1. お知らせ

『歎異抄をひらく』30万部を突破しました!

一度は読みたい日本の名著「歎異抄」を解説した『歎異抄をひらく』が、このたび30万部を突破いたしました。

「解説がとても分かりやすい」「あこがれの古典が意訳で読めてうれしい」「大きな文字で読みやすい」「読書の途中で一休みできる美しい写真に癒やされる」……
発刊から10年、さまざまな喜びの声をいただきました。

『歎異抄』は、親鸞聖人の言葉を、唯円という弟子が記したものといわれています。その思想は、「悪人正機説」として学校の教科書に載るほど有名です。

「いつかは読んでみたい」と思っている人はもちろん、「これまでいろいろな解説書を読んできた」という方にも、ぜひ手にとっていただきたいと思います。

▲蔦屋書店ひたちなか店(茨城県ひたちなか市)

▲くまざわ書店名古屋港店(愛知県名古屋市)

来年には映画化されることも決定しています。

歎異抄をひらく

歎異抄をひらく

高森顕徹(著)

親鸞聖人の言葉で、生き方、人生を見つめ直す なぜ、善人よりも悪人なのか。 なぜ、この世に、まことは一つもないと断言できるのか。 『歎異抄』には、親鸞聖人の衝撃的な言葉が、数多く記されています。それは、世界の哲学者、文学者にも多大な影響を与えたものばかりです。 『歎異抄』の謎が解けた時、私たちの幸せ観、人間観、仏教観は、一変するでしょう。 ※『歎異抄をひらく』の映画化が決定いたしました。詳細は追って公開いたします。 本書の魅力 分かりやすい現代語訳 間違いやすい部分を詳しく解説 大きな文字で読みやすい 名文を毛筆書きで楽しむ感動(書・木村泰山) オールカラーの豪華版 『歎異抄』の謎をときひらく決定版!! 『歎異抄をひらく』は、以下のような3部構成で、『歎異抄』の謎を解明しています。 第一部 原文の真意が伝わるように、できるだけ平易な【意訳】を掲載しています。 第二部 果たして、親鸞聖人の真意は? これまで、あまり世に紹介されなかったり、大きな誤解を招いたりしてきた部分の【解説】を掲載しています。 第三部 読みやすい大きな活字で、『歎異抄』全章の【原文】を、一挙に掲載しています。声に出して読みたい時、仏教を学びたい時のテキストに最適です。 『歎異抄』とは…… 大災害、戦乱の中から、何度も立ち上がってきた日本人の心の支えは、『歎異抄』にありました。 地震、洪水、飢饉、戦乱、大火……。 親鸞聖人の800年前は、生きる不安の絶えない時代でした。 人間とは? 命とは? 幸せとは? 苦しみ悩む人々へ、親鸞聖人の答えが記された書、それが『歎異抄』です。 「人類みな兄弟であり、上下などまったくない」 「善人でさえ浄土へ往生できる、まして悪人は、なおさらだ」 「この世のことすべては、そらごとであり、たわごとであり、まことは一つもない」、 親鸞聖人の言葉は、衝撃的です。 そして、絶望的な状況にあっても、「冷酷な運命に甘んじて従うのではなく、自ら未来の幸せの種をまくことができる」と強く押し出すメッセージが、日本人の精神的な支えとなり、幾多の災害、戦乱の中から、立ち上がらせてきたのです。 平成23年、日本は、未曾有の大震災に襲われました。今も、混乱のただ中にあります。たとえ建物のガレキを取り除くことができても、心の不安はなくなりません。 そんな今だからこそ、日本人に生きる力を与えてきた『歎異抄』を開いて、人生を見つめ直してみませんか。 『歎異抄』解説書の中でも、「分かりやすい」と人気を呼んでいるのが『歎異抄をひらく』です。仏教書としては異例の大ベストセラーとなっています。 『歎異抄』に魅了された人たちの声 哲学者・西田幾多郎 一切の書物を焼失しても『歎異抄』が残れば我慢できる。 哲学者・三木清 万巻の書の中から、たった1冊を選ぶとしたら、『歎異抄』をとる。 小説家・倉田百三 『歎異抄』よりも求心的な書物は、おそらく世界にあるまい。文章も日本文として実に名文だ。国宝と言っていい。 ※『朗読DVDブック 歎異抄をひらく』もあります(朗読: 鈴木弘子)。