1. 人生
  2. 健康

【2019年版】専門医の教える花粉症対策。手軽で安い“意外な方法”で花粉を撃退!

毎年多くの人を苦しめる花粉症。

有効な花粉症対策は1つでも多く知っておきたいですし、薬を飲む適切なタイミングも知っておきたいですね。

すぐに実行できる花粉症対策について、『あんしん健康ナビ 花粉症・アレルギー性鼻炎』の著者である耳鼻咽喉科医の徳永貴広先生にお聞きしました。

年も明けて冬まっただ中、春が待ち遠しい季節になりました。
でも、春が来るのがいやだなと思っている人も多いのではないでしょうか。
そう、春はスギ花粉の飛ぶ季節でもあるのです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、のどのかゆみ。想像しただけで今からゾーッとするという方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに花粉症対策を今からお教えしましょう。
今年の花粉飛散の動向はどうなのか、そして意外な対策法とは何か
これを知れば、あなたの花粉症ライフは今までより楽なものになるでしょう。

まずは敵を知ること。今年はどれだけ飛ぶのか

今年のスギ花粉は、例年(過去10年の平均)の飛散数と比べてやや多めと予想されています。

2019年春の花粉飛散予測(第2報) – 日本気象協会 tenki.jp より引用)

しかし、スギ花粉の飛散量は年によってかなり変動があり、多い年の翌年は少なく、少ない年の翌年は多い傾向にあります。

昨年(2018年)と比較をすると、東北から北陸にかけての日本海側、西日本の一部では、昨年の飛散量を上回る見込みです。
多いところでは昨年の約2倍の花粉が飛ぶという予想です

2019年春の花粉飛散予測(第2報) – 日本気象協会 tenki.jp より引用)

「昨年は大丈夫だった」という人も、今年は多く飛ぶかもしれませんから「今年も大丈夫だろう」と思わず、しっかり準備をしましょう。

スギだけではない春の花粉症

スギ花粉症の8割の人は、ヒノキ花粉症にもなっているといわれています。スギの花粉とヒノキの花粉は同じような形をしているからです。

ヒノキの花粉飛散は東日本よりも西日本に多い傾向がありますが、昨年は東日本の東京で、例年の4倍という過去最高のヒノキ花粉飛散量となりました。

スギ花粉は4月下旬には終息しますが、ヒノキは遅れて飛びます。
ゴールデンウイークになっても症状がある方は、ヒノキ花粉症の可能性が高いです
スギの時期が終わったからと油断せず、対策に心がけましょう。

花粉を寄せ付けない方法、ワセリンの効果

花粉を寄せ付けないためにはマスクとゴーグルが必需品です。
マスクやゴーグルを使うことで、鼻や目に花粉が入ることをかなり防ぐことができます。

しかし、仕事上の制約があったり見た目が気になったりして、マスクやゴーグルができない人も多いと思います。
またマスクやゴーグルだけではもの足りず、もっと花粉をブロックしたいという人もいるかもしれません。

そんなあなたにお勧めなのは「ワセリン」です。
ドラッグストアで安価で購入できるワセリンは、軟膏薬の主成分になっているもので、皮膚の保湿剤としても用いられます。

そのワセリンを鼻の入り口や目の周りに塗ると、花粉がワセリンにくっついて、それ以上奥へ入りにくくなります

またワセリンが花粉をコーティングして、アレルギー物質が出てこないようになります。

ワセリンは目や鼻の中に入っても安全ですし、見た目を気にせず花粉をブロックできる優れものです

舌下免疫療法はシーズンオフに

最近注目されている舌下免疫療法は、スギ花粉症に対して効果のある治療ですが、花粉飛散シーズンには、治療を開始することができません

6月から12月に治療を開始することが推奨されています。
これについては、以下の記事をごらんください。

次回は、薬はいつからのめばいいのか、「絶対に忘れない日!」をご紹介します。

花粉症の時期は本当に大変ですが、うまい花粉とのつきあい方を探すことで比較的楽に過ごすことができます。

あなたのライフスタイルにあった花粉対策を、ぜひ探しだしてみてください。

花粉症対策について詳しくは

あんしん健康ナビ 花粉症・アレルギー性鼻炎

あんしん健康ナビ 花粉症・アレルギー性鼻炎

徳永貴広(著) 藤枝重治(監修)

次の記事を読む