの道』『こころの朝』 『思いやりのこころ』 『まっすぐな生き方』を原作として、収録されている心温まる話、元気を与えてくれる話の中から、子供たちに伝えたいエピソードをマンガ化しました。

第5巻では、努力、信頼、思いやりなどをテーマに取り上げ、1話ごとに人物紹介や関連写真、子供たちへのメッセージを掲載しています。大切な心と、歴史も一緒に学ぶことができる、これまでにないタイプの学習マンガです。

執筆者プロフィール

書籍の感想

目次

第1話
南極探検を成功させた白瀬矗
大きな夢を持つと、「よし! 頑張ろう」と、元気がわいてくる

第2話
フライドチキンを世界へ広めたカーネル・サンダース
「あきらめたら、終わり!」 どんなピンチも、アイデアで乗り越える

第3話
豊臣秀吉が、信頼関係を築いた秘訣
「ありがとう」を、たくさん言うと、みんなと仲良くなれる

第4話
米百俵で学校を建設した小林虎三郎
「今日のことだけ、考えていていいの?」 もっと先のことを、考えて行動しましょう

第5話
三献茶で有名な石田三成
自分中心ではなく、相手の立場に立って、気配りできますか

第6話
「いざ鎌倉」が教えていること
つらいことがあっても、やけを起こさず、努力を続ければ、必ずチャンスが来る

第7話
イギリスの思想家カーライルのアドバイス
「悩み事を解決するには、まず、家の中を、整理整頓してみましょう」

第8話
「愚公、山を移す」の教訓
「ここ一つ、やり抜くぞ!」 強く決心して努力すれば、必ず成功する

第9話
災いを避ける方法
「カッと、頭にきたら、すぐに何か言ったり、やったりせずに、三歩、後ろへ下がりましょう」

第10話
わずかな時間もムダにしなかったガーフィールド
「たった三分」の違いで、学校の成績が一番になったり、将来、大統領になったりする