R60302 なぜ生きるLINEメッセージの画像1

こちらのメッセージは、高森顕徹先生の書籍『光に向かって123のこころのタネ』の中に収録されています。

高森先生監修の最新刊はこちら

人生の目的

人生の目的

高森顕徹(監修) 高森光晴・大見滋紀(著) 茂本ヒデキチ(イラスト・画)

全国で大反響!『人生の目的』とは?

今、全国の書店ランキングで急上昇中の『人生の目的』。その魅力はどこにあるのでしょうか。
毎日、続々と寄せられる読者の声から探ってみたいと思います。

60歳を過ぎた頃から、人生の目的ってなんだろうと考えるようになり、この本を見つけ、すぐに購入しました。やさしい言葉で書かれているけど、すごく内容が深い。たとえ話によって解説されているところが、心に深く入ってきました。今二回目を読み終わったところですが、読むたびに内容がしみてきます。

(山口県 68歳・女性)

定年退職し3年。会社の友人は、実は本当の友人でなかったことに気づきました。そんな中、この本を読み、人間として忘れていたことを思い出しました。生・死はすぐそばにあることを知りました。今はホッとしています。今日一日を大切に生きていきたいと思います。

(愛媛県 68歳・男性)

人間に生まれた重みに涙が出ました。改めて、母に感謝の思いになりました。読み返し、勇気をもらって頑張っていこうと思います。

(青森県 82歳・女性)

90年生きて、これほど心にしみ入る書はありませんでした。繰り返し読んで感動を味わっております。ありがとうございました。

(長野県 89歳・男性)

R60302 なぜ生きるLINEメッセージの画像2

感想を送ってくださった方々へ、編集部一同、心よりお礼申し上げます。