1. 仏教
  2. こころの持ち方

一番の不幸は「恩知らず」!子どもに伝えたい「恩」の大切さ

両親、妻や夫、会社の上司や同僚、友人など、私達はいろいろな方の支えがあってこそ生活ができています。

しかし、いつもお世話になっていながら、当たり前に思って、なかなか感謝を言えないことも多いのではないでしょうか。

「感謝の心のない人は最も不幸な人」とまでいわれるほど感謝することは大事ですが、それにはまず「恩」を知らないと感謝の心も出てきません。

子どもにもぜひ伝えたい、仏教で懇ろに教えられる「恩」について学んでみましょう。

登場人物

奈々
原田店長の娘(小学4年)。お父さんのいるカフェの勉強会にも参加し、大人顔負けの質問をする。
ふじ江
内孫と外孫、合わせて7人の孫を持つおばあちゃん。書道の腕前は超一級で、自宅で書道教室を開く。仏教塾ではベテラン選手。
塾長
仏教塾いろはの塾長。アメリカの大学で仏教の講義をしていた。店長とは旧知の仲。

学校から元気よく帰ったきたナナ。カフェで腰かけていたふじ江に話しかける。

  1. ふじ江おばあちゃん、こんにちは!

  2. あら、ナナちゃん、こんにちは。いつも元気で、おばあちゃんも元気になるわ。

  3. えへへ。。 あれっ?おばあちゃんお手紙書いてるの?

  4. ええ、近所の人にお菓子を頂いたから、お礼の手紙を書いているのよ。

  5. お菓子をもらっただけなのに?お手紙書くの?おばあちゃん、すごいね!

  6. すごくないわよ。それどころか、わたしなんて恩知らずな人間よ。だからこそお礼状を書かないとね。

  7. ? 恩知らずだからお手紙出すってどういうこと? おばあちゃんすごく礼儀正しいのに。

  8. これは大切なことだから、ぜひ知ってもらいたいわね。あ、塾長さん、いいところに。「恩」についてのお話をしていただけないかしら。

そう言って、ふじ江がそばを通りかかった塾長を呼び止めた。ふじ江の呼びかけにこやかに応対する塾長。

  1. 塾長

    おっしゃる通り、「恩」は仏教でも特に大事な内容ですね。ぜひお話ししましょう。

「恩」を知ると、感謝の気持ちがわいてくる

塾長:

ナナちゃんは、「人」っていう漢字は書けるかな?

  1. うん、書けるよ~。

「人」という字は、2つの棒が支え合ってるように見えるよね?

  1. ホントだ!そういうふうにも見えるね。

どちらか1つの棒がなくなったら、もう片方の棒は倒れてしまうよね。

それと同じように、僕たちは一人で生きているんじゃなくて、いろいろな人に支えてもらって生きてるんだ。

たとえばナナちゃんだったら、お父さん・お母さんがいなかったら、どうなるかな?

  1. 夕ごはんが食べられなくなっちゃうよ~。

確かにそうだね(笑)他にどんな人に支えてもらってるかな?

  1. う~ん、おじいちゃんとかおばあちゃん、あと友達かな~。困ったときはみんなが助けてくれるよ。

いろいろな人に助けてもらっているんだね。

ところでナナちゃんは、その人達に助けてもらったときに「ありがとう」という気持ちを伝えているかな?

  1. ううん、あんまり言えてないかも。

やってもらって当たり前と思っていると、なかなか「ありがとう」という気持ちが出てこないよね。

でも、当たり前のことって、あるのかな?

友達が助けてくれたのは当たり前じゃない。友達も遊びたいと思いつつも、ナナちゃんに元気になってほしいから助けてくれたとしたら、どう感じるかな?

  1. とっても嬉しいし、「ありがとう」って言いたくなる!

そうだね。全部、当たり前のことじゃないと思えたら、「ありがとう」っていう気持ち、感謝の気持ちが出てくる。

こんなふうに、「あの人のおかげで私は助けてもらえた、ありがとう」と感じることを「恩」というんだ

「恩」について仏教では詳しく教えられているんだよ。

ちょっと難しく感じるかもしれないけれど、仏教の本の内容を学んでみようね。

お釈迦さまは、「知恩(ちおん)」「感恩(かんおん)」「報恩(ほうおん)」の三つを教えられています。

知恩は、恩を知ること。感恩は、恩を感じること。報恩は、恩に報いることです

「恩」という字は、「因」と「心」からできています。
言い換えれば、原因を知る心が「恩」なのです
つまり、今の自分が生きているのは、さまざまな人や物のおかげを受けている。それを知るのが恩なのです

感謝ができないのは、そもそも自分が受けている「おかげ」を知らないからです
自分がいろいろな人や物に支えられていることを知れば、「ありがたいな」「うれしいな」という感謝の心がわいてきます

だからまず、知恩(自分が支えられていることを知る)が最初です。
そうすれば、必ず感恩(感謝の気持ち)がわいてきます。
すると、「自分を支えてくれた人のために頑張ろう」という気持ちになる。これが報恩です。

(『幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く』岡本一志著 より引用)

「今の自分が生きているのは、さまざまな人や物のおかげ」と知るのが「恩」であり、「恩」を知ると、感謝の気持ちがわいてくるんだね。

感謝のない「恩知らず」な人は、独りぼっちで不幸になる

  1. 「恩」って、そういうことなんだね。そうなると、やっぱりおばあちゃんはすごいね。お菓子もらったことに「恩」を感じて、お礼のお手紙まで出すんだもん。

本当に、すごいね。「そこまでするの?」って驚くよね。

でも、さっきも話していたことだけれど、僕達は残念なことに「恩」を感じることが少なくて、人からしてもらったことを当たり前に思いがちなんだ
だから、お礼や感謝の気持ちを十分に伝えられていない。

そういう人は「恩知らず」といわれるんだ。

  1. 恩知らず…。う~ん、なんか、とってもイヤな言葉だね。。

そうだね。仏教では、この「恩知らず」と言われることは、最も恥ずかしいことだと教えられているよ。仏教ではそれほど「恩」は大事なものと教えているんだね。

そんな「恩知らず」のまま、もらうばかり、受け取るばかりでいたら、どうなるだろう。

ナナちゃんが誰かを助けてあげたり、プレゼントをあげたりしたときに、相手から何も言われなかったら、どう思うかな?

  1. 何も言われなかったら、かなしいよ~。

そうだね、悲しいし、残念な気持ちになるよね。

もちろん、してあげる側は、たとえ相手に何も言われなくても、相手が喜んでくれればいい、という心がけが大切だね。
ただ、してもらった側の方は、当たり前に受け流さずに、感謝を伝えるのが「当たり前」だね。

感謝のない人には、「またしてあげよう」という気持ちにはならなくなる。
そうなると感謝のない「恩知らず」な人からは、みんな離れていってしまい、独りぼっちで不幸な人にさえなってしまうね

  1. そんなのイヤだよ~、ナナもこれからもっと感謝の気持ちを伝えられるようにしたいな。

ナナちゃん、その気持ちが大事なんだよ。

おばあちゃんを見習って、してもらったことは、たとえ小さなことでも、お礼を言えるといいね。

日頃からお世話になっている先生や近所の人、お父さんやお母さんにも「ありがとう」を伝えると、みんな喜ぶと思うし、ナナちゃん自身も幸せな気持ちになれるよ。

  1. うん、わかった!…それと、教えていただき、ありがとうございました!

他の仏教塾いろは記事もチェック! 仏教塾いろは無料メールレッスンはコチラ

今回ご紹介した書籍はこちら

幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く

幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く

岡本一志(著) 太田知子(イラスト)