1. 人生
  2. 健康

薬が効かない!「片頭痛」の症状と適切な治療法

しつこい頭痛でお悩みの方、たくさんいらっしゃると思います。

頭痛を早く治そうと、

「痛くなったらすぐ〇〇〇」
「早めの〇〇〇」

など、いろいろなキャッチコピーで売られている頭痛薬を飲んでいる方も多いでしょう。

これら市販の頭痛薬は即効性があり、大変良い薬だと思います。

しかし、頭痛には思わぬ落とし穴があります。それについてお話しします。

特に気をつけたい「片頭痛」の症状

慢性の頭痛持ちの方で多いのは、

  • 片頭痛:(詳しいメカニズムは解明されていませんが、血管とその周囲の微小な神経の作用で起こるといわれています)
  • 筋緊張型頭痛:肩の筋肉が凝り固まることで起こる頭痛、肩こりから来る頭痛

その他にも多くありますが、上の2つは特に多いです。

その中で特に気つけていただきたいのは片頭痛です。

すべてがそろわないことも結構ありますが、片頭痛には以下のような症状があります。

片頭痛の症状

  • 3時間~3日間持続する頭痛、何回も繰り返す頭痛発作
  • 吐き気を伴う
  • 前兆を伴う人もある
    (いつもの頭痛発作が“あ、もうすぐ来る!”というのが分かる)
    (キラキラとしたものが見えたり、見ている景色に突然、歯車のような光が見えたり、
    人によっては「どこか気持ち悪い」など)
  • 動くと痛い
  • 光を見ると痛くなる、周囲の音で痛くなる
  • 入浴や飲酒など、血管が開くようなことをすると増悪することがある

ひと言でいえば、「暗い部屋で一人、じっとしていたい頭痛」です。

頭痛薬を飲むほど痛くなる!?片頭痛の負の循環

この片頭痛をなぜ、特に気をつけていただきたいのか。

片頭痛発作は、動くと痛い、しかも光や音で痛くなる、吐き気も伴う、「じっとしていたい頭痛」です。そんな状態では、仕事や勉強どころではありません。

でも休むわけにもいかないから、やむなく頭痛薬を飲んで、何とか仕事をする。

しかし、市販の鎮痛薬はあくまで症状を取る薬で、片頭痛発作の治療薬ではありません

片頭痛発作で動けない⇒市販の頭痛薬で楽になる

この体験が月に1~2回程度ならいいですが、週に2~3日まで増えてくると、頭痛に対して敏感になるのか、「痛み止めを飲めば飲むほど痛くなる」という状況に陥る危険があります

(詳しいメカニズムは解明されていませんが、三叉神経・血管周囲の神経が過敏になる説や、痛みを抑える神経系が薬によって何らかの修飾を受ける説、ドパミン神経が持続的に活性化する説などが提唱され、ここに遺伝的要素や頭痛への不安、鎮痛薬への依存心なども関係するとされます)。

複雑な要素が絡み合うので、あくまで下の図はイメージですが、このような「頭痛薬を飲むことで、逆に痛みがひどくなった頭痛」を“薬剤使用過多による頭痛”といい、元の頭痛が片頭痛だった場合が特に多いです。

“薬剤使用過多による頭痛”の特徴としては、

  • 月に15回以上の頭痛発作
  • 頭痛薬を週2~3日以上飲んでいる
  • 以前は効いていた頭痛薬が効かなくなった
  • 頭痛薬をいくら飲んでも、前より頭痛がひどくなった。
  • 3カ月以上、頭痛薬を飲んでいる

があります。

片頭痛を悪化させない対処法 早めに医療機関での受診を

この頭痛になってしまうと、市販の鎮痛薬やアセトアミノフェンはもちろん、アスピリンやロキソプロフェンに代表されるNSAIDsという強い痛み止めも、効かないどころか飲むだけ毒となってしまいます。

片頭痛の特効薬(トリプタン製剤)でさえも、効くかどうか怪しいところで、痛み止めを休薬するのが一番の治療とされています

こうなる前に、早めに頭痛専門医、神経内科医、あるいは頭痛に真摯に向き合ってくれる医師を受診してください

片頭痛は、その診断が確かならば、

  • 適切な発作治療薬(トリプタン製剤)※高いですが片頭痛のメカニズムに合わせた薬です。いくつか種類があるので、数回通院して体に合うものを使用しましょう
  • 予防薬(心臓の拍動を抑えたり、血管周囲の神経・精神に作用する薬)※こちらは安い

これらを適切に飲んでいただくことで、発作の頻度は確実に減っていきます

トリプタン製剤は保険を使っても高い薬です。
ですが、決して、「ずっと飲み続けねばならない」という薬ではありませんので、二の足を踏まず、早めに受診するのが大切です。

片頭痛発作に対して、市販薬を一時しのぎとして飲むのはかまいませんが、発作の頻度が増えてきたら、ひどくなる前に、早めに医療機関を受診しましょう。

 

参考文献:

神経内科ハンドブック第4版 医学書院

他のお悩み解決記事もチェック! 人生相談レッスン(無料)はコチラ