内容紹介

三国志の定番、吉川英治の名作を、単行本で大きな活字で味わいたい、という読者の要望に応え、全10巻を順次刊行。 『三国志』は、ただの娯楽小説ではない。「人間とは、何か」を、深くえぐり、考えさせる力を持っています。 初めて吉川文学に触れる人は、読書がますます楽しくなることでしょう。 かつて胸躍らせて『三国志』を読みふけっていた人には、再びあの感動を、読みやすい大きな文字でお届けします。

内容紹介

英雄も病にはかてない。豪勢な宮殿を造り、天子に並ぶ権力を誇っていた曹操も、重態に陥った。 家臣が厄払いを勧める。天下の道士を集めて祈祷を命じてはどうか、と言う。曹操は苦笑しながら、 「日々千金を費やすとも、天命ならば一日の寿も購うことはできまい。(中略)世のもの笑いであろう。無用無用」 と退けた。涙雨のごとく頬をぬらし、やがて最期の息を終わった。 百難を克服する英雄の姿に、いつまでも死なないような錯覚を抱きがちだ。しかし、劉備、関羽、張飛も、次々に亡くなっていく。 「人々の胸へも云わず語らず、人間は遂に誰であろうとまぬがれ難い天命の下にあることを、今さらのように深く内省させた」 小説を書きながら、吉川英治は、私たちにも内省を求めている。

1巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻も好評発売中。

目次

出師の巻

骨を削る/建業会議/呂蒙と陸遜/笠/荊州変貌/鬢糸の雪/月落つ麦城/蜀山遠し/草喰わぬ馬/国葬/成都鳴動/梨の木/曹操死す/武祖/七歩の詩/私情を斬る/改元/蜀また倣う/桃園終春/雁のみだれ/呉の外交/この一戦/冬将軍/尉霊大望/一書生/白帝城/石兵八陣/孔明を呼ぶ/遺孤を託す/魚紋/蜀呉修交/建艦総力/淮河の水上戦/南蛮行/南方指掌図/孟獲/輸血路/心縛/孔明・三擒三放の事/王風羽扇/毒泉/蛮娘の踊り/女傑/歩く木獣/藤甲蛮/戦車と地雷/王風万里/鹿と魏太子/出師の表