伊藤 健太郎

「なぜ生きる」の答えに科学哲学で迫るフィロソファー

昭和44年、東京都生まれ。東京大学大学院修士課程修了(専攻 科学哲学)。哲学者。
趣味は読書、映画鑑賞。柔道初段も持つ。

読者へのメッセージ

何も信じられなくなった今日、真の希望があるとすれば、「なぜ生きる」の答えではないでしょうか。
私たちは何のために生まれ、生きているのか。どんなに苦しくとも、なぜ生きねばならないのか。生きる意味も理由もわからぬまま、いくら生活が便利になり、経済が繁栄しても、それがそのまま幸せといえないことは、日本が身をもって学んだことです。
試験を乗り越え、就職難をくぐり抜け、結婚、マイホーム、子育て、ローンの返済。その先に、どんな光があるのでしょう。自分や家族が癌になるやら、認知症になるやら、介護や年金の心配も絶えません。想定外の災害や、テロの不安もあります。昔も今も、心の中は戦争状態です。
「頑張れば幸せになれる」「上を向いて歩こう」というフレーズは、右肩上がりだった昭和の一コマでは通用しましたが、今は空しく響きます。日本でも格差が広がり、いわゆる貧困層の割合が増えました。家庭の事情で夢を捨てた少年少女に、生きる希望を与えるのは、大人の役目です。それには、「そのうち、いいことがあるよ」という、根拠のない励ましは無効でしょう。
努力の報われる保証は、どこにもないのに、なぜ学校や塾に通うのか。リストラや倒産に脅えつつ、何のために働くのか。生きる目的がわからなければ、自殺を止めることも、テロに走る若者を諭すこともできません。
「なぜ生きる」の答えを知れば、勉強も仕事も「このためだ」と目的がハッキリしますから、すべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になります。病気がつらくても、人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、「大目的を果たすため、乗り越えなければ!」と〝生きる力〟が湧いてくるのです。
時代と国を問わず、子どもから大人まで、最も大事な「生きる目的」を論じた拙著『なぜ生きる』は、幸い広範な読者に迎えられました。
朝の来ない夜はありません。どんな人にも、「人間に生まれて良かった」と喜べる日が、必ず来ます。
拙著が、幸せな人生の入り口になれば、望外の喜びです。

関連サイト

伊藤健太郎ブログ「哲学の部屋」

代表作

なぜ生きる

なぜ生きる

高森顕徹(監修) 明橋大二 / 伊藤健太郎(著)

こんな毎日のくり返しに、どんな意味があるのだろう? 忙しい毎日の中で、ふと、「何のために頑張っているのだろう」と思うことはありませんか。 幸福とは? 人生とは? 誰もが1度は抱く疑問に、精神科医と哲学者の異色のコンビが答えます。 第一部では、臓器移植、延命治療、自殺、キレる子供たちなどの直面する問題や、文学者や思想家の人生論を掘り下げるだけでなく、宇多田ヒカル、B'zらの言葉を引用しながら生きる理由を探ります。 第二部では、親鸞研究に取り組んできた著者が、親鸞の“なぜ生きるか”の解答に焦点を絞り、『教行信証』『歎異抄』を読み込むことを通して、古今東西、変わらぬ「人生の目的」を明らかにします。 ※本書の読者から最も多く寄せられた問いに答えた『なぜ生きる2』も、ぜひごらんください。 心を揺り動かす『なぜ生きる』の言葉 ・生きる力は、どこから湧いてくるのか 生きる目的がハッキリすれば、勉強も仕事も健康管理もこのためだ、とすべての行為が意味を持ち、心から充実した人生になるでしょう。病気がつらくても、人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、「大目的を果たすため、乗り越えなければ!」と“生きる力”が湧いてくるのです。(一部1章より) ・家康とゲーテの嘆き 天下を取り、征夷大将軍にのぼりつめた家康でも、「重荷を負うて、遠き道を行くがごとし」とみずからの一生を述懐する。死ぬまで、苦悩という重荷はおろせなかったというのである。無類の楽天家ゲーテでさえ、「結局、私の生活は苦痛と重荷にすぎなかったし、75年の全生涯において、真に幸福であったのは4週間とはなかった」と嘆く。(二部2章より) ・夏目漱石、芥川龍之介の苦悩 自由奔放に生きたといわれる女流作家の林芙美子も、「花のいのちはみじかくて、苦しきことのみ多かりき」と言いのこし、夏目漱石は、「人間は生きて苦しむ為めの動物かも知れない」と妻への手紙に書いている。「人生は地獄よりも地獄的である」と言ったのは芥川龍之介である(『侏儒の言葉』)。 これらの愁嘆を聞くまでもなく、「人生は苦なり」の、2600年前の釈迦の金言に、みなうなずいているのではなかろうか。(二部2章より) ・生きる目的は、金でもなければ財でもない なぜ生きる。 人生の目的は何か。 親鸞聖人の答えは、簡潔で明快だ。 「生きる目的は、金でもなければ財でもない。名誉でもなければ地位でもない。人生苦悩の根元を断ち切られ、“よくぞ人間に生まれたものぞ”と生命の歓喜を得て、未来永遠の幸福に生きること」である。(あとがき より) ※朗読CD『なぜ生きる』もあります(朗読: 鈴木弘子) シリーズ100万部突破を記念して、ついに映画化! 映画のオリジナルサウンドトラックを発売いたしました。ご希望の方は弊社(03-3518-2126)までお申し込みください。  

男のための自分探し

男のための自分探し

伊藤健太郎(著)

自分をダマすのはやめて、自由に生きよう! 自分らしく生きるとは? 自分らしく生きるとは? 本当の幸せはどこに? 永遠の問いに、21世紀の学問「科学哲学」で迫ります。 恋愛、結婚、浮気、自由、死、幸福などをキーワードに、「男」の心と体の謎に切り込んだ、全く新しい「自分探し」です。   なぜ、「自分探し」をせずにおれないのか 人は、なぜ、「自分探し」をせずにおれないのでしょうか。 それは、「今の自分は、本当の自分ではない」「このまま一生を終えてもいいのだろうか」「心から満足できることをしたい」という、ぼんやりした不安を抱いているからです。 しかも、いろいろ挑戦しても、答えが見つからず、もんもんとしている人が多いのが現実。その焦りや不安が募って爆発、暴走すると、考えられないトラブルや事件を引き起こします。 著者は、そんな若者に向かって、愛、性、結婚を例に挙げて、 「まず、汝自身を知れ」 と、呼びかけます。   女性にも、きっとプラスになる本 本書によって、多くの男性は、自分自身でも気づいていない、「男」の真実の姿が知らされるでしょう。 本当の自分を知ることが、「本当に満足のいく人生」へ向かって進むエネルギーになるのです。 では女性は読んではいけないのでしょうか? いいえ、彼氏や夫を、より深く理解するために、きっとプラスになるでしょう。