Dr.明橋のホッとする子育て相談室Q&A #2

  1. 子育て
  2. 育児

怒っても「捨てちゃうよ!」と言っても効果なし。どうすれば自分で片付けができるようになる?

質問

子どもが床におもちゃを広げるだけ広げて、いっこうに片づけようとしません。
「片づけなさい!」と怒ったり、「大切にしないなら、捨てちゃうよ」と言ったりしても、まったく効果なしです。
どうすれば自分で片付けができるようになるでしょうか。

答 え

しつけの中でも、片付けをどうやって習慣づけるかは、どんな親御さんも悩んでいることだと思います。なかなか難しいことですし、時間のかかることなのですが、その片付けについて、基本的なことを書いてみたいと思います。

小学校低学年までの子どもは、片付けの必要性も分からないし、片付いて気持ちがいい、という気持ちも育っていません。
ですから、そういう子どもに、ただ「片付けなさい!」とどなっていても、あまり効果はないのです。
片付けると気持ちいい、という感覚を育てながら、少しずつ習慣づけていくことが大切です。

まずは、環境を整えること。

今の家は、往々にしておもちゃが多すぎます。でも子どもは、おもちゃ箱をいちいち全部ひっくり返して出さないと気が済みません。ですから、子どもと相談して、よく使うおもちゃをおもちゃ箱に入れて、あまり使わないおもちゃは、段ボールなどに入れて、押し入れの奥にしまいます。
おもちゃの数を減らすことが大切です。
(と言っても、遊びにはある程度の豊かさも必要なので、片付けを意識するあまり、制限しすぎるのも考えものですが)

次に、子どもが片付けやすいおもちゃ箱や戸棚を用意すること。

あまり細かいと難しくなるので、大まかに分別できる程度でかまいません。
そして、おもちゃを広げる場所を決める。
自分の部屋なら部屋。それ以外には広げないように約束する。
そして、片付けの時間を決める。
1日1回が限度でしょうから、夕御飯前に片付ける、という約束でもいいと思います。
まずは親が、ぬいぐるみはここ、絵本はここ、ゲームは、ここ、というふうに、要領を示しながらやっていきます。
そのうち、子どもも関心を示してきたら、子どもにも役割を与えて、
「じゃあ、○○ちゃんは、ぬいぐるみを片付けてね」
と伝える。そして、やったら、
「ありがとう」
と伝える。

そして、片付いたら、一緒に部屋を眺めて、「きれいになったね」

「きれいだと気持ちがいいね」
と一緒に気持ちよさを味わう。
そういうことを繰り返しながら、子どもに少しずつ役割を与えていくことが大切だといわれています。
大切なのは、当分は親が一緒にやる、ということと、子どもに役割を与えてやったら「ありがとう」と褒めて、やる気を育てていく、というところです。

ついつい、私たちは、子どもに、「片付けなさい!」と言葉で指示するだけで、どのように片付けていくかを教えていません。
そして、片付けなかったら、今度はどなりながら、お母さんだけで、片付ける。それを子どもはびくびくしながら見ている。
そのように、親がまったく一緒にしないか、全部やってしまうかの両極端になっているように思います。

冷静に接することができず、キレまくってしまいそうな時には、
片付けしなくても、とりあえず、死ぬことはないわ
と開き直って、明日に回しましょう。

小さな子どものいる家で、きちんと整理整頓されている家は、まずありません。
少し肩の力を抜きながら、ぼちぼちやっていきましょう。


Dr.明橋の子育て相談室Q&A