ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず
(川の流れのように、幸せも、悲しみも、時とともに過ぎていきます)
『方丈記』の、この有名な書き出しの意味が分かると、どんな挫折、災難、苦しみにぶつかっても、乗り越えていける力がわいてくるのです。

読者の皆様から届いた、感想の一部をご紹介します

◎岡山県 70歳・女性
分かりやすく、スッと心に入って、元気をもらいました。字が大きく、イラストも楽しく、やさしい本ですね。

◎大阪府 50歳・男性
おもしろかった。買ったその日に、すぐ読んじゃった。

◎富山県 15歳・女子
私は古文がニガテ。でも、美しい写真や、かわいい絵が載っていて、とても読みやすかったです。
たくさんのことを学びました。

◎三重県 61歳・女性
私はずーっとずっと、学生の頃から『方丈記』が大大大好きでした。
忘れかけたあの日がよみがえってきました。とてもおだやかな心持ちになりました。


鴨長明さんの弾き語りに耳をすましてみませんか。
『こころに響く方丈記』のお求めは、
お近くの書店や、弊社まで(TEL: 03-3518-2126)
お問い合わせください。



著者 木村耕一 Facebookページ 開設中


LINE公式アカウント開設

意訳で楽しむ古典シリーズのLINE公式アカウントを開設しました。
古典の楽しさをより知ってもらえるような記事を、週に1回を目安に配信します。
登録は無料です。
下のボタンから友だち追加をしてみてください。
友だち追加


他の書籍も試し読み

1万年堂出版の書籍は他にどんなものがあるの?
他の本も少し見てみたいのだけど……
という方へ。
意訳で楽しむ古典シリーズと、人生を考えさせられる書籍の試し読みをどうぞ。
こちらからあなたにぴったりの本を探してみてください。


意訳で楽しむ古典シリーズ 連載記事

古典の授業で習ったけれど、あの本には、いったい、何が書いてあるのかな?

『徒然草』『方丈記』『枕草子』『平家物語』『歎異抄』など、
タイトルは覚えていても、難しい古典の文法ばかりが記憶に残り、
どんな内容かわからない……。
でも有名だから、いつか読んでみたい……。
という方は多いのではないでしょうか。

その古典が生まれたエピソードや、
生きるヒントを与えてくれるメッセージなどを紹介しています。
古典との新たな出会いを、見つけてみませんか。


忙しい毎日の繰り返しに、こころを見つめるひとときを『月刊なぜ生きる』

読者の方から、「日々の生活の中で、もう少し生き方を見つめる機会が欲しい」
という声が寄せられます。
そんな声にお応えして、『月刊なぜ生きる』を発刊しています。
 ナルホド、と思う話題だけでなく、心にじんとしみる話や、時にはチョッとせつなく、キュンとなるような話をお届けします。
明日からも頑張ろう!と元気が湧くような誌面づくりを目指します。
詳しくはこちらをご覧ください。

『月刊なぜ生きる』のご紹介

令和2年1月号から、「意訳で楽しむ古典シリーズ」の『美しき鐘の声 平家物語』や、『こころ彩る 徒然草』などの著者、木村耕一先生の『歎異抄の旅』の連載も始まります。