1. 子育て
  2. 育児

HSCってどんな子?「ひといちばい敏感な子」の特性を知ろうー『HSCの子育てハッピーアドバイス』より

ここ最近、メディアや書店、SNSでもよく目にするようになったHSCという言葉。

HSCを初めて日本に紹介した『ひといちばい敏感な子』(エレイン・N・アーロン著、明橋大二 翻訳)が出版されたのは2015年です。
以来、HSCは少しずつ知られるようになり、この本を翻訳した心療内科医の明橋大二氏が2018年に『HSCの子育てハッピーアドバイス』を出版すると、一気に認知が広がりました。

HSCとは、いったいどんな子なの?
うちの子もHSCなの?

気になる方のために、『HSCの子育てハッピーアドバイス』の中から、分かりやすく紹介したいと思います。

HSCのおおまかな特徴は?

HSCとは、Highly Sensitie Childのことで、明橋氏は、「ひといちばい敏感な子」と訳しています。

おおまかにいうと、次のような子どもです。

 

  • 「ひといちばい敏感」という特性があります
    (5人に1人の割合)
  • 生まれつき、よく気がつき、深く考えてから行動します
  • 体の内外のことに敏感です
  • よく気づく得意分野は、人それぞれです
    (雰囲気や表情、におい、ユーモア、 動物とのコミュニケーションなど)
  • 悲しみや喜びを、他の子よりも強く感じています
  • 感受性が強く、豊かな想像力があります

HSCかどうかを知るための23のチェックリスト

HSCを提唱したアーロン博士が作ったチェックリストがあります。

次の質問に、感じたままを答えてください。子どもについて、どちらかといえば当てはまる場合、あるいは、過去に多く当てはまっていた場合には、「はい」。全く当てはまらないか、ほぼ当てはまらない場合には、「いいえ」と答えてください。

  1. すぐにびっくりする
  2. 服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる
  3.  驚かされるのが苦手である
  4.  しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある
  5. 親の心を読む
  6. 年齢の割りに難しい言葉を使う
  7. いつもと違うにおいに気づく
  8. ユーモアのセンスがある
  9. 直感力に優れている
  10. 興奮したあとはなかなか寝つけない
  11. 大きな変化にうまく適応できない
  12. たくさんのことを質問する
  13. 服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる
  14. 完璧主義である
  15. 誰かがつらい思いをしていることに気づく
  16. 静かに遊ぶのを好む
  17. 考えさせられる深い質問をする
  18. 痛みに敏感である
  19. うるさい場所を嫌がる
  20. 細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく
  21. 石橋をたたいて渡る
  22. 人前で発表するときには、知っている人だけのほうがうまくいく
  23. 物事を深く考える

13個以上に「はい」なら、お子さんはおそらくHSCでしょう。
かし、心理テストよりも、子どもを観察する親の感覚のほうが正確です。
たとえ「はい」が1つか2つでも、その度合いが極端に強ければ、お子さんはHSCの可能性があります。

では、具体的に、どのような特性をもつ子どもなのか、『HSCの子育てハッピーアドバイス』のイラストで紹介します。

イラストで分かるHSC

体の刺激に敏感

痛いのが苦手

まぶしい光、騒音、臭いにおいには簡単にノックアウト

1人になる時間が必要

すぐ驚く

2つ以上のことを同時に抱えるとパニックになる

他人の気分に影響される

ものすごく人に気を遣う

よく気がつく

悲しいニュースを聞くだけでも暗くなる

豊かで複雑な内面世界を持っている

芸術や自然に深く感動する

正義感が強い

弱い者には優しい

平和主義

ささいな変化によく気がつく

人に見られていると緊張してうまくいかない

空腹になったり、眠くなったりするとたいへん

変化が苦手

空気が悪いのが苦手

赤ちゃんのときの特徴

①よく泣く

栄養状態もよく病気もないのに、1日3時間以上激しく泣くことが、週に4日以上ある場合は、周囲からの刺激に敏感な子といわれています。
ただ、よく泣くのには、さまざまな背景があり、必ずしもHSCとは限りませんし、HSCでも、あまり泣かない子もあります。

②眠らない、すぐ目を覚ます

生後6カ月頃になると、HSCの多くは、眠りにくい、すぐに目を覚ます、といったことが起こります。

③注意力がある

「細かいことに気づく」「母親の動きをしっかり目で追う」などの特徴があり、新生児のときから、親の気持ちを感じやすいといわれています。

HSCでぜひ知っておきたい7つのこと

最後に、HSCを育てるに当たって、ぜひ知っておきたいことを紹介します。

①育て方でなるのではありません

HSCは、持って生まれた気質です。
赤ちゃんでもカンの強い子、動じない子、意志の強い子などいろいろありますが、そのような気質の一つが、「ひといちばい敏感である」ということです。

②障がいや、病気とは異なります

持って生まれた気質ですから、「治す」ものではありません。
このような性質を「自分らしさ」ととらえて、伸ばしていくことが、HSCの子育てです。

③5人に1人がHSCです。男女比も同じです

HSCの割合は、15%から20%。だいたい5人に1人で、この割合は、人種によっても変わらず、男性も女性も同じ比率です。

④何に対して敏感かは、人それぞれ違います

同じHSCといっても、「敏感だ」というところが共通するだけで、何に敏感かは、千差万別です。

⑤大人になっても、敏感な性質は変わりません

後天的な環境によって、敏感さが目立たなくなることがありますが、敏感である、という性質は、生涯を通じて変わることはありません。
大人の敏感な人を、HSP(Highly Sensitive Person)といいます。

⑥発達障がいと誤解されることがあります

感覚の敏感さをもって、発達障がい(自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群など)と誤解されることがあります。

表面的には、似ているところもありますが、最も大きな違いは、自閉スペクトラム症が他人の気持ちを読むのが苦手なのに対して、HSCは、むしろ他人の気持ちを察することにひといちばいたけています。

⑦環境によって作られるものではありません

HSCは持って生まれた性質ですが、環境の影響を受けやすい、ということはあります。
しかし、大きな問題のない環境で育ったHSCの場合、うつ状態や不安症になるリスクは、非HSCと変わらないという調査結果が出ています。

HSCは少数派ではありますが、決して少なくはありません。

人とは違う感性を持っていますので、その分、配慮が必要になることもあります。

しかし、HSCの特性をよく知って育てていけば、見違えるほど生き生きとし、その才能を開花させることができます。

具体的な子育てのアドバイスは、『HSCの子育てハッピーアドバイス』『教えて、明橋先生! 何かほかの子と違う? HSCの育て方 Q&A』をご参照ください。

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

教えて、明橋先生! 何かほかの子と違う? HSCの育て方 Q&A

教えて、明橋先生! 何かほかの子と違う? HSCの育て方 Q&A

明橋大二(著)