HSPの、特に「五感の敏感さとその解決法」を探ってきた、漫画家の高野優さん。

聴覚、嗅覚、触覚、味覚、視覚…と悩める順に描いて、ついに視覚編のアンサーへ。

次はHSPの本丸?

敏感同士、共感しすぎて日が暮れる、ハートフルな漫画エッセイのこれからを、乞うご期待ください!

高野優のオフィシャルブログ:「釣りとJAZZと着物があれば」
高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ

あなたの敏感だった悩み、意外と簡単に一件落着かもよ?HSPは光が苦手?蛍光灯、LED、太陽光に疲れやすい方への対処法の画像1

 

「気にしすぎじゃない?」

「もっとおおらかになれば?」

「神経質すぎるよ!」

 

そんな言葉を、今までいったいいくつ耳にしてきたことか。

そして、いったいどれだけの方が自分を抑えて暮らしてきたことか。

 

余談だけど、わたしは足の甲が薄くて細いので、

なかなか合う靴が見つからない。

とはいえ、セミオーダーをできるようなお財布もないので、

結局、ブーツかサンダルで過ごすことが多い。

でも、洋服に合わせて履きたい靴だってある。

そんなときは、ジェルクッションを靴のあちこちに貼り付けて、

自分の足に合わせるように。

これは、暮らしていく上でのちょっとした工夫。

 

HSPの気質も、そのくらい気軽に考えて、工夫していけばいいんじゃないかな。

視覚が敏感で苦労した友人は、今ではなにごともなかったかのように暮らしている。

つば広帽子とサングラスを身につけただけで。

 

ときには自分に足して、ときには引いて。

そんなふうに、少しずつ気楽に自由に暮らしていけたら。

 

ぜひ読んでいただきたい本

高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ