マンガ 歴史人物に学ぶ 大人になるまでに身につけたい大切な心2

  • 木村耕一(原作・監修) 太田寿(著)

定価 ¥1,296 税込

内容紹介

歴史人物のエピソードから、努力や思いやり、信用など、子供に身につけさせたい大切な心がマンガで学べるシリーズ、第2巻。

原作は、木村耕一先生のベストセラー『こころの道』『こころの朝』 『思いやりのこころ』 『まっすぐな生き方』です。数多くの心温まる話、元気を与えてくれる話の中から、子供たちにぜひ伝えたいエピソードを、2児の父でもある太田寿先生が選び、マンガ化しました。

各話ごとに、人物紹介と写真や絵図などの資料を掲載し、子供たちへのメッセージを載せました。「大切な心」と、歴史を一緒に学ぶことができる、これまでにないスタイルの道徳学習マンガです。

対象は小中学生。すべての漢字にふりがながふってあるので、小学校低学年から読めます。

親から子へ、祖父母から孫へのプレゼントとしても最適です。

執筆者プロフィール

目次

第1話
1万回失敗した発明王
エジソンは、あきらめずに、ひたすら実験を続けた

第2話
昨日よりも今日、一歩でも向上する
武田信玄、学問のすすめ

第3話
必ず失敗するのは、どんな時?
木登りの名人がつかんだ極意
『徒然草』に学ぶ

第4話
金もうけのために研究しているのではない
世界中の人を救った偉大な科学者 パスツール

第5話
「おやおや、腹を立てないという約束を、お忘れかな」
黒田長政が、毎月、行っていた秘密の会合

第6話
自分も、相手も得をするように
創業の精神を守って飛躍した高島屋

第7話
カエルに教えられたスランプの克服法
雨の日に、小野道風が、柳の木の下で見たもの

第8話
いつからでも再出発できる
日本全国を測量し、歴史に残る偉業を成し遂げた伊能忠敬

第9話
相手の行為を、ありがたく受け取る
人間関係を大切にした秀吉の松茸狩り