1. 何度でも読み返したくなる-歎異抄をひらく

      自宅から5分のところに区立図書館があり、ほとんどはそこの本をお借りしておりますが、この本は、永久保存用として購入しました。内容も分かりやすく、字も大きくて読みやすいです。本当に素晴らしい本です。 (東京都 75歳・女性)   先祖代々、真宗の門徒であった家に生まれ、親鸞聖人の教えは幼児から身についていたはずだったが、老境に入って、改めてこの本を読み、教えのすごさを痛感した。 (石川県 80歳・男性)   文字が大きいので、とっても読みやすく、大変ありがたい。 内容が分かりやすく、親鸞聖人のお言葉、『歎異抄』の真意の一端をうかがい知ることができ、我が人生にとって大変有益であります。 (群馬県 86歳・男性)   今まで何人かの『歎異抄』を読んできたが、本書は活字が大きく読みやすいし、内容的にも分かりやすく、抵抗感なく読破できた。 また、編集デザインもよく、心楽しく手にすることができた。再読したい気持ちを駆り立て、本書をもって『歎異抄』は卒業したいと思っている。私の書棚に残る1冊として大事にし、子や孫にも読ませたい。 (宮城県 71歳・男性)   学生時代から『歎異抄』にふれたいと思いつつ、30年が経過しました。 何度でも読み返したくなる構成、解説など、素晴らしい本になっていると思います。 (東京都 51歳・男性)   自分が思っていた疑問が、1つずつ、解けていきました。 多くの仏教書が世に出ていますが、これほど分かりやすく書かれている本は、他にないと思います。 (石川県 67歳・男性)

    2011.11.07

  2. 今まで読んだ『歎異抄』の解説書の中で、一番読みやすく、分かりやすい-歎異抄をひらく

      今まで読んだ『歎異抄』の解説書の中で、一番読みやすく、分かりやすい本だと思います。 (石川県 71歳・男性・農業)   私の持っている数冊の『歎異抄』を捨てることになった。 とにかく、これまでの『歎異抄』解説書は分かりにくかった。 ありがとうございます。 (東京都 72歳・男性・会社顧問)   今まで『歎異抄』を読んできましたが、本書が一番分かりやすかった。 くり返し読んで、充実した人生を送りたいと思う。 (千葉県 70歳・男性)   『歎異抄』関連の本を色々図書館で読んだが、この本が一番よくできていて、分かりやすく書いてあったので、購入することにしました。 (山口県 37歳・男性・団体職員)   『歎異抄』を死ぬまでに読まなければと、ずっとずっと何十年も思い続けていました。書店に並べられていた本書を開いて、「あー、これは良い本に出会うことができた」と思い、すぐに購入しました。 (兵庫県 77歳・男性)   一度は読んでみたい『歎異抄』だった。 (大分県 74歳・男性) いつか、『歎異抄』を読みたいと思っていた。 わかりやすい現代文であり、読みやすかった。 (愛知県 58歳・男性・会社役員)   『歎異抄』を拝読したいと思いながら、難しく分からないだろうと思っていました。しかし、新聞で『歎異抄をひらく』の案内を見て、生あるうちに一度だけでも読んでみたいと思って購入しました。 本当に分かりやすくて、ありがたく思っております。 (長崎県 84歳・女性)   『歎異抄』を、一度は読んでみようと思っていたが、難しくてあきらめていました。『歎異抄をひらく』は非常に分かりやすい文章で、中の編集・デザインも良く、大切な1冊となりました。久々の心のビタミン剤となりました。 (宮城県 71歳・男性)   読みやすく、分かりやすい。字が大きいのが良い。 何度でも読み返すことができ、読むごとに理解が深まっていく。 (東京都 57歳・男性・会社員)   97歳の自分には、活字が大きくて、読みやすいことが一番ありがたかった。『歎異抄をひらく』を読んで、他力信心の何たるかを知ることができました。 (滋賀県 97歳・男性)   字が大きく大変読みやすい。 原文と意訳が対比でき、分かりやすい。 書に関心があるので、筆で書かれた文の美しさに魅せられた。 (岐阜県 73歳・男性・農業)   文字が大きく分かりやすい。 むつかしい文章に解説があるので、理解できる。 (大分県 77歳・女性)   まず理解しやすいのにびっくりした。 なるほどと思い、もう1度読み返したい気持ちが湧いてくる本だ。何回も何回も読んでみたいと思う。 (神奈川県 69歳・男性)   私は、真宗の僧侶であります。『歎異抄』を分かりやすく書いた書物が今まであまりなかったが、本書は実に分かりやすい。何度も読み返したい気持ちになる1冊です。 (滋賀県 45歳・男性・僧侶)   読みやすく、理解しやすい表現で大変満足した。 何回でも読み返してみたくなる内容で、本当によかったと思っています。 (北海道 65歳・男性・老人ホーム施設長)   今まで『歎異抄』についての解説書を色々読みましたが、説明文が難しく今ひとつ納得できませんでした。 しかし、この本はとても分かりやすく、親鸞聖人に1歩、近づけた気持ちになりました。読みやすく、桜の写真もとても美しい。大切な人にプレゼントするつもりです。 (埼玉県 63歳・女性)   何冊もの『歎異抄』についての本を買って読みましたが、納得できないままの消化不良でした。 このたびの貴社の『歎異抄をひらく』は、ほんとに分かりやすく、しかも真髄をひらいてくれていると感じ、ありがたく思っています。 (高知県 77歳・男性)   解説が丁寧であり、文体に親鸞聖人の思いを正確に伝えようという熱意を感じました。姿勢を正して、何度も精読すべき本だと思います。 (東京都 36歳・男性・公務員)   私の家は浄土真宗ですが、寺や僧侶に施すものの、その多少によって戒名の字の数が決められたり、葬儀や法事にばかり重きを置くことに嫌悪感を持っていました。 しかし『歎異抄をひらく』で親鸞聖人の真の教えが分かり、もう1度、仏前に手を合わせようと思えるようになった。この本に出会え、本当にうれしいです。 (島根県 47歳・男性・農業)

    2011.11.07

  3. 難解な仏教書というイメージが破られた-歎異抄をひらく

      主人が逝って、淋しく悲しんでいた時、救いを求めて読んだ。何度も何度も読み返し、気分的に救われた。 活字も大きく、ルビや説明があり、とても好感の持てる編集で、一生大事にできる書物だと思う。ありがとう! (福島県 68歳・女性)   美しい表紙や、デザインに考慮された編集内容が素晴らしい。 難解な仏教書のイメージを打破し、私たちに読みやすくされた言葉、字面、表現に感銘しました。この世はまさに「火宅無常の世界」です。素晴らしいお言葉が重なり、生涯、座右の書として、拝読したいと思います。 (兵庫県 70歳・男性)   これまでの『歎異抄』の本に比べて、活字が大きくて読みやすく、退屈なしに読めるように分かりやすくまとめてあります。しかも現代語訳、詳しく丁寧な解 説。紙質もいいし、絢爛たる桜の写真、表紙もさることながら、読んでいて奇麗な桜、ひとひらの桜の花びら……。心が安まる感じです。 『歎異抄をひらく』は、私の宝物です。手元にずーっと置いておきたいと、強く思っています。 (広島県 74歳・女性)   これまで疑問に思っていた点が、ようやく理解できたような気がする。 活字も大きくて読みやすく、一生の宝にしたい本である。 (神奈川県 45歳・男性)   『歎異抄』を一度読んでみたいと思っておりました。たまたま書店で、この本に目がひかれ、あまりの美しさと、文字も大きくゆったりとしているので、心が迷うことなく求めました。『歎異抄』の一言、一言の意味の深さに、何度も何度も繰り返し読ませていただいております。一生、大切に、折あるごとに手にすることと思います。この本に出会え、心より感謝しております。 (埼玉県 64歳・女性)

    2011.03.16

  4. 『なぜ生きる』は、私に勇気と希望を与えてくれた本です

      生きていく上で、目標をかかげることが大切だということや、いろいろなことが学べてよかった。物語などの本とは違うから、なかなか一気には読んでいけないけど、少しずつ読もうと思える内容でした。 (愛知県 16歳・女子・学生)   今まで色々な修養書を見ましたが、一番面白く、ためになった。 (静岡県 82歳・男性)   まだ1回読んだだけでは感想が書けません。3回くらい読んでみたいと思っています。 (熊本県 91歳・女性)   社会人5年目となり、仕事をしている意味、生きていることが分からなくなり、この本を購入しました。この本に出会い、常に夢と目標を持って、前向きに生きていこうと思いました。 (静岡県 23歳・女性・自営業)   最近、ふとした瞬間、「なぜ私は生きているのか?」と思ったりします。そんな時、この本を見つけました。 少し難しい内容ではありましたが、生きているということが本当に素晴らしいということに改めて気づかされました。何度も繰り返し読み、生きるという大切さを感じています。 (埼玉県 22歳・女性・会社員)   私は前から、なぜ生きるのか、毎日の同じような繰り返しに意味はあるのか、などといろいろ考えていて、ニュースとかでも集団自殺とか、人間は死ぬために生きているようなもんだと、「どーでもいいや」となげいていた。 私は本屋でこの本を見つけて、すごく勇気づけられたし、とても感動したりして、生きることは素晴らしいことだと分かりました。 (鳥取県 13歳・女子・中学生)   とってもいい本でした。1ページ、1ページ、かんたんに死んではいけない、自殺しちゃいけないと、とても強く感じました。今まで、何度も死にたいと思っていたけれど、これからは、かんたんに自分の人生を終わりにする自殺は、ぜったいにしないことにします。これからも、大切にくりかえし読んでいきたいと思います。ありがとうございました。 (埼玉県 11歳・女子・小学生)   「団塊世代」である私は、長い間、会社の人間として頑張って働いてきましたが、いざ定年退職をして「自分に何が残ったのか、これから、どうするか」と自問自答した時に、本当に、やるせない寂しさがありました。 『なぜ生きる』は、私に勇気と希望を与えてくれた本です。 (兵庫県 62歳・男性)   退職して、これから先どうしようと悶々としている時、一点の光を見出した感がした。人生後半の道標としたい。 (鹿児島県 59歳・男性)

    2011.03.12

  5. 新しいものの見方ができ、おもしろい – 男のための自分探し

    これまでとは違ったアプローチで、新しいものの見方ができ、非常におもしろかった。また内容が、人間、そして男と女の違いから「生き方」「死」 の意味、そして「本当の幸福」と広い範囲にわたっているだけでなく、歴史上の著名人(哲学者)の言葉も多数載っており、よかったと思う。 (千葉県 48歳・男性・会社員)   おもしろく、また知識として吸収しながら真剣に読みました。これまでの自分の人生がよみがえり、納得し、次のページへと進みました。哲学も身近に感じられます。 (愛知県 59歳・男性・会社員)   「ほおほお」と感心しながら、「うん、うん」とうなずきながら、「はははは」と笑いながら、興味深くも楽しく読める、分かりやすい哲学書!! とても『なぜ生きる』を書いた著者とは思えないオモシロ!!さがあって、著者にも興味を持った! (長崎県 48歳・女性)   この本は、これから就職活動で「自分探し」をしなければならない僕に、たくさんのヒントを与えてくれました。これからは、常識にとらわれず、考えることから逃げずに、しっかり悩み抜いて、本当の自分を見つけたいと思います。 (大阪府 22歳・男性・学生)   自分探しができました。これからの人生、本書を参考に、「前向きに、いっそう元気で、楽しくがんばっていこう!!」と思える内容で、とてもよかったです!! (兵庫県 57歳・男性・農業)

    2011.03.10

  6. マンガしか読まない息子も泣いていた – 親のこころ

    先日、高校生の息子が、この本を読んで泣いていました。「すごくいい本だネ」って……。マンガしか読まなかった息子が、くり返し読んでいます。本は宝です。本を読むことで優しい心を学んでいってくれたら、とても嬉しいです。 (愛知県 49歳・女性・主婦)   母の日に購入しました。この本を通して、今まで親に多くの心配をかけてきたことや、今まで育ててくれた親の恩が、しみじみと思い起こされてきました。 本を読み終えた直後に、母親に感謝の気持ちを込めて手紙を送りました。 (富山県 20歳・男性・大学生)   母のことを思い出し、1人で泣きました。この感動を忘れず、これからの人生に生かしたいと思います。 (大分県 64歳・男性)   読み始めから涙がポロポロで、ハンカチを握りっぱなしで、読んでいる間、親とはこういうものか、こうでなくてはならないと、つくづく感じられました。良い本を読むことができました。 (群馬県 39歳・女性)   涙があふれて止まりませんでした。子に対する親の思いの強さ、深さに勝るものなしです。読み終わって、母に電話をしました。あなたの子供で良かったと、つくづく思いました。 (静岡県 44歳・女性)

    2011.03.08

  7. とても読みやすいようで、楽しそうに読んでいます – りんごちゃんと、おひさまの森のなかまたち2

      1巻に続けて購入しました。1巻は読みこんで、いたんできたほどです。5歳の娘が気に入って「1人で読めるよ」と読んで、「こういう時は、こうするんだよ」と教えてくれます。子供には、話すよりもビジュアルからのほうが理解しやすいようで、一緒に学ぶことができます。 (神奈川県 42歳・女性)   今度1年生になる長女に買いました。はじめに私が読み聞かせ、内容を理解してくれたようで、自分でも時間があるときに楽しそうに読んでいます。マンガ風なので、とても読みやすいようです。はじめてのことがたくさんで不安な中、彼女なりに新しい社会に一歩を踏み出す勇気を、この本からいただけた気がします。 (福井県 37歳・女性)   うちの子たちは10歳です。本書は小さい子向けに見えましたが、私が口やかましく言うより、かわいい絵で分かりやすく描かれているので、読んでほしいな~と思い、購入しました。はじめは、「なんだろ? 小さい子が読む絵本じゃないの?」と思ったようでしたが、読んでいくうちに、心にすーっと入ってきたようでした。 大人が読んでも、固くなった心をやわらかくしてくれるような温かい気持ちになりました。特に娘は気に入ったようで、イラストをマネてかいています。 「この子はね、やさしくて、この子は少しいじっぱりなの~」って、とても楽しげに絵を見せてくれました。いつまでも素直で優しい心を忘れないでほしいですね。 (大阪府 40歳・女性)   「自分が自分が」が強く、なんでも一番になりたくて、よく友達とぶつかることもある我が子に、とてもすてきな本でした。すぐには分からなくても、何度も読んであげたいです。そして自分一人で読むようになった頃、本の内容が 心に残り、分かるようになってくれたらなと思っています。 (石川県 41歳・女性)   2巻が発売されたと知って、早速本屋へ買いに走りました。小1の娘も「りんごちゃんの本買ってきたと!?」と、見つけるなり本を開いて読んでいました。私も娘も楽しみにしていました。 この本を読むと、大人の私もいろいろ考えさせられます。2人の子供たちに、「人を思いやる優しい人になって欲しい」と願っていますが、どうすればそういうふうになれるのか、考えながら育てていきたいと思っています。たくさんの子どもたちに読んで欲しいと思っています。 この本の帯に「小学校に置いてほしい」と感想が書いてありましたが、本当にそう思います。 (福岡県 32歳・女性)

    0201.03.24