1. 新刊情報

『HSCの子育てハッピーアドバイス』のイラストレーター太田知子さんが書店を訪問

7月5日、『HSCの子育てハッピーアドバイス』のイラストレーター、太田知子さんが、大阪の書店を訪問しました。

HSCの子育てハッピーアドバイス

HSCの子育てハッピーアドバイス

明橋大二(著) 太田知子(イラスト)

よく泣く、眠らない、刺激に敏感、変化が苦手……。 「この子はどうしてこんなに育てにくいんだろう?」「私の育て方のせい?」 その悩みは、わが子が「ひといちばい敏感」という気質を持った子どもだと気づいたときから、少しずつ解消され、敏感な子を育てるうえでの知識を得て、スキルを身につければ、子育てがぐんと楽になっていくでしょう。 3年前に、『The Highly Sensitive Child』(エレイン・アーロン著)の邦訳を手掛けた明橋大二氏は、それまで日本でほとんど知られていなかったHSCを「ひといちばい敏感な子」と訳しました。 5人に1人といわれる「ひといちばい敏感な子」とは、どんな特性をもった子どもなのか、どのような育て方をすれば、伸び伸びと成長できるのか。 初めての「マンガで分かるHSC解説本」を、明橋氏の温かいアドバイスと、シリーズでおなじみ太田知子さんのかわいいイラストで、お届けします。

この日訪れたのは、大阪市のブックファースト梅田2階店、MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店などです。
太田さん自身もHSC(ひといちばい敏感な子)だったことから、書店員さんとの話にも熱が入り、各書店で色紙にサインをプレゼント。
ジュンク堂書店難波店では、話題書コーナーに、さっそく色紙を貼ってくださいました。

太田さんのオール手描きポスターもできました♪