親鸞聖人の花びら 桜の巻 教え、仏事、なぜなぜ問答

  • 高森顕徹(著)

定価 ¥1,728 税込

内容紹介

仏教の、こんなことが知りたい 116のQ&A

「運命は何によって決まるの?」
「なぜ、お経を読むの?」
「極楽って、どんな所?」
……素朴な疑問から、
「なぜ親鸞聖人は、わが子を勘当されたの?」
「親鸞聖人は、どんな夢を見られたの?」
……親鸞の生きざま、人柄。さらに
「念仏に三通りあるって、どんなこと?」
などの深い教えの解説まで、著者の講演活動の中で、実際に受けた116の問いと答えを、『桜の巻』『藤の巻』の2冊に掲載。
これだけ読めば、仏教と親鸞聖人の全てが分かります。

《主な問い》

・こんなに苦しいのに、なぜ、生きるの? 何のために働いているの? 親鸞聖人は、どう教えられているのでしょうか。
・運命は何によって決まるの? 親鸞聖人は、どう教えられたのでしょうか。
・「人間に生まれたことを喜べ」と、なぜ、親鸞聖人は言われたのでしょうか?
・釈尊が仏教を説かれた目的は?
・仏教とは、一言でいうと、どんな教えなの?
・人間は、欲しい物を手に入れ、やりたいことを思う存分やって死ねれば本望ではないでしょうか。
・科学の進歩は、イコール人類の幸福といえるのか? 仏教から見た科学は、どういうものでしょうか。
・「因果の道理」とは、どんな教え?
・仏教は「三世因果の教え」といわれますが、どんなこと? 親鸞聖人が強調された現在の救いと、どんな関係があるの?
・「人はみな平等だ」とは思えません。明らかに差別があります。これも運命とアキラメるしかないのでしょうか?
・私は、死後はないと思います。親鸞聖人は、どう教えられているのでしょうか。
・どんな人でも、ただ念仏さえ称えていれば、死んだら極楽へ往けるの? 親鸞聖人は、本当にそんなことを教えられたのでしょうか。
・「極楽」とは、どんな所?
・臨終に苦しんで死んだ母は、極楽へ往生しているのでしょうか?
・お寺さんにお経を読んでもらうと、死んだ人のためになると、親鸞聖人は教えられたのでしょうか?
・不幸や災難がおきると、「先祖のたたりだ」とか、「先祖の供養をしないからだ」とか言う人がありますが、本当でしょうか。
・親鸞聖人の見られた夢とは?
・「親鸞は弟子一人ももたず候」とおっしゃっていますが、本当に、お弟子はなかったのでしょうか。
・親鸞聖人はなぜ、自らを、「非僧非俗」と言われたのでしょうか。
・阿弥陀仏をタノムとは、どんなことでしょうか。
・仏教を聞いて、よく納得できたのが信心だと思っていますが、間違っているでしょうか。
・信心獲得するとハッキリすると言う人と、凡夫にそんなことはないと言う人とがあります。どちらが本当なのでしょうか?
・信心獲得したら、煩悩や悪業は、どうなるの?
・救われたら、本当に大慶喜があるの?
・親鸞聖人が、わが子を勘当された理由は?
・仏教で説かれている「五つの不思議」とは?
・浄土真宗には「二度の臨終、二度の葬式」があると聞きましたが、どんなことでしょうか。
・浄土真宗は「不来迎」の教えだと聞きましたが、どんなことでしょうか。
・「定散の自心」とはどんなことでしょうか。
・仏教の「無我」や「空」の真意は?
・浄土真宗には、他人に言ってはならない秘密があるの?
・念仏に三通りあるとは、どんなことでしょうか?
・私のような者でも、助かる道があるでしょうか。

朗読CD『親鸞聖人の花びら』もあります(朗読: 鈴木弘子)

執筆者プロフィール

書籍の感想

  1. 引き込まれるように、読み終えた-親鸞聖人の花びら 桜の巻

      老若男女を越えて、誰にでも極めて平易な文章で書かれていて、難しい仏語も分かりやすいです。問いは、誰しもが抱く共通のものばかりです。丁寧な解説で、自然とページをめくりました。 内容が身近で、楽しく書かれていて、正午に手に取り、午後8時までに2巻とも読み通しました。ありがとうございました。 (大阪府 86歳・男性)   とても分かりやすく、何度も読み返したいと思っています。お言葉も書も写真も珠玉の玉手箱。ありがとうございました。 (富山県 66歳・女性)   これまで、親鸞聖人についての多くの書物のうち、何冊かを読ませてもらいました。この度の高森先生の本は、私の知りたいことが実によく丁寧に、あたかも目前でお話を聞いているように伝わってまいりました。内容が大変身近なことだけに、とても幸せな気持ちでいっぱいです。 (福岡県 79歳・男性)   実家が真宗大谷派でありながら、真宗のことを全く知らなかったことに、改めて驚かされました。 (千葉県 48歳・男性)   震災で心が沈んでいた時に、新聞で知り、読んでみたくなりました。 (福島県 61歳・女性)   読書の苦手な私ですが、すてきな紙面、内容に引き込まれるように、読み終えました。次は『藤の巻』を読みます。子供にもプレゼントしたいと、もう1セット購入しました。 (兵庫県 68歳・女性)

    2011.11.08

  2. 仏教の入門書として最適の本-親鸞聖人の花びら 桜の巻

      素人の私達にもよく理解でき、今後の人生に、「花」が咲いたようです。 (茨城県 73歳・男性)   仏教、親鸞聖人の教えが分かりやすく書かれていて、読みやすい。 (大阪府 63歳・男性)   仏典の言葉や親鸞聖人のお言葉がたくさん引用されていて、しかも全て現代語訳されているので、とても読みやすかったです。 ピンク色で、さわやかで明るいイメージで、読んでいて楽しかった。 (大阪府 34歳・男性)   お寺では、750回忌を、ことある度に開いております。しかし、寺では、教えの言葉、内容が難しくて分かりません。 新聞の見出しを見て、本書は分かりやすく説明しているようでしたので、ぜひ読んでみたいと思い、購入し、読み始めました。 (大分県 67歳・女性)   父母を見送り、お寺様への縁も多くなった日々ですが、仏教の教えに今ひとつ……疑問を抱えておりました。 本書は、親鸞聖人のお言葉を、本当に分かりやすく、また身近な疑問にもひとつひとつ丁寧に答えていただいており、とても読みやすく、納得できるものでした。 (熊本県 57歳・女性)   仏教に関する多くの疑問点に答える形式で、誰にでも分かりやすく解説されていますので、仏教の入門書として最適の本だと思います。 (福井県 78歳・男性)   問答形式のため、知りたいことがすぐに分かってよかったです。 (長野県 73歳・男性)

    2011.11.08