1. 人生
  2. 暮らし

読書感想文がグッとよくなる!読み方・書き方のポイント3つ

前回の記事では「本の選び方」についてご紹介しました。

前回の記事はこちら

今回は読書感想文を書くのがグッと簡単になる「本の読み方」、そして「書き方」についてです。

“心地がいい読書環境”をつくる

「わたし、読書が苦手で、本を読み始めても必ず途中で挫折しちゃう…」

そういう人は、ぜひ「本を読みやすい環境」を整えましょう

では、どのような環境が読書に適切なのでしょうか?

これは、人それぞれです。
アナタにとって心地いい読書環境を、自分で見つけましょう。

朝の涼しい時間に読むのが好きな人。
夜、寝る前に、布団の中で読むのが好きな人。
シーンと静かな所で、長編作品を一気に初めから終わりまで読むのが好きな人。
電車に揺られながら、ちびちび読んで、「あー、続きが気になるなぁ」と、続きの展開を想像しながら、少しずつ読むのが好きな人。
また、案外、「ガヤガヤしている所で読むほうが好き」という人もあるでしょう。

読書スタイルは、人それぞれ。

形だけを人真似するのではなく、アナタが一番心地よく本を読めるスタイルで、読書を楽しんでください

“便利アイテム”を使いながら読む

「わたしは、本を読むのは好き。でも、感想文を書くのは苦手」という人もあるでしょう。

そんな人でも、スムーズに感想文を書けるようになるには、どうすれば良いのか?

3つの便利アイテムを紹介します。

「本を読み始める前」に、ぜひ、このようなアイテムを手元に用意しましょう。

便利アイテム① 付箋紙(色を何色か用意すると、さらに便利)

便利アイテム② メモ紙(ノートでもルーズリーフでも、何でもOK)

まずメモ紙に、次のように書きましょう。

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • なぜ
  • どのように

いわゆる「5W、1H」と呼ばれる6項目ですね。

さらにその隣に、次のように書きましょう。

  • 共感したところ
  • 賛成できなかったところ

こちらは、「感想」の部分ですね。

さあこれで、「本を読み始める前」の準備は、以上です。
いよいよ、本を読んでいきましょう!

読みながら、「5W、1H」に当てはまるところを発見したら、そのページに付箋紙をどんどん貼っていきましょう
そして、メモ紙に「5W、1H」の内容をどんどん書き込んでいきましょう

また、
「おおっ、この部分、好きやなぁ!」と共感したところや、「うーん、ここは、なんか違和感があるなぁ」と感じたところがあれば、そのページにも付箋紙を貼り、その内容もメモ紙に書き込んでいきます

付箋紙の色が何色かあれば、たとえば

  • 「5W、1H」の部分→黄色の付箋紙
  • 共感したところ→青色の付箋紙
  • 賛成できなかったところ→赤色の付箋紙

というふうに色分けしておくと、後で見返しやすいですね。

もちろん、上記のこと以外でも、たとえば

  • 登場人物の名前や特徴
  • 出てきた地名
  • 大事そうなキーワード

なども、メモ紙にどんどん書き留めておくと良いです。

特に、長編小説や、複雑なトリックの推理小説などを読む時にありがちなのが「登場人物が多すぎて、読んでるうちに、誰が誰やらわからなくなった」というケース。

最後まで読み終われずに挫折してしまう、お決まりのパターンですね。

そうならないようにするためにも、「メモをとりながら読んでいく」というのは、とても賢い読書のやり方です

便利アイテム③ 地図や年表

架空の世界を描いたファンタジー作品でなく、現実の世界に関する本を読む場合。
地名がたくさん出てくるような本を読む時は、ぜひとも地図帳や地球儀を眺めながら読書をしましょう

あるいは、歴史に関する本を読む時は、社会の教科書の年表のページを開きながら読書すると良いですね。
「土地勘」や「時代の流れ」を頭に入れながら読書をすると、本の内容の理解度が断然、違います。

反対意見も違和感も“遠慮なく”書く

さて、ここまでのところ、いかがだったでしょうか?

本を読み終えて、その本に付箋紙がピラピラとたくさん付いていて、メモ紙も書き込みでいっぱいになっているなら、もう、アナタの読書感想文は半分以上、完成したようなものです

メモ紙に書き込んだ内容を文章化して、原稿用紙にどんどん書いていけば、それで立派な読書感想文が出来上がります。

「最初の書き出しをどう書けば良いか、わからないんですけど…」
という人は、まず、
「なぜ、その本を読もうと思ったか」という、いきさつや理由から書き始めると良いですね

たとえば、

兄から、南極探検の本と、太宰治の小説『◯◯』をすすめられました。どちらの感想文を書こうか迷いましたが、私は冒険の話が好きなので、南極探検の本『△△』のほうを選びました。それに、本の表紙の絵がかっこよかったのも、この本を読みたくなった理由の一つです。

この本の物語は、1902年の××××の出来事の場面から始まります。主人公は東京の下町出身の▲▲という人で…

というふうに書き始めて、メモ紙に書き込んだ「5W、1H」の内容を、どんどん書いていきましょう。

そして、その本の中の、

  • どんなところに共感したのか
  • どうして共感したのか

を書いていきましょう。

また、「賛成できなかったところ」「違和感をおぼえたところ」も、遠慮なく書いていって大丈夫です

「うーん、正直、この本あんまり面白くなかったなぁ。
でも、読書感想文って、『感動しました』とか書かなきゃいけないんだろうなぁ。
だけど、感動したところ無かったし…。
ハァ、どう書けば良いか、わかんない」

こんなふうに思って、なかなか書き進められない人も多いと思いますが、面白くなかった本を無理に褒める必要は、全く無いのです。

「私は、この物語の主人公の行動に、賛成できません。私がこの主人公の立場だったら、こういうふうにしたいです。」
というように批判的なコメントを書くのも、立派な感想文です

ぜひ、アナタの意見を、堂々と書きましょう。

読書感想文を書いて、一生役立つ力をつけよう

以上、いかがでしたか?

読書感想文を書くことは、

  • 情報を整理する
  • 自分の意見をまとめる
  • 「整理した情報」と「自分の意見」を、文章化して表現する

という力を身につけるための、とても良いトレーニングです。

この力は、大人になっても非常に活かされる、一生役立つ力です

ぜひステキな本と出会って、その本を人にも紹介してあげてくださいね!

補足ヒント集

今年の作品の保管が、来年以降に役に立つ

今回書きあげた読書感想文やメモ紙は、ぜひ来年以降のために、コピーするなり写真を撮っておくなりして、保存しておきましょう

必ず、未来のアナタを助けてくれる重要参考資料となります。

中には「中学三年間、毎年、同じ本について感想文を書いた」という人もいるほどです

同じ本でも、一年前に読んだ時の感想と、今の感想とでは必ず違います。それはそのまま、アナタの精神的成長の足跡でもあるのです。

ぶ厚い本を読むのが苦手な人へ

「ぶ厚い本を読むのは、どうしても苦手…」という人は、ぜひ「短編集」を選びましょう

中学生や高校生ぐらいでしたら、有名どころでは芥川龍之介の作品や、夏目漱石の『夢十夜』などの短編集がオススメです。
また、星新一さんなどに代表される「ショートショート」と呼ばれる超短編もオススメです。

こんな本もオススメ!

こころ彩る徒然草

こころ彩る徒然草

木村耕一(著) 黒澤葵(イラスト)

分かりやすい意訳と美しい写真、イラストで楽しむ徒然草 誰もが知っている「つれづれなるままに、日ぐらし……」に始まり、現代に通じるメッセージを66選び、分かりやすい意訳で紹介します。 兼好法師とゆっくりお茶を飲みながら、語りを聞いているような雰囲気で、すらすら読み進めることができます。 各話の原文は、著者が抜粋した印象的なフレーズのみを掲載。子どもの頃のように、音読して覚えるのもいいでしょう。 「徒然草って、こんなに面白かったんだ!」 「あれもこれも、自分の生き方のヒントになる」 と、全く新たな発見が得られるに違いありません。  

新装版 光に向かって100の花束

新装版 光に向かって100の花束

高森顕徹(著)

創立10周年記念 オールカラーの新装版 高森顕徹先生の『光に向かって100の花束』は、平成12年11月に発刊され、たちまち大反響を巻き起こしました。 今日まで多くの人に愛読され、66万部突破のロングセラーとなっています。 本書は、創立10周年を記念して発刊した、オールカラーの新装版です。 古今東西の、失敗談、成功談、心温まるエピソードから、元気がわくヒントが100話。 1話3分で読める気軽さで、おもしろいだけでなく、ためになるエピソード満載です。 100話の中には、人間関係、仕事の悩み、子供の教育、夫婦仲など、人生を明るくするヒントがあふれています。

人生の先達に学ぶ まっすぐな生き方

人生の先達に学ぶ まっすぐな生き方

木村耕一(著)

8万部のベストセラー『まっすぐな生き方』を加筆修正し、新装版として発刊しました。 歴史は宝の山です。成功へのヒント、失敗を防ぐ方法など、人生の先達が残してくれた貴重なアドバイスや、生きる勇気、励ましを与えてくれる言葉がザクザク出てきます。 この地球上で、最も素晴らしい宝物が、たくさん埋まっているのは、この日本だと著者は言います。 本書では、武田信玄などの戦国武将、坂本竜馬、武者小路実篤ほか、エジソンなどの有名人が残した名言やエピソードから、日本人が昔から大切にしてきた心を紹介。昭和39年東京オリンピックにまつわるエピソードも登場します。 人生に役立つ言葉、背中を押してくれる言葉に、きっと出会えるはずです。

新装版 親のこころ

新装版 親のこころ

木村耕一(編著)

泣きたい時は、思いっきり泣こう…… 親と子の絆を見つめて 歴史上のエピソードと、2000通の応募作品から選んだ体験談の二部構成で、古今変わらぬ親子の絆をつづります。 平成15年に発刊され、大反響を呼んだベストセラー『親のこころ』が、持ち運びやすい、スリムなソフトカバーになりました。 今、心の癒やしや支えが求められています。人は皆、一人では生きられません。震災後、人と人との絆を大切にしようと、強く言われるようになりました。中でも、最も身近でかけがえのないのが、親と子の絆です。 収録されている親子のエピソードと体験談は、いずれも胸が熱くなり、涙なしでは読めないものばかりです。その感動は、心を潤し、前向きに生きていくエネルギーを与えてくれるでしょう。 親子で読むのにもお薦めです。

なぜ生きる

なぜ生きる

高森顕徹(監修) 明橋大二 / 伊藤健太郎(著)

こんな毎日のくり返しに、どんな意味があるのだろう? 忙しい毎日の中で、ふと、「何のために頑張っているのだろう」と思うことはありませんか。 幸福とは? 人生とは? 誰もが1度は抱く疑問に、精神科医と哲学者の異色のコンビが答えます。 第一部では、臓器移植、延命治療、自殺、キレる子供たちなどの直面する問題や、文学者や思想家の人生論を掘り下げるだけでなく、宇多田ヒカル、B'zらの言葉を引用しながら生きる理由を探ります。 第二部では、親鸞研究に取り組んできた著者が、親鸞の“なぜ生きるか”の解答に焦点を絞り、『教行信証』『歎異抄』を読み込むことを通して、古今東西、変わらぬ「人生の目的」を明らかにします。 ※本書の読者から最も多く寄せられた問いに答えた『なぜ生きる2』も、ぜひごらんください。 心を揺り動かす『なぜ生きる』の言葉 ・生きる力は、どこから湧いてくるのか 生きる目的がハッキリすれば、勉強も仕事も健康管理もこのためだ、とすべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になるでしょう。病気がつらくても、人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、「大目的を果たすため、乗り越えなければ!」と“生きる力”が湧いてくるのです。(一部1章より) ・家康とゲーテの嘆き 天下を取り、征夷大将軍にのぼりつめた家康でも、「重荷を負うて、遠き道を行くがごとし」とみずからの一生を述懐する。死ぬまで、苦悩という重荷はおろせなかったというのである。無類の楽天家ゲーテでさえ、「結局、私の生活は苦痛と重荷にすぎなかったし、75年の全生涯において、真に幸福であったのは4週間とはなかった」と嘆く。(二部2章より) ・夏目漱石、芥川龍之介の苦悩 自由奔放に生きたといわれる女流作家の林芙美子も、「花のいのちはみじかくて、苦しきことのみ多かりき」と言いのこし、夏目漱石は、「人間は生きて苦しむ為めの動物かも知れない」と妻への手紙に書いている。「人生は地獄よりも地獄的である」と言ったのは芥川龍之介である(『侏儒の言葉』)。 これらの愁嘆を聞くまでもなく、「人生は苦なり」の、2600年前の釈迦の金言に、みなうなずいているのではなかろうか。(二部2章より) ・生きる目的は、金でもなければ財でもない なぜ生きる。 人生の目的は何か。 親鸞聖人の答えは、簡潔で明快だ。 「生きる目的は、金でもなければ財でもない。名誉でもなければ地位でもない。人生苦悩の根元を断ち切られ、“よくぞ人間に生まれたものぞ”と生命の歓喜を得て、未来永遠の幸福に生きること」である。(あとがき より) ※朗読CD『なぜ生きる』もあります(朗読: 鈴木弘子) シリーズ100万部突破を記念して、ついに映画化! 映画のオリジナルサウンドトラックを発売いたしました。ご希望の方は弊社(03-3518-2126)までお申し込みください。  

読書感想文の他の記事はこちら

他のお悩み解決記事もチェック!