1. 人生
  2. 健康

【医師が教える】アトピー性皮膚炎を見分ける簡単なチェックポイント

赤ちゃんや、小さなお子さんは、すぐに口のまわりが赤くなったり、肌にブツブツや、かぶれができたりしますよね。

しばらく経っても良くならないと、「もしかしてアトピーかも?」と、心配になってしまいます。

そんなとき、家庭でもできる簡単なアトピー性皮膚炎のチェックポイントを、皮膚科専門医の花川博義先生にお聞きしました。

「病院に連れて行っても、幼児湿疹と言われたり、アトピーと言われたり。医者によって言うことが違う」

「続けて通院したけど、結局、病名がハッキリしなかった」

『あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎 ~どうすれば治る? 子どもも親も楽になる正しい治療法 良医・名医の見つけ方』から、これらの悩みに答えられた部分を特別にご紹介します!

アトピーに悩む、たくさんの人たちを診てきたからこそ断言できる言葉の数々に、納得と勇気をもらえるに違いありません。

(1万年堂ライフ編集部より)

あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎

あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎

花川 博義

「この子はアトピーなの?」「どうしてなったの?」「いつ治るの?」「ステロイドは塗りたくない」「ネットで見つけた治療を試していい?」…… 「子どもの10人に1人」といわれるほどメジャーな病気にもかかわらず、アトピー性皮膚炎ほど、諸説が入り乱れた病気はありません。 情報の氾濫で混乱をきたしている今だからこそ、「普通の治療で治る」ことを伝えたい、という思いから、アトピー治療を得意とする皮膚科専門医が筆を執りました。 これまでに診察室で受けた質問疑問に、1つ1つ、分かりやすくアドバイスします。 完治までの見通しがつき、心が軽くなる1冊です。

これってアトピー?「あせも」「小児湿疹」と診断されることも

「うちの子はアトピーですか?」

診察室で、よく受ける質問です。アトピー性皮膚炎かどうかのチェックポイントは3カ所です。

「首」「ひじの内側」「ひざの裏」

主にこの3カ所が、赤くて、かゆかったら、アトピー性皮膚炎の可能性が高いです。逆にいえば、この3カ所がキレイならば、アトピー性皮膚炎でないといえます。

アトピー

ところが、行く病院によって「アトピーです」と言われたり、「アトピーではありません」と言われたり、診断が異なることがあります。「どっちが本当なの?」と、不安&不審感がつのることでしょう。

このような病名のブレは、どうして起きるのでしょうか。

ある検査の値が、〇〇以上ならアトピー、〇〇以下ならアトピーでない、とクッキリ分けられるものではありません。検査値も参考になりますが、基本は皮膚を見て診断します。

アトピーは季節や時期によって、よくなったり、悪くなったりする病気です。

症状のひどい時に病院に行くとアトピーと言われ、キレイな時に受診すると、「アトピーではなく、あせもです」と言われるのは、そのためです。

病名に一喜一憂しないで

「小児湿疹」「小児乾燥性湿疹」という便利な皮膚科用語があります。

「アトピーです」と医者から言われ、「ガビーン、うちの子はアトピーだったのか」と、ショックを受ける人が多々あります。それを危惧して、軽症のアトピーを「小児湿疹」と説明する医師がいます。

一方、全て「アトピー」と説明する医者もいます。

アトピーと言われたから病気が長引くのでもなければ、小児湿疹と言われたから、早く治るのでもありません

病名に一喜一憂するのは、あまり意味がないのです。

時期や医者によって、診断が変わる場合、安心してください。症状が軽いということの裏返しであり、早く治ることが期待されます。

また、「アトピーなのか、アトピーでないのか」早く白黒つけて、その治療をしなければ治らない、ということはありません。

アトピーか小児湿疹か、病名によって治療が変わるのではなく、症状の程度に応じて治療が選ばれるからです。

目次を一挙ご紹介!

『あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎』には、こんな内容が紹介されています。これまで疑問だったアトピーのことがよく分かり、正しい治療へと導いてくれる1冊です。

1章 アトピー性皮膚炎を取り巻くナゾ

  1. アトピーはかゆみとの闘い ~皮膚炎が、さらなるかゆみを引き起こす
  2. これってアトピー? 「あせも」「小児湿疹」と診断されることも
  3. アレルギー検査をすれば、原因が分かるのでしょうか
  4. 治療のヒントは「鼻」にあり。天然のアブラがお肌を守る
  5. 大発見! 遺伝子で解明された、皮膚の大事なバリア機能
  6. アレルギーマーチを予防するには、お肌の放任主義はいけません
  7. 塗り薬は先手必勝!「モグラたたき」ではよくありません
  8. 治らない理由は、「塗る量」が少ないのです
    コラム 薬は少なくなると、効きめが弱くなる?
  9. いつ発症して、いつ治るのか。見通しをつけておくと安心です
  10. 「治った」に二つある。まずは第一ゴールを目指しましょう

2章 ステロイドは怖い薬ですか?

  1. よくある誤解①「塗った所が黒くなる」 ~黒くなるのは、ステロイドのせいではありません
  2. よくある誤解②「使い始めるとやめられなくなる」 ~上手に使えばとても便利な薬です
  3. よくある誤解③「副作用が怖い」 ~怖くありません。「副作用かな」と思ったら、医師に相談を
  4. 「脱ステロイド」ではなく、「卒ステロイド」を目指しましょう
  5. 塗り分け不要。これ一本! 新薬「タクロリムス」の特徴と上手な使い方
    コラム パパに薬を塗ってもらおう

3章 治療のあれこれ

  1. みんなの皮膚にすんでいるブドウ球菌の脅威 ~夏型アトピーには「1デイ2シャワー」
  2. 強さが同じでも効きめが違う ~塗り薬には相性があります
    コラム ジェネリックと先発品の違い
  3. 二千年の経験の集大成 漢方薬の上手な使い方
  4. 玉石混交。試してもいい民間療法の見分け方三つ
  5. 症状の悪化を防ぐ、凄ワザ、裏ワザ、隠しワザ
  6. アトピーの人がなりやすい目の病気 ~年に一度は眼科で検査を
  7. アトピーの人は、とびひ、みずいぼにもなりやすい

4章 良医・名医にかかるには

  1. 近所の医者に「しっかり」診てもらうためのポイントは?
  2. 良医でも、「持ち時間」が少なければ、力を発揮できません
  3. 皮膚のことは、やっぱり皮膚科。医者と病院選びのヒント
  4. 短い診療時間を最大限に活かすには ~医師に言いたいことを、あらかじめまとめておくとスムーズです
  5. あなたの良医・名医は案外近くにいるかもしれません

5章 アトピーっ子を持つ親の立ち位置

  1. タッチングケアの幸せな効能 ~薬を塗るのも親子の大切なスキンシップです
  2. 子どもを責めない、親も自分を責めない
  3. 親の役割は、ともに苦しむことではなく、子どもを支えること
  4. 子どもの訴えを受け止める。それだけで、子どもは癒やされるのです
  5. 親も子も、心が楽になる心の持ち方 「アナタはアナタ。私は私」

あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎

あんしん健康ナビ アトピー性皮膚炎

花川 博義

「この子はアトピーなの?」「どうしてなったの?」「いつ治るの?」「ステロイドは塗りたくない」「ネットで見つけた治療を試していい?」…… 「子どもの10人に1人」といわれるほどメジャーな病気にもかかわらず、アトピー性皮膚炎ほど、諸説が入り乱れた病気はありません。 情報の氾濫で混乱をきたしている今だからこそ、「普通の治療で治る」ことを伝えたい、という思いから、アトピー治療を得意とする皮膚科専門医が筆を執りました。 これまでに診察室で受けた質問疑問に、1つ1つ、分かりやすくアドバイスします。 完治までの見通しがつき、心が軽くなる1冊です。

医者による正しい医療情報をお届けする「あんしん健康ナビ」シリーズ。花川先生の本は、昨年10月に発刊した、『皮ふと健康 おトク情報』に続く第2弾です。

関連書籍

あんしん健康ナビ 皮ふと健康 おトク情報

あんしん健康ナビ 皮ふと健康 おトク情報

花川 博義

皮膚といえば、全身のお肌から髪の毛、爪の先まで、カバーする範囲は広く、それだけ多種多様なトラブルがあります。 本書では、間違った常識や知識が引き起こす病気を紹介するとともに、正しい予防と対処法、知っているだけでトクする情報をお届けします。 薄毛、シミ、シワ、水虫、タコ、にきび、体臭など、今悩んでいる人はもちろん、悩みたくない人にも役立つ内容が満載です。 健やかな肌を保つための、皮膚科専門医お勧めの健康法も必見!

子育てハッピーアドバイス もっと知りたい小児科の巻2

子育てハッピーアドバイス もっと知りたい小児科の巻2

吉崎達郎 / 明橋大二ほか(著) 太田 知子(イラスト)

第2弾はさらに充実!! 9人の医師が答えます もっと知りたいという声が多かった、アレルギー、アトピー性皮膚炎、中耳炎、 花粉症、虫歯、近視、子どもによくある感染症、発達障害などの質問に答えています。 小児科の吉崎達郎先生、スクールカウンセラーの明橋大二先生と、 耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科の専門の医師がアドバイス。 今心配なことだけでなく、これからのためにも、知っておきたいことばかり。 すぐ読めて、よくわかる! 第1弾と合わせて、手元に置いておきたい1冊です。

「アトピー性皮膚炎」の他の記事はこちら

他のお悩み解決記事もチェック!

人生相談レッスン(無料)はコチラ