1. 人生

第二の人生で新しい趣味を始めるには?挑戦を阻む不安の心理を解明!

セカンドライフ、新しい趣味に挑戦したい!

誰しも、セカンドライフを健康に楽しく過ごしたいと思うもの。
第二の人生を迎えるにあたり、何か新しいことを始めようと考えておられる方も多いのではないでしょうか。

しかし、新しいことを始めるときにはストレスがかかります。
本当に新しいことを始められるだろうかと不安になって、結局チャレンジすることを諦める方もあるかもしれません。

この記事では、新しいことにチャレンジするときに感じる不安の正体を心理学から紐解きます。
不安の正体がわかれば、新しい趣味に挑戦する意欲もわいてくるはずです。

意思が弱いわけじゃない!誰にでもある挑戦を阻む壁

たとえば、あなたが健康のためにダンスを習いたいと思ったとします。
始める前は新しい挑戦にワクワクする気持ちがあるでしょう。

ところが、いざ始めようとすると、さまざまな心配事が出てくるのではないでしょうか。
体力の面でも不安を感じるし、将来のことを考えると、お金がどれだけ趣味に使えるかわからないし、周りからどう思われるだろうか、などと悩みます。

「新しいことに挑戦したい!」と心では思っているのに、なかなか行動できず、「私には無理なのかな…」と落ち込むことはありませんか?
やる気があればきっとできるはずなのに、モチベーションが足りないとか、意志が弱いと思って、自分を否定していないでしょうか?

それは決してあなただけではなく、多くの人が感じている悩みなのです。

趣味にチャレンジできない本当の理由

あなたが挑戦する勇気が出ないのには、実は心理学的な理由があります。

そもそもなぜ「自分にはできない」と思ってしまうのでしょうか?
体力が続かないからでしょうか。
資金面に不安があるからでしょうか。

体力やお金のことも、もちろん重要な問題です。
しかしこれらのことは、本当にやりたいという気持ちがあれば乗り越えられることだと思います。
体力やお金は、あくまでも表面的な理由なのです。

ついついやらない理由や、言い訳を考えてしまう本質的な理由を心理学から言うと、「コンフォートゾーンに留まりたいと思っているから」です。
それはどういうことなのでしょうか。

挑戦とは、居心地のいい場所を離れること

「コンフォートゾーン」とは、快適な領域のことで、居心地の良い状態のことをいいます。

私たちは慣れ親しんだことをしているときは、気持ちは落ち着いた状態でいられます。
例えば、住み慣れた場所に暮らしていたり、同じ職場で仕事をしていたり、趣味を始める前は、現状に留まっている時です。
そこにいる間は、不安やストレスもなく、非常に楽なので、安楽椅子に座っているような状態といえるでしょう。
これがコンフォートゾーンの中にいるということです。

反対に、私たちが何か新しいことにチャレンジするとき、ストレスや不快感を感じることがあります。
例えば、大勢の人の前でプレゼンをしたり、初対面の集まりの輪に入っていくと、緊張して体がこわばったり、気分が悪くなったり、不安に襲われることがあるかもしれません。
そのように不安になるのは、コンフォートゾーンの外へ出た状態であるといえます。

ダンスの例でいえば、初めてダンス教室に足を運ぶときをイメージしてください。
初対面の人と接する緊張、練習についていけるかという不安などを感じるかもしれません。

コンフォートゾーンから離れると、人は不安を感じますから、何もしていない現状に留まろうとします。
だからこそ、いろいろな理由をつけて挑戦するのをためらうのです。

しかし、もしあなたができることを増やしたい、変わりたいと思うのであれば、まずはコンフォートゾーンから抜け出さなければなりません。

不安を感じたら成長のチャンス!

コンフォートゾーンから出ることは、どんな人にとっても不安で、苦しいことです。
ですから新しいことに踏み出せないのは、意志が弱いのでもなければ、やる気がないからでもありません。

挑戦と不安はセットです。
不安がないというのはむしろ、まだコンフォートゾーンの中にいるということで、挑戦していないからともいえます。

誰しも、居心地のいい場所からは離れがたいものですから、きっかけがなければ挑戦しようという気持ちになりません。
そういう意味では第二の人生は、いいきっかけとなるのです。

コンフォートゾーンを出ると必ず不安が出てきますが、その不安を乗り越えることで、あなたは大きく成長し、その先で必ず新しい自分になることができます。
不安が出てきたらそれを受け入れて、これは成長のチャンスと喜びましょう。

まとめ

第二の人生に踏み出すにあたり、何か新しいことを始めたいと考えておられる方は多いでしょう。
しかし、新しいことに挑戦するのは不安だし、勇気がいります。

それは、すべての人に「コンフォートゾーン」があるからです。
挑戦する勇気が出ないと、自分は意志が弱いからだと落ち込んでしまいますが、決してそんなことはありません。

どんな人でも、新しいことを始めるのには不安がつきものです。
普段、なかなかチャレンジする気持ちになれないからこそ、第二の人生はその絶好の機会となるのです。
不安が出てくるのは新しい自分になるチャンスということですから、プラスにとらえてどんどん挑戦していきましょう!

では、どうすれば不安を乗り越え、コンフォートゾーンから出ることができるか。
具体的な方法については、また次回の記事でお伝えしたいと思います。

初回の記事はコチラ