1. 人生
  2. 暮らし

読書感想文がグッとよくなる!読み方・書き方のポイント3つ

前回の記事では「本の選び方」についてご紹介しました。

前回の記事はこちら

今回は読書感想文を書くのがグッと簡単になる「本の読み方」、そして「書き方」についてです。

“心地がいい読書環境”をつくる

「わたし、読書が苦手で、本を読み始めても必ず途中で挫折しちゃう…」

そういう人は、ぜひ「本を読みやすい環境」を整えましょう

では、どのような環境が読書に適切なのでしょうか?

これは、人それぞれです。
アナタにとって心地いい読書環境を、自分で見つけましょう。

朝の涼しい時間に読むのが好きな人。
夜、寝る前に、布団の中で読むのが好きな人。
シーンと静かな所で、長編作品を一気に初めから終わりまで読むのが好きな人。
電車に揺られながら、ちびちび読んで、「あー、続きが気になるなぁ」と、続きの展開を想像しながら、少しずつ読むのが好きな人。
また、案外、「ガヤガヤしている所で読むほうが好き」という人もあるでしょう。

読書スタイルは、人それぞれ。

形だけを人真似するのではなく、アナタが一番心地よく本を読めるスタイルで、読書を楽しんでください

“便利アイテム”を使いながら読む

「わたしは、本を読むのは好き。でも、感想文を書くのは苦手」という人もあるでしょう。

そんな人でも、スムーズに感想文を書けるようになるには、どうすれば良いのか?

3つの便利アイテムを紹介します。

「本を読み始める前」に、ぜひ、このようなアイテムを手元に用意しましょう。

便利アイテム① 付箋紙(色を何色か用意すると、さらに便利)

便利アイテム② メモ紙(ノートでもルーズリーフでも、何でもOK)

まずメモ紙に、次のように書きましょう。

  • いつ
  • どこで
  • 誰が
  • 何を
  • なぜ
  • どのように

いわゆる「5W、1H」と呼ばれる6項目ですね。

さらにその隣に、次のように書きましょう。

  • 共感したところ
  • 賛成できなかったところ

こちらは、「感想」の部分ですね。

さあこれで、「本を読み始める前」の準備は、以上です。
いよいよ、本を読んでいきましょう!

読みながら、「5W、1H」に当てはまるところを発見したら、そのページに付箋紙をどんどん貼っていきましょう
そして、メモ紙に「5W、1H」の内容をどんどん書き込んでいきましょう

また、
「おおっ、この部分、好きやなぁ!」と共感したところや、「うーん、ここは、なんか違和感があるなぁ」と感じたところがあれば、そのページにも付箋紙を貼り、その内容もメモ紙に書き込んでいきます

付箋紙の色が何色かあれば、たとえば

  • 「5W、1H」の部分→黄色の付箋紙
  • 共感したところ→青色の付箋紙
  • 賛成できなかったところ→赤色の付箋紙

というふうに色分けしておくと、後で見返しやすいですね。

もちろん、上記のこと以外でも、たとえば

  • 登場人物の名前や特徴
  • 出てきた地名
  • 大事そうなキーワード

なども、メモ紙にどんどん書き留めておくと良いです。

特に、長編小説や、複雑なトリックの推理小説などを読む時にありがちなのが「登場人物が多すぎて、読んでるうちに、誰が誰やらわからなくなった」というケース。

最後まで読み終われずに挫折してしまう、お決まりのパターンですね。

そうならないようにするためにも、「メモをとりながら読んでいく」というのは、とても賢い読書のやり方です

便利アイテム③ 地図や年表

架空の世界を描いたファンタジー作品でなく、現実の世界に関する本を読む場合。
地名がたくさん出てくるような本を読む時は、ぜひとも地図帳や地球儀を眺めながら読書をしましょう

あるいは、歴史に関する本を読む時は、社会の教科書の年表のページを開きながら読書すると良いですね。
「土地勘」や「時代の流れ」を頭に入れながら読書をすると、本の内容の理解度が断然、違います。

反対意見も違和感も“遠慮なく”書く

さて、ここまでのところ、いかがだったでしょうか?

本を読み終えて、その本に付箋紙がピラピラとたくさん付いていて、メモ紙も書き込みでいっぱいになっているなら、もう、アナタの読書感想文は半分以上、完成したようなものです

メモ紙に書き込んだ内容を文章化して、原稿用紙にどんどん書いていけば、それで立派な読書感想文が出来上がります。

「最初の書き出しをどう書けば良いか、わからないんですけど…」
という人は、まず、
「なぜ、その本を読もうと思ったか」という、いきさつや理由から書き始めると良いですね

たとえば、

兄から、南極探検の本と、太宰治の小説『◯◯』をすすめられました。どちらの感想文を書こうか迷いましたが、私は冒険の話が好きなので、南極探検の本『△△』のほうを選びました。それに、本の表紙の絵がかっこよかったのも、この本を読みたくなった理由の一つです。

この本の物語は、1902年の××××の出来事の場面から始まります。主人公は東京の下町出身の▲▲という人で…

というふうに書き始めて、メモ紙に書き込んだ「5W、1H」の内容を、どんどん書いていきましょう。

そして、その本の中の、

  • どんなところに共感したのか
  • どうして共感したのか

を書いていきましょう。

また、「賛成できなかったところ」「違和感をおぼえたところ」も、遠慮なく書いていって大丈夫です

「うーん、正直、この本あんまり面白くなかったなぁ。
でも、読書感想文って、『感動しました』とか書かなきゃいけないんだろうなぁ。
だけど、感動したところ無かったし…。
ハァ、どう書けば良いか、わかんない」

こんなふうに思って、なかなか書き進められない人も多いと思いますが、面白くなかった本を無理に褒める必要は、全く無いのです。

「私は、この物語の主人公の行動に、賛成できません。私がこの主人公の立場だったら、こういうふうにしたいです。」
というように批判的なコメントを書くのも、立派な感想文です

ぜひ、アナタの意見を、堂々と書きましょう。

読書感想文を書いて、一生役立つ力をつけよう

以上、いかがでしたか?

読書感想文を書くことは、

  • 情報を整理する
  • 自分の意見をまとめる
  • 「整理した情報」と「自分の意見」を、文章化して表現する

という力を身につけるための、とても良いトレーニングです。

この力は、大人になっても非常に活かされる、一生役立つ力です

ぜひステキな本と出会って、その本を人にも紹介してあげてくださいね!

補足ヒント集

今年の作品の保管が、来年以降に役に立つ

今回書きあげた読書感想文やメモ紙は、ぜひ来年以降のために、コピーするなり写真を撮っておくなりして、保存しておきましょう

必ず、未来のアナタを助けてくれる重要参考資料となります。

中には「中学三年間、毎年、同じ本について感想文を書いた」という人もいるほどです

同じ本でも、一年前に読んだ時の感想と、今の感想とでは必ず違います。それはそのまま、アナタの精神的成長の足跡でもあるのです。

ぶ厚い本を読むのが苦手な人へ

「ぶ厚い本を読むのは、どうしても苦手…」という人は、ぜひ「短編集」を選びましょう

中学生や高校生ぐらいでしたら、有名どころでは芥川龍之介の作品や、夏目漱石の『夢十夜』などの短編集がオススメです。
また、星新一さんなどに代表される「ショートショート」と呼ばれる超短編もオススメです。

こんな本もオススメ!

読書感想文の他の記事はこちら

『なぜ生きる』読書感想文コンクール開催中

1万年堂出版では、読書感想文コンクールを開催しています。今年の書籍はベストセラー『なぜ生きる』
今回はなんと100字から挑戦できる読書感想文コンクールを実施しています。
スマホから参加できるので、ぜひやってみよう!

近くの書店や図書館に問い合わせしてみてね。もちろんネットからも購入できます。

コンクールの参加方法など詳細はコチラをご覧ください。


他のお悩み解決記事もチェック!