はじめてママの 教えてドクター #3

  1. 子育て
  2. 育児

手と足だけでなく、顔にもポツポツが!手足口病ってどんな病気?

そんなこと言わなくても…(><)

    1. 2歳の男の子を育てているナミです。
      こんなネーミングの病気があるなんて、初めて知りました。
      どんな病気なのか、教えてください!

皮膚科ドクターの答えは?

  1. こんにちは!皮膚科医の花川です。

手足口病はこんな病気です

手のひら、足のうら、口の中や回りに、米粒くらいの赤いブツブツができる病気です。
通常、痛みやかゆみはありませんが、ひどくなると痛くなってきます。

  1. ひどくなると、お尻にもブツブツができます。そうなっても「手足口尻病」とはいいません。笑

多くは自然に治りますが、ブツブツがひどくなったり、汁が出るようになったら塗り薬をつけたほうがいいでしょう。
高い熱が出た、元気がない、嘔吐した、などありましたら、病院に行きましょう。

主に口からうつります

手足口病は、のどに感染したウイルスが原因です。熱や風邪の症状、体のだるさを伴うこともあります。

咳をした時や、しゃべった時に、口からウイルスがまき散らされて、うつることがあります。特に1~2週間は要注意です。

また便からもウイルスが出ていくので、トイレから出たらキレイに手を洗いましょう。

保育園や学校に行っても大丈夫です

ウイルスは、1カ月たっても、まだのどにいますし、便からも出ています。
しかし、1カ月間登校(登園)禁止というのはかわいそうですので、「学校保険安全施行規則」では、元気がよければ登校(登園)してもよいことになっています。

その場合もマスクと手洗いは大切ですよ。

 

お尻にできることもあるのですね!
どんな時に病院に行ったらいいのか、分かると安心です。
やっぱりうつる病気は、手洗いが大事なのですね。

 

はじめてママの強い味方!