1. 人生

『なぜ生きる』を試し読み

「1万年堂出版の書籍試し読み」へようこそ。人生が深まる、生き方が豊かになる本に触れてみてください。
心が和むイラストや写真とともに、古典の名著からの一言を、毎週1回お届けするLINE公式アカウントも開設。友だち追加をすると配信されます。無料です。
友だち追加

こんな毎日のくり返しに、どんな意味があるのだろう?

忙しい毎日の中で、ふと、「何のために頑張っているのだろう」と思うことはありませんか。
苦しくても生きねばならぬ理由は何か。
人生の目的はあるのか、ないのか。
シリーズ100万部突破のベストセラー『なぜ生きる』。
美しい写真や達人の書も掲載し、癒やされた、読みやすいと好評です。
「生きる勇気がわく」「命の重さが知らされた」と大反響の『なぜ生きる』を、試し読みでどうぞ。

読者の皆様からのお便りを紹介します

◎新潟県 52歳・女性
 人生半ばを過ぎて、子供も成長し、いざ自分のことを考えると、これから先、何を目標にしてゆけばと、不安とむなしさだけが残ります。
 そんな時、この本に会いました。まさに、私が迷っていた道を切り開いてくれました。何度くり返して読んでもすばらしい!

◎埼玉県 60歳・男性
 組織人としての人生の最終章で、この本との出会い、目からうろこ、と申しますか……! わが人生の再出発(二度目の青年を目指して)の必読書となりうる本である!!

◎広島県 21歳・女性
 今までがんばってきたことは何だったのか、分からなくなり、生きる目標を見失っていました。この本に出会い、読んでいくうちに、少しずつ、もう一度、人生をリセットして、前向きに生きてみようという気持ちになりました。この本に出会えて本当に良かったです。

◎神奈川県 53歳・男性
 私は五回も大病しました。
「なぜ生きなければいけないのか?」と疑問に思っていた時に、この本を見つけました。ものすごい衝撃が走りました。ほとんど自分に当てはまることばかり!生きる勇気、元気が出ました。

◎島根県 12歳・女子
 中学生になってから、友達関係などで、つらいことが続いており、もう死にたいと思っていた時、父が私にこの本をくれました。
 この本は私に生きる力、勇気をくれました。この本のおかげで私の気持ちは救われました。

◎山口県 62歳・男性
 定年退職して、ふと自問したのであります。自分は何のために生きているのか?
 人生に自信をなくしていた時、この本を購入しました。一回、二回と読んでいると、心もおだやかになりました。これからの人生に役立つと、確信しております。

◎島根県 70歳・女性
 ラジオ朗読で本書を知り、心ひかれました。悩み、悲しみ、落ちこむ毎日。長くて暗いトンネルの先に光が見えてきた思いです。これから先、何度となく読み返すことでしょう。とてもよい本に出会いました。



子供から大人まで、多くの人に勇気と元気を与えている書籍です。
発刊から18年たった今でも多くの方に読まれています。
忙しい日々のなか、ちょっと立ち止まって、「なぜ生きる」、考えてみませんか?
『なぜ生きる』のお求めは、
お近くの書店や、弊社まで(TEL: 03-3518-2126)
お問い合わせください。


LINE公式アカウント開設

意訳で楽しむ古典シリーズのLINE公式アカウントを開設しました。
古典の楽しさをより知ってもらえるような記事を、週に1回を目安に配信します。
登録は無料です。
下のボタンから友だち追加をしてみてください。
友だち追加


朗読版も好評発売中!



朗読CD なぜ生きる

大反響の『なぜ生きる』を、映画やテレビで活躍中の鈴木弘子さんが、約8時間かけて全編朗読しました。美しい化粧箱入りで、プレゼントにも最適です。

朗読CD『なぜ生きる』

朗読CD『なぜ生きる』

高森顕徹(監修) 明橋大二 / 伊藤健太郎(共著) 鈴木弘子(朗読)


『なぜ生きる2』の試し読み

こちらから『なぜ生きる』の続編、『なぜ生きる2』の試し読みができます。


他の書籍も試し読み

1万年堂出版の書籍は他にどんなものがあるの?
他の本も少し見てみたいのだけど……
という方へ。
意訳で楽しむ古典シリーズと、人生を考えさせられる書籍の試し読みをどうぞ。
こちらからあなたにぴったりの本を探してみてください。


耳で読もう!朗読版シリーズ

長時間の読書は眼が疲れて……
心静かに朗読を聞きたい……
という方にオススメの朗読版シリーズ!
朗読は映画やテレビで活躍中の鈴木弘子さんです。
ベテラン声優の声で聴く、「耳で読もう!朗読版シリーズ」の試聴はこちらからどうぞ。


忙しい毎日の繰り返しに、こころを見つめるひとときを『月刊なぜ生きる』

読者の方から、「日々の生活の中で、もう少し生き方を見つめる機会が欲しい」
という声が寄せられます。
そんな声にお応えして、『月刊なぜ生きる』を発刊しています。
 ナルホド、と思う話題だけでなく、心にじんとしみる話や、時にはチョッとせつなく、キュンとなるような話をお届けします。
明日からも頑張ろう!と元気が湧くような誌面づくりを目指します。
詳しくはこちらをご覧ください。

『月刊なぜ生きる』のご紹介

令和2年1月号から、「意訳で楽しむ古典シリーズ」の『美しき鐘の声 平家物語』や、『こころ彩る 徒然草』などの著者、木村耕一先生の『歎異抄の旅』の連載も始まります。