古典シリーズ試し読み #5

  1. 人生

『美しき鐘の声 平家物語』を試し読み

「意訳で楽しむ古典シリーズ」へようこそ。いつか読みたかった古典を、意訳で楽しく!
心が和むイラストや写真とともに、古典の名著からの一言を、毎週1回お届けするLINE公式アカウントも開設。友だち追加をすると配信されます。無料です。
友だち追加

いつか読みたかった『平家物語』を、わかりやすい意訳、大きな文字、美しいイラストで、全3巻にまとめました。
中学生から、90代まで「これなら読める!」と大好評です。
ぜひ、試し読みをごらんください。

大長編古典『平家物語』が全3巻でわかる!

『平家物語』の原典は全12巻からなる大作です。
12巻なんてとても……と思う方にも、わかりやすい意訳で3巻にまとめました。
大きな文字で読みやすい、この3巻で平家物語の真髄がつかめます。

第1巻 諸行無常の響きあり

第1巻は、平家の全盛期から、華やかに始まります。

第2巻 春の夜の夢のごとし

権力を握った平清盛。欲や怒りにまかせて「悪行」を重ねる姿が描かれます。
その父を諌める役目は、長男の重盛でした。
平家一門の運命が動き出す、第2巻。

第3巻 風の前の塵に同じ

木曽義仲の決起、倶利伽羅峠の戦いから、一谷の合戦、屋島の戦い、壇ノ浦の戦いまで、読み始めたら止まらない、ノンストップの最終巻。

全巻とも冒頭にカラーグラビアを掲載

心に沁みる文章を美しい写真とともに味わってみてください。

美しいイラストも多数

美しい!臨場感がある!場面を彷彿とさせる!
イラストレーター、黒澤葵さんのイラストも多数掲載し、楽しく読めます。
まるで絵巻物!?と好評です。

理解を助ける解説

登場人物が多くて、誰が誰だっけ?
この話は一体どのあたりのことだろう……
この行動の意味は?
など、『平家物語』の理解を助けるために、
主な登場人物の紹介、地図、系図に加え、要所に解説が入っています。

原文も掲載

『平家物語』の原文も一部掲載し、意訳を比較しながら、古典の美しさを味わうこともできます。

読者の皆様から届いた、感想の一部をご紹介します

●中学生も感動

◎愛知県 13歳・男子
 親子の絆や夫婦がお互いを思う気持ち、主従の絆などがすごく伝わってきました。

◎愛知県 13歳・男子
 清盛が生きながら焦熱地獄に堕ちた表現がすごく伝わった。平家物語の作者が知りたくなりました。

●「自分の居場所は、どこにもない」と共感

◎長野県 45歳・女性
「自分の居場所は、どこにもないじゃないか」。
『平家物語』の人物の、心の叫びは、私のことです。私は嫁に来て二十五年、今もなお、この家に居場所を探しています。この本は、人として、考えさせられる本です。
 時代は違えど同じようなことで悩み苦しむ……。これからも何度も読み返し、人生の勉強をさせてもらいます。

●冥土まで持っていきたい本

◎福岡県 76歳・男性
「祇園精舎の鐘の声」から始まり、「偏に風の前の塵に同じ」で終わる。この本を、きっと自分は、冥土まで持っていくだろう。「本」というものは文字の羅列だと思っていたのに、この『平家物語』は、その常識を、パーフェクトに変えた。分かりやすい意訳、美しい絵、初めて見る写真、そしてこれは「書物」なのだと確信した。

●絵が、とても美しい

◎東京都 93歳・女性
 九十三歳の私が、感激して読み返しております。絵がとても美しくて感心しています。

◎東京都 80歳・女性
 イラストの素晴らしさに本を読むスピードが速くなります。

●全身の血がおどり、胸が熱くなった

◎静岡県 78歳・男性
 古典を、いつかじっくり、ゆったりした心で読みたいと思っていました。その願いを達成できました。達成した満足感。やっぱり人間は書物を読むべきです。全身の血がおどり、胸が熱くなりました。ありがとうございました。

●読書の苦手な私でも、あっという間に

◎神奈川県 85歳・女性
 毎日が楽しみです。読書の苦手な私があっという間に読み終えました。さし絵も美しく、物語も分かりやすく、この本は大切に保存します。そのうちに孫やひ孫も読んでくれると思いますので……。活字も大きく、メガネなしでも読めました。ありがとう。

◎埼玉県 69歳・男性
 なんと分かりやすい感情のこもった意訳なんでしょうか。古文の教科書などではわからない『平家物語』の真髄に触れた思いがします。木村先生ありがとうございます。

●コンピューターの時代だからこそ古典が必要

◎埼玉県 72歳・男性
 内容も分かりやすく、解説もよく理解できる。また、イラストも素晴らしい。写真も大変よい。
 コンピュータを使っての学問に終始すればするほど、こういう文学書は必要となる。現在の文科省の試案は、古典の立ち位置をおとしめるものである。

●世界中の人々にも読んでもらいたい

◎兵庫県 86歳・女性
 この本は世界中の人々にも読んでもらいたい。そして、今一度、人の一生がいかに短く、はかないかを確かめて、学んでもらいたいと思います。
 たけき者もついには滅びます。人は必ず死んでいくことを知ってもらい、今を生きる人たちが、共によりよく生きられる世の中になってほしいです。諸行無常、風の前の塵に同じです。


意訳とイラストでよくわかる!
『美しき鐘の声 平家物語』全3巻のお求めは、
お近くの書店や、弊社まで(TEL: 03-3518-2126)
お問い合わせください。

美しき鐘の声  平家物語(一)

美しき鐘の声  平家物語(一)

木村耕一(著) 黒澤葵(イラスト)



著者 木村耕一 Facebookページ 開設中


LINE公式アカウント開設

意訳で楽しむ古典シリーズのLINE公式アカウントを開設しました。
古典の楽しさをより知ってもらえるような記事を、週に1回を目安に配信します。
登録は無料です。
下のボタンから友だち追加をしてみてください。
友だち追加


他の書籍も試し読み

1万年堂出版の書籍は他にどんなものがあるの?
他の本も少し見てみたいのだけど……
という方へ。
意訳で楽しむ古典シリーズと、人生を考えさせられる書籍の試し読みをどうぞ。
こちらからあなたにぴったりの本を探してみてください。


意訳で楽しむ古典シリーズ 連載記事

古典の授業で習ったけれど、あの本には、いったい、何が書いてあるのかな?

『徒然草』『方丈記』『枕草子』『平家物語』『歎異抄』など、
タイトルは覚えていても、難しい古典の文法ばかりが記憶に残り、
どんな内容かわからない……。
でも有名だから、いつか読んでみたい……。
という方は多いのではないでしょうか。

その古典が生まれたエピソードや、
生きるヒントを与えてくれるメッセージなどを紹介しています。
古典との新たな出会いを、見つけてみませんか。


忙しい毎日の繰り返しに、こころを見つめるひとときを『月刊なぜ生きる』

読者の方から、「日々の生活の中で、もう少し生き方を見つめる機会が欲しい」
という声が寄せられます。
そんな声にお応えして、『月刊なぜ生きる』を発刊しています。
 ナルホド、と思う話題だけでなく、心にじんとしみる話や、時にはチョッとせつなく、キュンとなるような話をお届けします。
明日からも頑張ろう!と元気が湧くような誌面づくりを目指します。
詳しくはこちらをご覧ください。

『月刊なぜ生きる』のご紹介

令和2年1月号から、「意訳で楽しむ古典シリーズ」の『美しき鐘の声 平家物語』や、『こころ彩る 徒然草』などの著者、木村耕一先生の『歎異抄の旅』の連載も始まります。