もうおまえは、帰ってもよろしい 何事も基礎が大切

 イタリアの有名な音楽家のもとへ、一人の青年が、音楽の教授を求めて訪ねた。
「よしたほうがよかろう。音楽の道は、たいへんだから」
 音楽家はキッパリと断る。
「必ず、どんな苦労でもいたしますから、ぜひ教えてください」
 青年は必死にたのんだ。
 どんな苦しいことがあっても一切、不足や小言は言わないという約束のうえで教授を許した。

 それから青年は、その家に起居して炊事、洗濯、掃除など一切の家事の面倒をみて、その合間に音楽の教授を受けた。
 はじめの一年は音階だけで終わった。二年目も同じく音階だけ。
 三年目こそは、なにか変わった楽譜を、と期待していたが、いぜんとして音階だけで終わる。
 四年目も音階だけであったので、たまりかねた青年は不足をならした。
「なにか変わった楽譜を教えてもらえないでしょうか」
 師匠は一言のもとに叱りとばした。

 五年目になって、半音階と低音使用法とを教えた。
 その年の暮れ。
「もうおまえは、帰ってもよろしい。私の教えることは、すべて終わった。おまえは、いかなる人の前でうたっても、他人にひけをとることはなかろう」
と、免許皆伝したのである。
 その青年はカファレリといい、イタリア第一の名歌手となった。

 音階ぐらいと、ばかにしてはならない。それを五年間も魂を打ちこんで教授したのは、基礎が完成すれば、どんな難しい楽譜でも、自由自在にあやつることができるからである。
 何事も基礎が肝要。
(『新装版 光に向かって100の花束』p.24-25 著:高森顕徹)

『新装版 光に向かって100の花束』書籍紹介

『光に向かって100の花束』は、今日まで多くの人に愛読され、66万部突破のロングセラーとなっています。

古今東西の、失敗談、成功談などから、元気がわくエピソードを集めた100のショートストーリー集。

1話3分で読める気軽さで、面白いだけでなく、人間関係、仕事の悩み、子供の教育、夫婦仲など、人生を明るくするヒントにあふれています。

『なぜ生きる』書籍紹介

子供から大人まで、多くの人に勇気と元気を与えている書籍です。
発刊から18年たった今でも多くの方に読まれています。
忙しい日々のなか、ちょっと立ち止まって、「なぜ生きる」、考えてみませんか?
『なぜ生きる』のお求めは、お近くの書店や、弊社まで(TEL: 03-3518-2126)
お問い合わせください。