ほんとうは なかよし エルモアとアルバート

  • ローレン・チャイルド(作) 明橋大二(訳)

定価 ¥1,728 税込

内容紹介

人気作家 ローレン・チャイルドの絵本を世界で同時発売

ローレン・チャイルドは、世界中にファンを持つ児童文学作家です。イラストレーターとしても、ユニークな描画は、多くの人に愛されています。

イギリス大手の老舗出版社、ペンギンブックスが、ローレン・チャイルドの『The NEW Small Person』を世界で同時発売し、その日本版『ほんとうは なかよし~エルモアとアルバート~』を、1万年堂出版から発刊いたしました。

翻訳は、シリーズで450万部を突破している『子育てハッピーアドバイス』の著者の、明橋大二先生です。

きょうだいができた時の、上の子のさみしさ、みじめな気持ちを、ポップでユニークなイラストで表現し、きょうだいがいるからこそ支え合え、笑い合える喜びと、幸せを教えてくれます。

思いやりのこころを育む絵本として、親子で読んだり、読み聞かせをしたりするのにピッタリです。

目次

あらすじ

一人っ子のエルモアは、なんでも ひとりじめです。

へやもテレビも、おもちゃも、パパとママさえも……。

ところがある日、エルモアのいえに、なにものかが やってきます。

その「ちっちゃい人」は、なんのゆるしもなく、エルモアのせかいに 入りこみ、エルモアのせいかつを、めちゃくちゃに してしまいます。

さぁ、はたして エルモアは、これから どうなってしまうのでしょう?