古典シリーズ試し読み #1

  1. 人生

『こころきらきら枕草子』を試し読み

千年の時を超えて、色あせない珠玉のエッセイ『枕草子』。清少納言は、実は、不遇にありながら、前向きに、しなやかに生きた女性でした。豊かな感受性、鋭い人間観察、ユーモアと機知に富んだ言葉の数々には、日々を楽しく過ごすヒントがあふれています。

読者の皆様から届いた、感想の一部をご紹介します

◎山形県 59歳・女性
とても読みやすく、心に響きました。少し考えを変えれば、人生は楽しく生活できる。

◎愛知県 70歳・女性
著者の意訳が軽快、絶妙で、千年前のことを現代に甦らせてくれています。

◎秋田県 34歳・女性
清少納言の素晴らしい生き方、四季の美しさ等が、詰まりに詰まっていて、私の心を癒やしてくれました。
心の持ち方一つで、人生を、あんなにもきらきらにすることができるんだ!と教えられました。

◎滋賀県 76歳・女性
高校時代に勉強したことを想い出しながら、楽しく読みました。
イラストが本とマッチして、更に楽しい。

◎石川県 80歳・男性
平安時代の人間模様が、現代の男と女、上司と部下の関係とほぼ変わらない。
面白いですね。

◎和歌山県 45歳・女性
『枕草子』に書かれていなかった裏側を知り、面白くて一気読みしました。


清少納言に触れると「こころきらきら」輝き始めます。
『こころきらきら枕草子』のお求めは、
お近くの書店や、弊社まで(TEL: 03-3518-2126)
お問い合わせください。


LINE公式アカウント開設

意訳で楽しむ古典シリーズのLINE公式アカウントを開設しました。
古典の楽しさをより知ってもらえるような記事を、週に1回を目安に配信します。
登録は無料です。
下のボタンから友だち追加をしてみてください。
友だち追加


他の書籍も試し読み

1万年堂出版の書籍は他にどんなものがあるの?
他の本も少し見てみたいのだけど……
という方へ。
意訳で楽しむ古典シリーズと、人生を考えさせられる書籍の試し読みをどうぞ。
こちらからあなたにぴったりの本を探してみてください。


意訳で楽しむ古典シリーズ 連載記事

古典の授業で習ったけれど、あの本には、いったい、何が書いてあるのかな?

『徒然草』『方丈記』『枕草子』『平家物語』『歎異抄』など、
タイトルは覚えていても、難しい古典の文法ばかりが記憶に残り、
どんな内容かわからない……。
でも有名だから、いつか読んでみたい……。
という方は多いのではないでしょうか。

その古典が生まれたエピソードや、
生きるヒントを与えてくれるメッセージなどを紹介しています。
古典との新たな出会いを、見つけてみませんか。


忙しい毎日の繰り返しに、こころを見つめるひとときを『月刊なぜ生きる』

読者の方から、「日々の生活の中で、もう少し生き方を見つめる機会が欲しい」
という声が寄せられます。
そんな声にお応えして、『月刊なぜ生きる』を発刊しています。
 ナルホド、と思う話題だけでなく、心にじんとしみる話や、時にはチョッとせつなく、キュンとなるような話をお届けします。
明日からも頑張ろう!と元気が湧くような誌面づくりを目指します。
詳しくはこちらをご覧ください。

『月刊なぜ生きる』のご紹介

令和2年1月号から、「意訳で楽しむ古典シリーズ」の『美しき鐘の声 平家物語』や、『こころ彩る 徒然草』などの著者、木村耕一先生の『歎異抄の旅』の連載も始まります。