Dr.明橋のホッとする子育て相談室Q&A #5

  1. 子育て
  2. 育児

甘え下手で、母親の私に甘えてきません。こんな子にはどう関わるのがいい?

質問

4歳の男の子のことで相談があります。
甘え下手な子で、母親の私にうまく甘えられないためか、下の子に八つ当たりしているようです。
こういう子の場合、どう関わるのがいいのでしょうか。

答え

甘え上手な子もあれば、甘え下手な子もあります。
抱っこしようとすると拒否するように大声で泣く、一人遊びで満足しているようで母親を求めてこない、というような子です。

甘え上手で、何でも「お母さんじゃなきゃダメ!」という子の場合は、手がかかる反面、かわいげもあり、母子関係はうまくいきやすいのですが、このような甘え下手な子の場合は、お母さんのほうも寂しくなって、そっちがその態度なら、こっちだって、と、親子の間がぎくしゃくしてしまうことがあります。

しかし、甘え下手な子はあっても、お母さんのことが本当に嫌いな子は、私は見たことがありません。
むしろ、お母さんのことが大好きだからこそ、うまく気持ちを出せない、あるいは、お母さんに負担をかけたくなくて、それで素直に甘えることができない、そういう子がほとんどです。
本当は、人一倍、お母さんのことを思い、お母さんのことを心配している子だと思います

こういう子は、人一倍、敏感な子が多いので、いきなり抱っこ、といっても少し刺激が強すぎるのかもしれません。
何かの理由をつけて、手を触ったり、マッサージしたり、そういうことで、少しずつスキンシップをとり、深めていくと、少しずつ、拒否しなくなってきます

拒否されても、本心は求めているのだと思って、続けていくのです。
「わーん」と拒否するように泣くのも、本当は嫌なのではなく、甘えてしまう自分にイライラして泣いているのです。

そうして続けていくと、スキンシップを受け入れ、逆に、求めてくるようになります。
そこまでくると、もう大丈夫です。

決して、お母さんの愛情不足で、甘えが出せないのではなく、そういう子どものタイプなのだ、でもそれは決して悪い性格ではなく、人一倍優しい子なんだ、と思っていただければいいと思います。

Dr.明橋の子育て相談室Q&A

3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス

3~6歳の これで安心 子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方2

子育てハッピーアドバイス 大好き!が伝わる ほめ方・叱り方2

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)