共感しすぎて日が暮れて~寝ても覚めてもHSPな高野優のマンガエッセイ #42

  1. 人生

苦手なものが周りとはちょっと違うHSP。安心して自分を出せる場って大事!

小さい頃は、カレーライスも牛丼もミートソーススパゲティも、混ざっているのが苦手で食べられなかったという、HSPマンガ家の高野優さん。

その後、どう変わったのでしょう?

変わらず大切にしたいのは、「苦手なものは苦手」と、ひといちばい敏感な自分をまるごと受け止められることかもしれませんね。

高野優のオフィシャルブログ:「釣りとJAZZと着物があれば」

高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ

HSPの味覚編、苦手だったのが今はウソのように…

HSPと、発達障がいの五感の過敏さとの違いは?

ぜひ読んでいただきたい本


高野優さんのマンガエッセイ連載はコチラ