1. 人生
  2. 心理

「自分で考えて」でメンタル崩壊!女子大生が語る、アルバイト”ビクビク”あるある5選

大学生になったら、まずアルバイトと意気込む人がほとんどです。

ところが、アルバイト先で、なぜかいつもビクビク・オドオドしてしまう悩みをもっている人がいます。

もしかしたら、あることが原因になっているかもしれません。それは一体なんでしょうか?

現役女子大生のHさんに、バイトでのビクビクあるあるについてインタビューをしました。

あなたも共感するエピソードかも??

バイトで”ビクビク疲れ…”あるある5選!

  1. 女子大生のHです。アルバイトは友達がしているのに、してないのも変かなと思って始めました。家の近くのお好み焼き屋で働いてます。

※写真はイメージです

①先輩のちょっとしたつぶやきで、メンタル崩壊する。。。

バイト始めたばかりのころの話です。

飲食業は、お水や食事を出したり、お会計したり、片付けたり、と覚えなきゃいけないことがたくさんあります。
もうそれだけで頭がパンパンになってしまいます。

それで、やるべきことの優先順位が全然つけられず、何をしたらいいか分からなくなり、焦りがちです。

先輩は忙しく動いているのに、自分は何もできなくて、すごく申し訳ない気持ちによくなっていました。
ここまで何もできない自分にショックを受けていたんです。

なんとかしないとと思って、勇気を振り絞って先輩に聞きました。

「次に何をしたらいいですか?」

すると、忙しく動き回っていた先輩が私を見てひとこと。

「忙しくて、全部は見きれないよ。自分で考えて動いて」

そのつぶやきを聞いた瞬間、泣いてしまっていました。

何もできなくて、本当に申し訳ない、という謝罪の気持ちと
自分で考えてと言われても分からないという困惑で、パニックになりました。

先輩も怒ったわけではなく、ちょっとした一言だったんですが、過剰に受け止めてしまったんですよね…。

だから、初めての給料をもらったときは、何もできなかったのにお金をもらうことが申し訳なさすぎて、まったく喜べなかったです。

②人が怒られていると、自分も怒られているようで凹む。。。

私より、少し先に働き始めた、T君という大学生がいます。

ある時T君が、たくさんの刻まれたネギが入ったタッパーを落として、先輩に叱られていました。
先輩は、いつも刻んでいるネギを、無駄にされたことが許せなかったみたいです。

でもT君はすぐに謝らなかったんです。

すると、先輩がエスカレートして、

「お前、何を考えてるんだ!なんだその態度は!」

と怒鳴りました。

私は隣にいただけでしたが、このとき先輩が本当に怖かったです…。

私が怒られているんじゃないか、と受け止めてしまいました
今も、思い出しただけで怖いです。

怒られている時はちょうど、車に乗っていて、人とぶつかりそうになった時の「ヒヤッ」とする感じと似ています。
他の人が怒られている話を聞くと、この「ヒヤッ」する感覚を私も感じてしまうんです。。。

③他人の目が気になって、大きな声が出せなくなる。。。

みんなハキハキ挨拶をする活気のあるお店にいました。

私も私なりにがんばって、「いらっしゃいませ」と言っていました。

…けど、よく「声が小さい!」と言われていました。
「いらっしゃいませ」っていう声が、お客様には届いてなかったようです。

私は昔から大きい声を出すのが、すごく苦手でした。
「他の人にどう思われるかな」って思うと、緊張して、声が出なくなるんです。

だから声を出そうとするときは、本当に恥ずかしい気持ちでやっています。

それで私なりに精一杯やったつもりでしたが、それでもダメだったようです。。。

④時計の音にも反応してしまう私。。。

お客様がお好み焼きを食べるとき、コテをよく落とされてる時があります。

そのときに、ガシャーンと大きな音がするんです。

これを聞くと、体がビクッとしてしまい、体が硬直してしまいます。。

大きな音ならまだしも、小さな音にも反応してしまいます。

製氷機に氷ができて、落ちてくるときにカタカタッという些細な音にも、驚いていました

さらには時計の音も、すごく気になってしまう私でした。。。

⑤「お店に迷惑がかかるのでは?」辞めたいけど、辞められない。。。

アルバイトを辞めたいと思う時は何度も、ありました。

理由は、喘息も持っているので、店内のタバコの空気を吸うことが辛かったからです。
あと仕事の量も多いので、このまま仕事をこなせるか、続けていけるのかと、不安に思ったからです。

けれど、アルバイトに入れる人も少ないので、「もし私が辞めたら、このお店はどうなるだろうか」ということまで考えてしまいます
そうすると、辞めるなんて、絶対に言い出せません。

もし「アルバイトを辞めます」と伝えると、必ず店長から理由を聞かれて、強く説得されるかもしれないと、想像しちゃうと、とても怖いです。

だから、未だに辞められず、続けています。。。

もしかしてHSPが原因?

アルバイト先で仕事をする中で、他の店員さんとは違う、自分自身に違和感を覚えたHさん。

「人の言葉を深く受け止めてしまう」「怒られている人がいると共感する」「義務感が強く辞めることができない」
もしかしたら、HSPの性質が原因かもしれません。

HSPとは一体、何でしょうか?

次回以降も、HSPの実体と、Hさんが大学生活で感じた悩みに、より迫っていきたいと思います。

関連記事


関連書籍

生きづらいHSPのための、自己肯定感を育てるレッスン

生きづらいHSPのための、自己肯定感を育てるレッスン

高木のぞみ、高木英昌(著)