カフェで楽しむ源氏物語-Genji Monogatari #23

  1. 人生
  2. その他

源氏物語(23)みじめな晩年は誰のせい? 光源氏を憎んだ弘徽殿大后【少女の巻】

こんにちは。国語教師の常田です。
弘徽殿大后は、源氏物語の中では悪女の典型として登場します。一方で、「言うことはもっともなことばかり」と評する人も。
あなたなら、どう味わいますか?

隠居の身

弘徽殿大后は、光源氏の父・桐壺院の最初の妃で、朱雀院の母親です。
もうすっかり年を取って、隠居生活を送っています。

その弘徽殿大后のもとを、ある日、冷泉帝が源氏とともに訪ねてきました。
といっても近くで用事をすませたついでの訪問です。

弘徽殿は、
「今はこのように年を取って何もかも忘れてしまいましたのに、かたじけなくもこうして見舞いに来てくださったので、改めて昔の桐壺院の時代が思い出されます」
と泣きます。

あなたたちが来たおかげで、自分が最も輝いていた時代を思い出し、かえって今がみじめで悲しくなった、というわけです。

冷泉帝は、そんな継母の弘徽殿大后を立てながら、
「私は頼りにしていた母に先立たれて嘆いていましたが、大后様にお目にかかれて慰められました。これからは時々おうかがいします」
となだめます。

しかし光源氏は、
「次の機会は、今日のようなついでではなくうかがいましょう」
と取ってつけた儀礼的な挨拶だけでした。

弘徽殿を心配する気など、さらさらありません。

簡単な言葉を交わして、2人はあわただしく帰っていきました。

最高権力者として、わが世を謳歌する源氏の姿を目の当たりにし、弘徽殿の胸には苦々しい思いが広がります。

「ああ、あの男の天下を取るべき強運は、私の力では消せるものではなかったわ…」

あらゆる手で

弘徽殿と光源氏の30年にわたる確執。
その始まりは、源氏の母・桐壺の更衣の入内(じゅだい)でした。

大貴族の家に生まれた弘徽殿は、それまで桐壺院からも大切にされ、息子も生み、順風満帆な日々を送っていました。

ところが、自分より格段に身分の低い更衣に桐壺院の寵愛を独占されるや、状況が一変してしまいました。

元来、帝は公平に妃を愛すべきであり、身分の高い妃は重んじられるのが常識でした。

プライドも高く、勝ち気な弘徽殿は、桐壺院に怒りをぶつけ、行動に及びます。

桐壺の更衣の、行く手も帰り道も阻んで、廊下で身動きできなくしたり、廊下に汚物をばらまいて、そこを通って桐壺院と逢う更衣が、耐えきれぬ恥ずかしさで苦しむようにしたり…。
ありとあらゆる方法で、徹底して更衣をいじめ抜き、死に追いやりました。

悪業の結果は

そして、更衣の遺児・光源氏や、後に入内した更衣そっくりの藤壺(冷泉帝の母)も敵視し続けました。
やがて、息子(朱雀帝)が帝位に就くと、弘徽殿が実質的に権力を握りました。

今度は、息子が寵愛する女官とのスキャンダルを理由に、光源氏を都から追放。隙あらば、藤壺・冷泉帝母子も追い落とそうとねらっていたのです。

こうして権力を振りかざし、気に食わぬ相手を徹底攻撃してきた結果はどうなったでしょう。

追放したはずの光源氏はわずか3年で帰京し、敵視してきた冷泉帝が即位すると、完全に形勢が逆転してしまいました。

帝の後見として威風堂々とした源氏に対し、晩年を迎えた弘徽殿には、耐えがたい悔しさとみじめさしかありません。

その後も弘徽殿は、
「私が勢い盛んだった頃に戻りたい」
とワガママを言っては息子の朱雀院を困らせ、表舞台から去っていきます。

 

連載を読む