1. 人生
  2. お悩み相談

しくじり大学生のためのMEIGEN#1 失敗が続くときに真っ先に見直したらいいこと

しくじり大学生にならないための、名言を紹介しています!

  1. みんな、こんにちは!バンドウイルカだよ。
    充実してるときもあれば、そうじゃないときもあるよね。
    ついついゲームに夢中になって、気がついたら夜中の3時だった、なんてことは僕だけじゃないはず。
    当たり前だけど、翌朝めちゃくちゃ眠くってさ。
    居酒屋でのバイトでもミスばっかり!
    うっかりコップ、割っちゃうし。
    その上、定期も忘れちゃうっていうね(泣)
    あ~~も~~今日はふんだりけったりだ!
    自業自得なんだけどね。
    こんなとき、アスリートの名言が心に沁みるんだよね。
    紹介するね!

マラソンはごまかしがきかない真面目なスポーツである
自己を裏切れば、その結果が成績として現れる。
正しい生活、正しい精神、正しいトレーニングより実力が発揮される

(昭和39年東京オリンピック男子マラソン銅メダル円谷幸吉)

日々の習慣で金メダルをとった円谷幸吉

東京オリンピックで銅メダルを獲得した円谷幸吉。
日本人初の快挙に、国じゅうが喜びに沸き立ちました。
マラソンを始めてわずか7ヶ月、諸先輩を追い越し、なぜ大記録を樹立できたのでしょう。

42.195キロを走りぬく2時間余りだけが、戦いではない。
マラソン当日までの、取り組み姿勢のすべてが、正直に現れるのだ

円谷は、トレーニングはもちろん、それらを支える精神、生活態度を、とても重視していました。

円谷の部屋は整頓されて、清潔でした。
朝はきちんと寝具をたたみ、脱いだ衣類はシワを丁寧に伸ばす。

グラウンドでスタートラインに立つ前も気持ちが高ぶっているはずなのに、物静かな顔つきで、衣類を丁寧にたたむのです。

円谷選手を変えた師のアドバイス

円谷君、日本の一流選手になるためには
毎日かかさない練習と、真面目な生活態度が肝要だ

尊敬する師のアドバイスを、円谷は実践して、心を鍛錬していたのです。
普段の真面目な生活態度が結果に繋がったのですね。

ごまかしがきかないのは、マラソンだけではありません。
思うように結果が出ないことがあれば、朝起きられているか、夜更かししていないか、部屋は散らかっていないか、生活態度を一度振り返ってみるといいかもしれません。

  1. 試験や試合など結果を出したいときには
    日頃の生活態度が、物をいうのかもしれないね。
    それに財布を失くしたり、定期を忘れたり、
    うっかりミスをするときって寝不足のときが多いな。
    夜更かししたくなる夏休みだけど、規則正しい
    生活をキープするようにしよう!!

きゃんぱすライフLab.のご紹介