1. 人生
  2. 健康

【医師が教える熱中症】水やお茶より、自宅でも作れる経口補水液で対策

「熱中症」を起こす季節って、いつからだと思いますか?
実は熱中症は真夏の病気と思いがちですが、春先から増えてくるのです。

以前は、熱射病とか熱疲労などといわれてきましたが、現在では熱中症という名前に統一され、重症度が設けられ症状に応じた治療が行われています。

熱中症とはどんな病気か、また対処法などをお話しします。

熱中症ってどんな病気?その症状は?

私たちの体は、とても優れた保温庫です。冬の寒い日でも夏の暑い日でも、体温はあまり大きく変わりません。

それは、私たちの体の熱を生産するシステムと、解放するシステムがバランスを保って、一定温度を作り上げているからです。

熱中症とは、そのシステムのバランスが崩れて体温が著しく上昇することにより、全身に諸症状を引き起こす病態をいいます

熱中症になると高体温になりますが、それは風邪を引いたときのような体内からの発熱ではなく、外から熱を与えられたことによって高温状態が作り上げられているのです。

熱中症は3段階に分類されます

Ⅰ度

  • めまいや立ちくらみ、生あくびが出る
  • 大量の発汗がある
  • 筋肉痛や、こむら返りが起きる
  • 意識障害は認めない

Ⅱ度

  • 頭痛、嘔吐、倦怠感などがある
  • 集中力や、判断力が低下する
  • 第三者から見て、なんとなくぼーっとしていて、いつもと様子が違う

Ⅲ度

  • 意識障害、肝・腎機能障害、血液凝固障害のいずれか一つを認める

若い人では、スポーツや屋外での作業などに伴う熱中症が多く、発症する人はたくさんいますが、重症例が少ないのが特徴です。

逆に高齢者では、屋内で熱中症を発症することが多く、重症例が多いといわれています

熱中症になったときの対処法は?

気をつけていてもなってしまうのが熱中症です。
私たちの体は、無意識のうちに体温調整を行うため大量の汗をかき、水分・塩分を失ってしまっている状態なのです。

Ⅰ度熱中症への対処法

Ⅰ度熱中症になってしまった時点で、すぐに涼しいところで休息をとり、水分と塩分を摂取する必要があります。大切なのは、早めの対処ということです。

汗が出ている状態なら、日陰に入り、うちわなどで仰ぐと、気化熱によって体が冷やされます
また、血圧が低くなることがあり、目の前が暗くなることもあるので、足を高くして寝る姿勢がよいでしょう

水分補給は水やお茶ではなく、塩分を含んだものでなければ症状の改善はあまり望めません
一般的なスポーツ飲料でも構いませんが、スポーツ飲料は塩分が少なく糖分が多すぎるため、大量に摂取することはあまりお勧めできません。

経口補水液(ORSといいます)が市販されていますが、自宅でも簡単に作ることができます。
水1Lに対し食塩1-2g(小さじ1/2弱)、砂糖20-40g(大さじ2-4)を加えるだけです!

Ⅱ度熱中症への対処法

Ⅱ度以上の熱中症の場合には、病院受診が必要になります

基本的には自家用車の受診で問題ありませんが、けいれんを起こしたりして、明らかに意識がおかしい場合は救急車を要請しましょう。

熱中症にならないためには?知っておきたい予防法

気温が高い、湿度が高い、風が弱い、放射熱があるという環境が、熱中症の発症リスクを上げます。

屋外での活動の際には、熱中症を念頭に置き、こまめな水分・塩分補給や休息が必要です
先ほど紹介した経口補水液や水分とともに、塩飴をなめるなど、摂取方法はお好みに応じてでも構いません。

ご存知の方も多いかもしれませんが、経口補水液は決しておいしいものではないのです。
スポーツ飲料は塩分が少なく糖分が多いことはお話ししましたが、そちらのほうが私たちはおいしいと感じます。

経口補水液は普段飲むと非常にしょっぱく感じるのです。
もし、経口補水液を飲んでおいしいなと思える場合は、体が脱水になっている状態だと考えられます。これも一つの目安と考えていただければよいと思います

また、経口補水液に限らず、みそ汁や昆布茶なども塩分やミネラルを多く含むため、予防効果があるのではないかといわれています

熱中症予防をして、夏の季節も元気に乗り切りたいですね!

他のお悩み解決記事もチェック! 人生相談レッスン(無料)はコチラ