心根育(ここねいく)

草木は、地中に根を張り、成長し伸びていきます。その根っこは見えませんが、大地にしっかり根を張りめぐらせている草木ほど、少々の雨風にも倒れず大きく成長していきます。 子どもも「心の根っこ」を張りめぐらせているほど、強くたくましく育ち、自分なりの実りを実現させます。 そしてこの「心の根っこ」とは、実は「自己肯定感(自分は大切な人間だ、生きている価値がある、と思える気持ち)」といわれているものなのです。 自己肯定感を育みながら、子どもの意欲を高める子育て法「心根育」をご紹介します。