Dr.明橋のHSP大全 #17

  1. 人生

【HSP】イライラして許せなくなるのはなぜ?知っておきたい理由と対処法

HSP(ひといちばい敏感な人)の基本的な知識から、最新の議論までをご紹介する、精神科医・明橋大二先生の「HSP大全」第17回です。
これまでの連載はこちら

「親密さへの恐れ(親密になることを恐れる理由)」の最後(8番目)は「ささいなことで嫌ってしまうこと」への恐れです。

HSPは、小さな情報をキャッチし深く処理するので、物音や空気、誰かの癖などに煩わされがちです。

相手(特に非HSP)が、「そんなささいなことで?」思うようなことでも、HSPにとっては、嫌なものは嫌、気になってイライラすることは、十分ありうることなのです。

あなたは、他人のどのような癖に気がついたり、どういう音や臭いに鋭く反応したりして、ストレスを感じていますか?

【癖】

  • ため息 誰のどのようなため息ですか?(  )
  • 口癖 具体的にどのような言葉ですか?(  )
  • 収集癖
  • その他の癖(  )
  • 気になる理由(  )

【音】

  • 食事の咀嚼音
  • 食器のカチャカチャ鳴る音
  • 子どもの泣き声
  • 工事などの騒音
  • 仕事中の誰かの私語
  • 足音
  • 鞄やファイルをドサッと投げる音
  • キーボードをたたく音
  • 電話の声
  • 隣家の生活音
  • その他の音(  )
  • 中でも最近特に気になった音(  )
  • 気になる理由(  )

【臭い】

  • 香水
  • 体臭
  • 口臭
  • 生活臭
  • ペット臭
  • 足臭
  • その他(  )
  • 中でも最近特に気になった臭い(  )
  • 気になる理由(  )

HSPは、ささいなことにイライラしながらも、こんなことでイライラするのは自分だけと思い、そのイライラで相手を傷つけることを恐れます。

また、相手はおおらかな心で受け入れてくれるのに、自分はなんて器が小さいんだろうと自分を責めます。

いっそのこと誰も愛さない、もしくは別々の場所で生きていれば楽なのにと思います。

以前アンケートで、

「好きだけど 、距離を詰めるのがこわい」
「気が利きすぎて、人に嫌われることを知った」
「子どもがネガティブな言葉を使うと、それをおおらかに受け止められず気持ちが沈んでしまう」

などの回答をたくさん頂きました(ありがとうございます)。

HSPはそういう自分の反応を、しばしば相手を「本当に愛せない」ことと取り違えてしまいます。

そうして相手と一緒にいると、刺激がオーバーしたり葛藤が起きたりするので、「自分はこの人を愛せない」と落ち込んでしまうのです。

さらに自分が困っていることを伝えられず、重大な隠し事をしている気分になってしまいます。

こうなるとHSPの選択肢は、「自分が悪いから我慢し続ける」か、「相手が悪いので拒絶する」か、どちらか極端になりがちです。

しかし、それでは親密な関係ではないとアーロン氏は言います。

「どうして分かってくれないの?」とイライラする前に

HSPにとって、小さなことが気になってしまうのは当然のことです。

だから、そのことを相手に伝えるのです。どのくらいの音がどのくらい嫌なのか、感覚の違う相手には、一つひとつ繰り返し説明をしないと伝わらないです。

「こんなこと何度も言わせないで!」と思う瞬間があるかもしれません。

しかし、相手にはあなたの冷静な説明が必要です。

1を聞いて10を知るような深い理解を期待してもダメなのです。それは感覚が違うから仕方がないことなのです。そして多分、1回聞いても忘れます(笑)。

それでも、相手があなたのことを本当に大切に思ってくれているならば、丁寧に話せば、何度だって耳を傾けてくれるはずです。

(そうでない相手ならば離れましょう。あなたにはあなたの敏感さを大切にしてくれる、もっと別のいい人がいるはずです)

【HSP】イライラして許せなくなるのはなぜ?知っておきたい理由と対処法の画像1

不快感の原因は、相手ではないのかもしれません

ただし、ひとつだけ考えてみてほしいことがあります。どうしてその音、臭い、癖が、それほど気になるのか?です。

HSPは、視聴覚が優れているというのではなく、受け取りが深いのです。

不快な原因は、感覚そのものではなく、深い心(脳)の処理の過程で増幅した感情に原因はないでしょうか?

雨音は落ち着くのに、水道の閉め忘れの音が不快なのは、「水道代が上がるのに何考えてるの!」「水がもったいない」「(自分は節水しているのに相手は)なんてだらしない」と思うからです。

「いつまで寝てるの!起きたら?」と非難されている気がする朝の掃除機の音は耳障りですよね。

好きな匂い、嫌いな臭いも人それぞれで、幼少期の経験が関係していることがあります。

不快感には、原因があるのです。感覚をきっかけに感情をたどってみてください。

ひょっとしたら、自分の求めや訴えが「無視された」「軽んじられている」という犠牲者の感情や、「あんなに楽しそう」「うらやましい」という劣等感、「疲れていて悪いな」という後ろめたさがあるのかもしれません。

あなた自身が自分の敏感さを受け容れていないときは、いくらパートナーが頑張ってくれても、あなたのつらさは消えません。

ささいなことがどうしても気になってしまう背景に、深い自己否定の感情が隠れていることがあるのです。

【HSP】イライラして許せなくなるのはなぜ?知っておきたい理由と対処法の画像2

世界から不快な原因がなくなることはありません。

小さなイライラがやってくるとき、HSPとしての自分に目を向けて敏感さを大切にすれば、自分と相手をもっと深く愛せるようになるはずです。

そうすれば、風や音、色々な現象や出来事にあふれた毎日の喧騒を、逆に楽しむことができるようになるかもしれません。

【ぜひ読んでいただきたい書籍】

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

教えて、明橋先生! 何かほかの子と違う? HSCの育て方 Q&A

教えて、明橋先生! 何かほかの子と違う? HSCの育て方 Q&A

明橋大二(著)