はじめてママの 教えてドクター #1

  1. 子育て
  2. 育児

赤ちゃんが初めての発熱で39度超え!高熱に耐えられる?脳がやられない?

はじめてママの眠れない夜

2歳の男の子を育てているナミです。
これはコウが初めて熱を出したときの話です。
39度超えの見たこともない体温に、本当にビックリしました。

こんなに小さいのに、高熱に耐えられるんだろうか…。脳がやられちゃうんじゃないだろうか…。

不安と心配で一晩、眠れなかったことを覚えています。

  1. 子どもって、こんな高い熱を出すものなのですか?

小児科ドクターの答えは?

  1. こんにちは!小児科医ーの吉崎です。

子どもは突然、熱を出します。
しかも、大人ではありえないくらいの高熱が出るのですから、あわててしまいますよね。

子どもの発熱は、ほとんどのケースでウイルスや細菌が関係しています。
発熱と聞くと「ワルモノ」のように思いがちですが、実は、ウイルスや細菌と有利に闘うために、体がわざと体温を上げているんです

夕方に熱が出始め、翌朝になってようやく熱が下がったかと思うと、午後からまた上がってくる。
これも、よくあることです。
単なる風邪でも、2、3日は熱が続くものなので、あわてることはありません。

熱が出たときにいちばん心配なのは、「高熱で頭がおかしくなってしまうのでは?」ということでしょう。
確かに、高熱でぐったりしているお子さんを見ると、脳までやられてしまう気持ちになるのもわかります。
しかし、40度が数日続いても、発熱で脳がやられたり、後遺症が残ったりすることはありません
ご心配でしょうが、高温の車内に放置して熱中症になったのでなければ、高熱が出ても大丈夫です。

また、熱の高さと病気の重さは関係がありません。高熱が出たからといって、必ずしも重病ではないということです。

 

  1. そうだったんですね!!!
    熱は下げないといけないと思っていたので、発熱は「ワルモノ」じゃないなんて、目からウロコです!
    これ、知っているだけで、気持ちがとっても楽になります。

  2. 皆さんもぜひ、覚えておいてくださいね。
    熱は「ワルモノ」じゃない!

はじめてママの強い味方!

子育てハッピーアドバイス 知っててよかった小児科の巻

子育てハッピーアドバイス 知っててよかった小児科の巻

吉崎達郎 / 明橋大二(著) 太田 知子(イラスト)