1. 人生
  2. 健康

老眼はトレーニングで改善するのか?眼科専門医が答えます

情報の80%は目を通して入ってくるといわれます。
それだけ目に頼って生活しているので、見えなくなれば本当に困りますよね。

すべての人に共通して出てくる症状として、老眼があります。
早い人では35歳を過ぎる頃から、「近くが見えにくい」「スマホの字が見にくくなってきた」と感じるといいます。

本屋へ行けば、老眼を治すトレーニングがある、老眼が回復する方法がある、とうたった本が出ていますが、本当に老眼は治るのでしょうか?
眼科専門医の舘(小川)奈保子先生にお聞きしました。

「裸眼で遠くがよく見えている人」「近視のためメガネ、コンタクトレンズで遠くがよく見えるように矯正している人」が、手もとのスマートフォンや書類の文字を見ようとすると見えにくい。
これが、老眼の症状です。

遠くは見えるのに、近くが見えにくくなる理由

なぜ老眼になるのかということは、意外に知られていません。

それは、年齢とともに目の中の水晶体(レンズ)が硬くなるからです。

目は、近くを見るときは、水晶体を引っ張っている毛様体筋という筋肉の輪を小さくして、水晶体を膨らむに任せて厚くし、ピントを合わせています。

逆に、遠くを見るときは、筋肉が緩んで、水晶体を薄く引き伸ばしてピントを合わせています。

若い頃は、水晶体が軟らかいため、遠くも近くも、ぴったりピントが合うように調節できたので、不都合はありませんでした。

ところが、加齢によって水晶体が硬くなると、水晶体が膨らまない(レンズが厚くならない)ので、近くにピントを合わせることができなくなるのです。

筋肉を鍛えれば、老眼は予防できるのか

筋肉(毛様体筋)を鍛えれば老眼を予防できる、という主張もあるようです。
しかし、そうはいきません。

どれだけ毛様体筋を鍛え、ぐっと縮めて水晶体を膨らまそうとしても、水晶体そのものが硬くなっているので、ピントを合わせることはできません。
残念ながら、筋トレで老眼を予防したり改善したりすることはできないのです。

眼科医が勧める老眼対策

老眼の軽い間は、照明を明るくする

明るいと、焦点が合いやすくなります。
老眼の軽い間は、照明を明るくすることで、文字を見えやすくすることができます。

老眼鏡の度数変更は5年ごとに

30センチ以上離さないと文字が読みにくい、と感じるようになったら、近用メガネ(いわゆる老眼鏡)で、見え方を改善することができます。
その後も60歳くらいまで老眼の度は進みます。
度が進んだら、メガネの度数変更が必要です。
目安は5年ごとです。

白内障の手術と一緒に治すことができます

老眼鏡を作る際に、併せて眼科で検診を受けておくと安心です。

老眼は、もっと年齢が進んで白内障が起こってきたときには、白内障の手術と一緒に治すこともできます。

老眼になったら緑内障にも気をつけて

ところで、近くが見えにくい症状はメガネで解決できるのですが、老眼の症状が現れる頃、緑内障という病気が潜んでいることがあります。

緑内障は、失明原因の第一位です。患者は40歳以上の日本人の5パーセントといわれていますが、実は、その9割が、自分が緑内障であることに気がついていません。
自覚症状が出た頃には、かなり進行した状態であることが多いため、無症状の間に発見して治療することが必要です。

老眼かなと思ったら、メガネを買って済ませるのではなく、ぜひ、眼科で検診を受けましょう。

舘先生の本 近日発売!
40代から高まる失明のリスク
~あなたが、今すぐやるべきことを、眼科専門医が教えます

子育てハッピーアドバイス もっと知りたい小児科の巻2

子育てハッピーアドバイス もっと知りたい小児科の巻2

吉崎達郎 / 明橋大二ほか(著) 太田 知子(イラスト)

第2弾はさらに充実!! 9人の医師が答えます もっと知りたいという声が多かった、アレルギー、アトピー性皮膚炎、中耳炎、 花粉症、虫歯、近視、子どもによくある感染症、発達障害などの質問に答えています。 小児科の吉崎達郎先生、スクールカウンセラーの明橋大二先生と、 耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科の専門の医師がアドバイス。 今心配なことだけでなく、これからのためにも、知っておきたいことばかり。 すぐ読めて、よくわかる! 第1弾と合わせて、手元に置いておきたい1冊です。