日本人なら知っておきたい 意訳で楽しむ古典シリーズ #105

  1. 人生

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切に

今年もお歳暮や年賀状のシーズンが近づいてきました。
1年を振り返ってみると「この方にお世話になったなぁ、あの方にも……」と気づかされます。多くの方のご恩によって、今の私があるのですね。感謝です。

恩返しをする昔話は多いですが、「イソップ物語」には、こんな話がありました。
木村耕一さんの意訳でどうぞ。

ワシを助けた男

ある男が、山を歩いていると、網にからまって苦しんでいるワシを見つけました。猟師がしかけた罠(わな)にはまったのです。
必死に逃げようと、バタバタすればするほど、網が体を締めつけ、身動きができなくなります。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像1

「かわいそうに……。このワシにも、親もあれば、子もいるかもしれない。助けてやろう」

哀れに思った男は、ワシの体にからまっている網を外してやりました。自由を取り戻したワシは、青い大空へ向かって、一直線に飛び去っていきます。

数日後、この男が、農作業の合間に崖の下へ行って休んでいた時のことです。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像2

上空に大ワシが現れました。
男の頭上を、ぐるりと円を描いて回り始めます。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像3

「おや、この前のワシだな」
と思って眺めていると、ワシは、突然、男を目指して急降下し、鋭い爪で帽子を奪っていくではありませんか。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像4

「何をする。恩を仇(あだ)で返すつもりか!」

男は、叫びながら、ワシの後を追って走ります。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像5

やがて、ワシは帽子を落として、どこかへ飛び去っていきました。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像6

男は、大事な帽子を拾って、
「いたずらをするにも、ほどがある!」
と怒りながら、元の場所へ帰ってみると……。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像7

崖が崩れて、先ほどまで座っていた場所が、岩石で埋もれているではありませんか。

「ああ! ワシは、おれの命を救いに来てくれたんだ! もし、あのまま座っていたら、今ごろは岩の下敷きになって死んでいただろう……」

男は、ワシが恩返しをしてくれたことを知り、心から感謝したのでした。

いつも相手を思いやり、どんな人にも親切に接しようと心掛けている人には、必ず、よい結果が現れるのです。

(『月刊なぜ生きる』 令和元年12月号「イソップ物語 人生にこんな場面ありませんか?」 文 木村耕一 絵 黒澤葵 より)

相手を思いやり、どんな人にも親切に

木村耕一さん、ありがとうございました。

言葉が通じなくても、恩を感じて行動するワシに、心がじ〜んと温まりました。

世の中がどんなに変わっても、思いやりや親切は、幸せにつながっていくのだなと分かりました。心掛けたいと思います!

『月刊なぜ生きる』に好評連載中

意訳で楽しむ古典シリーズでおなじみ、木村耕一さんの「イソップ物語」『月刊なぜ生きる』に好評連載中です。
11月号は、「ウサギとカメ」。誰もが知っているお話ですが、木村耕一さんならではの意訳と、黒澤葵さんの表情豊かなイラストでお届けします。
お得な定期購読もあります。詳しくは、こちらをどうぞ。

【イソップ物語】ワシを助けた男〜相手を思いやり、どんな人にも親切にの画像8

意訳で楽しむ古典シリーズ 記事一覧はこちら