1万年堂出版が開催した
読者感想文コンクールの
入賞作品の一部をご紹介します。

銅賞

『親のこころ おむすびの味』を読んで

奥田仁美さん(和歌山県・55歳) 一般の部

今年の春頃、仕事の帰り道に、何気なく書店に入った。「おむすび」という、最近、あまり聞かなくなった言葉に目がとまり、パラパラとページをめくった。すると、あちこちに、花や風景や木々の奇麗な写真があり、その中に吸い込まれていくような私がいた。

そして、それを手にとって、自然に、足はレジのほうへと向かっていた。でも、それから仕事が忙しくなって、読み始めたのは最近です。最初の「プロローグ」は、全国各地から寄せられた年齢、性別を問わない、多くの人達の体験談が掲載されていた。

次々と読んでいくにつれて、55年間の私の人生そのものではないかという錯覚にさえ陥った。小さい頃から病弱で、母に心配ばかりかけてきた私は、34歳で結婚し、やっと幸せをつかめると思ったが、夫は借金まみれ、私の400万の持参金は、あっという間になくなった。そして、その結末は、やはり離婚だった。子供が高校へ入学する年でした。あれから5年、まもなく、その子供にも、赤ちゃんが生まれる。私にとっては、大事な大事な初孫だ。親として、今までの子供に対するいろいろな思いが頭の中をかけめぐる。

私は、プロローグのすべての話に、共感した。その全体を通して言えることは、親にとって、子供とは、何物にもかえがたい宝物だということだ。次の一部は、私には、少し、中身が濃すぎて、書かれてある内容が難しかった。

でも、みんなに伝えようという主旨は、最初のプロローグと同じだと思う。第1話から第19話にかけて、いろいろ考えながら、読んでいった。中には、分かりやすいのもあった。一番共感できたのは、第2話「親という字は木の上に立って見る」。本当にそう思う。

親は、常に子供のことを見守って、子供が間違った方向へ進みそうになったら、正しい方向へと導かなければならない。

時には厳しくするのも、親の愛情だと思う。私は、スーパーで、清掃の仕事をしているが、最近の若者、特に、学生のマナーが悪い。やはり、小さい頃から、していいことと悪いことの区別を、はっきり教えるべきである。
「親のこころ、子知らず」とは、まさに、こういうことを言うのかもしれない。

続いて、第二部、読んでいくにつれて、いろいろなシチュエーションにおける親の気持ちが、ひしひしと伝わってきた。

子供を思う親のこころに、ただ、ただ感謝する話ばかりだった。19話でお弁当の話があった。私は、小学校、中学校では、いつもは給食だったが、運動会とか遠足になると、母は朝早く起きて、お弁当をつくってくれた。

母の得意なおむすび弁当だ。3人姉妹だったので、お弁当も3つ。大変だったと思うけど、嫌な顔ひとつせず、にこにこしながら、三角おむすびをにぎっている母の姿が、そこにあった。子供ながらに、母の手の中で、奇麗な三角になっていく、おむすびを見ていると、母の手は、魔法の手のように思えてきた。

私は、今でも苦手。なかなか三角にならない。角がなくて丸くなる。まるで、私の性格みたいだ。母のお弁当は、おかずも豪華で、きれいな色の卵焼き、タコさんウインナー、ほうれん草のおひたし……など。そんな料理の得意な母が、私の自慢です。

私は、この本を通して、両親への感謝というものを改めて感じた。「生んでくれてありがとう」。私は、父と母の子供として生まれてきたことを、本当によかったと思っている。

父は、8年ほど前に亡くなって、いないけれど、母には、これからも、ずっとずっと、長生きしてほしい。年を重ねるごとに、背中が丸くなり、力も弱くなっていくので、大事にしたい。本当に、本当に、そう思う。

そして、もうすぐ母となる20歳の娘に、この本を薦めたい。

『親のこころ おむすびの味』、このタイトルの奥に秘めた意味を、再度考えながら、終わりにしたいと思う。

新装版 親のこころ2

新装版 親のこころ2

木村耕一(編著)

親から子へ、子から親へ、伝えたい思いがあります 親から子へ、子から親へ伝えたい…… 『新装版 親のこころ』の第2弾! 平成16年発刊のベストセラー『親のこころ おむすびの味』の増補・新装版ができました。 偉人や有名人の生涯、文学作品から、親と子の強い絆を描いた「エピソード編」は全編を加筆修正し、新たに、吉川英治が加わっています。 好評の、読者の「体験談編」は再度募集し、600通の応募作品の中から選んだ秀作が、16編増えました。 また、特別寄稿として、『子育てハッピーアドバイス』シリーズの著者で、子育てカウンセラー・心療内科医の、明橋大二氏の診療日記も掲載いたしました。ある祖母と、事情があって親と暮らせない孫娘との、せつないけれど、ホッと心が温かくなるエピソードです。 持ち運びに便利なソフトカバー、さらに美しい装幀に生まれ変わった新装版で、親として、子として、自分が伝えたい思いは何だろう……、ゆっくり、振り返るひとときを、過ごしていただきたいと思います。  

読書感想文に取りかかる前に

キミはどの動物タイプ?まずは動物診断をやってみよう

タイプを知れば、読書感想文の書き方が見えてくる
10問で分かる動物診断はコチラから。

『なぜ生きる』読書感想文コンクール開催中

その『なぜ生きる』で、100字から挑戦できる読書感想文コンクールを実施しています。
スマホから参加できるので、ぜひやってみよう!

コンクールの参加方法など詳細はコチラをご覧ください。

さらにマンガコンテスト「なぜ生きる大賞」も開催中!

読書感想文コンクールだけではなく、マンガコンテストも開催中です。
初心者も挑戦しやすい4コマや8コマで募集しています!もしかしたら連載も?
なぜ生きる大賞 詳細はこちら