日本人なら知っておきたい 意訳で楽しむ古典シリーズ #125

  1. 人生

ピンチを切り抜ける秘訣とは? 〜『竜馬がゆく』高杉晋作、『三国志』馬超より

壁にぶつかった時、どう乗り越える?

最近、世の中の変化が激しいなと感じます。
変化してよくなればいいのですが、状況が変わって壁にぶつかることもあります。
壁にぶつかると「困った」「どうしよう」とあたふたしてしまい、なかなか前に進みません。
壁にぶつかった時、先達はどう乗り越えたのでしょうか?
木村耕一さんにお聞きしました。

「困った」「もうダメだ」は、決して言わない

──人生には、壁にぶつかることがあります。その時、どんな心構えを持てば、乗り越えられるのでしょうか?

はい、生きていると、大なり小なり、壁にぶつかることがあると思います。
そんな時、先達はどうしたのか、歴史上の人物に学んでみたいと思います。

まず、『竜馬(りょうま)がゆく』に登場する高杉晋作(たかすぎしんさく)が、実に爽快な言葉を残していますよ。

高杉は、「長州の天才児」「雲に乗った孫悟空」といわれるほど、何度も、絶体絶命のピンチを切り抜けました。その秘訣(ひけつ)は、何だったのでしょうか。

彼は、
「困った、ということを金輪際いわない」
と答えています。

──え!? 私は「困った」を連発していました!

どんなことでも、熟慮してから行動し、後で困らないようにしておきます。
それでも窮地に陥ったならば、後ろ向きな発言をしないようにします。

「必ず乗り越えてみせる」と、前向きな気持ちを持ち続ければ、意外な方向に活路が見えてくるのです。

この現象を、古来、「窮(きゅう)すれば通(つう)ず」といわれてきました。

──「窮すれば通ず」とは、昔からの生きる知恵なんですね。

そうですね。
反対に、「困った」「もうダメだ」などと、後ろ向きな言葉や愚痴(ぐち)を言ったらどうなるのでしょうか。
高杉は断言しています。

「そうなれば窮地が死地になる。活路が見出されなくなる」
「死地におちいればそれでおしまいだ。だからおれは困ったの一言は吐かない」
(司馬遼太郎著『竜馬がゆく』)

──どこまでも、前向きに……。かっこいいですね。

また、吉川英治(よしかわえいじ)の『三国志』にも、こういう場面がありますよ。

西涼(せいりょう)の猛将・馬超(ばちょう)が、魏(ぎ)の曹操(そうそう)軍に包囲され、殲滅(せんめつ)の危機に瀕していました。
敵の矢が無数に降り注ぎ、味方は、次々に倒れていきます。
それでも馬超は、猛牛のように奮戦していました。

しかし、敵の数が圧倒的に多いのです。
さすがの馬超も全身に傷を負い、限界を感じ始めていました。

「ああ、もうダメだ」という思いが、一瞬、脳裏をかすめますが、すぐに振り払いました。
「いかん! あきらめたら最後だ」
自分を叱咤(しった)し、再び立ち上がったのです。

すると間もなく、思いも寄らぬ方角から援軍が現れるではありませんか。間一髪で、一命を取り留めたのでした。

吉川英治は、
「(もう駄目)それをふと、自分の心に出した時が、人生の難関は、いつもそこが最後となる」
と書いています。

もし馬超が、後ろ向きな思いに負けていたら、後に、劉玄徳(りゅうげんとく)に従い、蜀(しょく)の五虎大将軍の一人として活躍することもありませんでした。

絶体絶命のピンチや窮地を、チャンスに転じるか、死地にするかは、心の持ち方ひとつにかかっている、といえますね。

(『新装版 こころの道 〜ものの見方、考え方ひとつで、新しい風が吹いてくる』木村耕一編著より)

ピンチをチャンスに転じる

木村耕一さん、ありがとうございました。
ピンチをチャンスに転じるのは「心の持ち方ひとつ」とお聞きし、元気が出てきます。
しかも、先達の乗り越えた「壁」は、私の「壁」よりも、はるかに高かったです!
そんな「壁」を乗り越えてきた人たちがいた、と知ると、生きる勇気がわいてきました。

吉川英治『三国志』を大きな文字で

『三国志』の定番、吉川英治の名作を、単行本で大きな活字で味わいたい、という読者の要望に応え、全10巻を刊行。

スケールの大きな構想、美しさ、リズム感、臨場感のある文章は、吉川英治の『三国志』の大きな魅力です。
成功し、失敗し、泣き、笑い、苦労する登場人物の姿には、生きるヒントがあふれています。
あの感動を、読みやすい大きな文字でお届けします。

吉川英治『三国志』は、
お近くの書店にてお求めください。
ご自宅へお届け希望の方は、
電話: 0120-975-732(通話無料)、
または、思いやりブックス(本の通販)に
お問い合わせください。

ピンチを切り抜ける秘訣とは? 〜『竜馬がゆく』高杉晋作、『三国志』馬超よりの画像1

「古典を楽しむ」好評連載中

木村耕一さんの「古典を楽しむ」は、『月刊なぜ生きる』に好評連載中です!
4月号『百人一首』「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」を掲載。夜空に輝く月を、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)は、どんな思いで眺めていたのでしょうか。木村さんの意訳と解説をお楽しみください。
詳しくは、こちらからどうぞ。

ピンチを切り抜ける秘訣とは? 〜『竜馬がゆく』高杉晋作、『三国志』馬超よりの画像2

意訳で楽しむ古典シリーズ 記事一覧はこちら