カフェで楽しむ源氏物語-Genji Monogatari #46

  1. 人生
  2. その他

源氏物語(46)衰弱してもなお美しく…最期の別れ【幻の巻・雲隠の巻】

こんにちは。国語教師の常田です。
今回で第二部が終わります。最期の源氏の姿から、作者・紫式部の心にも迫ってみたいと思います。

平成28年、源氏物語千年紀のシンポジウムが京都で開かれた時、一人のご婦人が次のように発言されました。
光源氏のような人物は現実にはいないだろう、という話の後です。

「明治の始めにも、京には光源氏によく似た旦那さんがいらした、と祖母から聞きましたよ。祖母は江戸末期、御所で女官を務めていました」と。
通い所も100カ所、着こなし、身のこなしは誰もが惚れ惚れするようであった、と言われました。

ただ、今となれば、光源氏も「京の旦那さん」も、どちらも夢のようですね。

懐かしい筆跡

光源氏(52歳)は、前年に最愛の妻・紫の上を亡くし、季節の移ろいとともに悲しみは深まるばかりでした。
やがて、年も暮れゆく頃となりました。

この1年、出家をためらってきた源氏でしたが、「年が明けたら」と今度こそ覚悟を決めました。
仕える人々に形見の品を与えるなど、本格的に準備を始めます。

後に残しては見苦しい手紙も処分していきますが、他の女性のものとは別にして、今日まで大切にしてきた紫の上の文だけは、捨て難かったのです。
はるか昔にもらったはずなのに、たった今書いたように、墨の痕は鮮やかです。

しかし最後には、「残しても甲斐がない」と女房たちに破らせました。

死出の山 越えにし人を したうとて 跡を見つつも なおまどうかな
(死出の山を越えていってしまった人を追おうとして、彼女の筆の跡を見ながらも、私はいまだ悲しみに暮れ、惑っていることだ)

源氏は、紫の上の筆跡の横に、

かきつめて 見るもかいなし 藻塩草 おなじ雲居の 煙とをなれ
(かき集めたところで、あの人がいないのだから、見る甲斐もない手紙であるよ。亡き人と同じ空へのぼる煙となるがよい)

と書きつけて、あふれる涙とともに全て焼かせたのでした。

我が世も尽きぬる

12月の中頃、恒例の年末の法会が開かれ、源氏が久しぶりに公の場に登場しました。
これが他人に見せた最後の姿であり、彼の生涯で最も美しく光り輝いていたとか…。

六条院で過ごす大晦日、6歳の孫・匂の宮は元気に走り回っています。
出家すれば、もうこのかわいい孫にも会えなくなります。
源氏は耐え難い思いを、この歌に込めました。

もの思うと 過ぐる月日も 知らぬ間に 年も我が世も きょうや尽きぬる
(物思いをして、月日の過ぎるのも知らぬ間に、この一年もわが人生も、今日で終わってしまうのか)

こうして「幻の巻」は締めくくられています。

続く「雲隠の巻」は、巻名のみで本文はありません。
かつては存在したとも、初めから書かれなかったとも、種々の説がありますが、長く寄り添ってきた主人公の最期を、作者・紫式部は書くに忍びなかったのでしょうか。
あるいは、読者一人一人の想像に委ねたのかもしれません。

第二部所感

光源氏は、美貌や才能、学問、武芸、政治手腕に音楽やファッションのセンスなど、一切に抜きん出たスーパーヒーローでした。
若き日の恋の狩人ぶりも、彼だから許されたのでしょう。

しかし、肉親の死別や政界追放など、自分に降りかかった災難を他人のせいにして苦しむ、人間くさい姿も描かれています。

若くして仏法に関心を寄せながら、妻子や仕事に執着し、あと一歩踏み出せぬまま晩年を迎え、伴侶亡きあとは坂を転げ落ちるように衰弱していく。その様は、哀れの涙すら誘います。
そんな煩悩の塊の実態は、私たちと何ら変わりません。

源氏の姿は、作者自身の投影ともいわれます。
紫式部もまた、早くから仏法を一筋に求めたいと願いつつ、”晩年を迎えてなお、出家の決断ができないでいる”と日記に吐露しています。

今回で『源氏物語』第二部が終わり、匂の宮をはじめとする光源氏の子・孫の世代が繰り成すドラマ、第三部が幕を開けます。

次回は、その第三部に魅了された一人の翻訳者を紹介します。

前の連載を読む 連載を読む