書籍詳細

親鸞聖人の花びら 桜の巻 教え、仏事、なぜなぜ問答

高森顕徹(著)
定価 本体 1,600円+税
判型 四六判上製
頁数 344ページ
ISBN 978-4-925253-52-9
発売日 平成23年(2011)9月15日
発行部数 6万部

ご購入はお近くの書店まで。下記ネット書店でもご購入いただけます。

ご購入
  • 思いやりブックス
  • 楽天
  • アマゾン
  • e-hon
  • セブンネット
  • Honya Club
  • 電子書籍でもお読みいただけます。

    こちらをクリック
  • iPhone/iPad用アプリ
  • 書籍の特徴・内容紹介

    なぜなぜ 親鸞さんに聞いてみよう
    「運命は何によって決まるの?」
    「なぜ、お経を読むの?」
    「極楽って、どんな所?」
    ……素朴な疑問から、
    「なぜ親鸞聖人は、わが子を勘当されたの?」
    「親鸞聖人は、どんな夢を見られたの?」
    ……親鸞の生きざま、人柄。
    さらに「念仏に三通りあるって、どんなこと?」など、深い教えの解説まで。
    40年以上にわたる著者の講演活動の中で、実際に受けた116の問いと答えを、『桜の巻』『藤の巻』の2冊に掲載。
    これだけ読めば、仏教と親鸞聖人の全てが分かる。

    《主な問い》

    ・こんなに苦しいのに、なぜ、生きるの?
    何のために働いているの?
    親鸞聖人は、どう教えられているのでしょうか。

    ・運命は何によって決まるの?
    親鸞聖人は、どう教えられたのでしょうか。

    ・「人間に生まれたことを喜べ」と、
    なぜ、親鸞聖人は言われたのでしょうか?

    ・釈尊が仏教を説かれた目的は?

    ・仏教とは、一言でいうと、どんな教えなの?

    ・人間は、欲しい物を手に入れ、
    やりたいことを思う存分やって死ねれば
    本望ではないでしょうか。

    ・科学の進歩は、イコール人類の幸福といえるのか?
    仏教から見た科学は、どういうものでしょうか。

    ・「因果の道理」とは、どんな教え?

    ・仏教は「三世因果の教え」といわれますが、どんなこと?
    親鸞聖人が強調された現在の救いと、どんな関係があるの?

    ・「人はみな平等だ」とは思えません。
    明らかに差別があります。
    これも運命とアキラメるしかないのでしょうか?

    ・私は、死後はないと思います。
    親鸞聖人は、どう教えられているのでしょうか。

    ・どんな人でも、ただ念仏さえ称えていれば、死んだら極楽へ往けるの?
    親鸞聖人は、本当にそんなことを教えられたのでしょうか。

    ・「極楽」とは、どんな所?

    ・臨終に苦しんで死んだ母は、極楽へ往生しているのでしょうか?

    ・お寺さんにお経を読んでもらうと、
    死んだ人のためになると、
    親鸞聖人は教えられたのでしょうか?

    ・不幸や災難がおきると、「先祖のたたりだ」とか、
    「先祖の供養をしないからだ」とか言う人がありますが、本当でしょうか。

    ・親鸞聖人の見られた夢とは?

    ・「親鸞は弟子一人ももたず候」とおっしゃっていますが、
    本当に、お弟子はなかったのでしょうか。

    ・親鸞聖人はなぜ、自らを、「非僧非俗」と言われたのでしょうか。

    ・阿弥陀仏をタノムとは、どんなことでしょうか。

    ・仏教を聞いて、よく納得できたのが信心だと思っていますが、間違っているでしょうか。

    ・信心獲得するとハッキリすると言う人と、
    凡夫にそんなことはないと言う人とがあります。
    どちらが本当なのでしょうか?

    ・信心獲得したら、煩悩や悪業は、どうなるの?

    ・救われたら、本当に大慶喜があるの?

    ・親鸞聖人が、わが子を勘当された理由は?

    ・仏教で説かれている「五つの不思議」とは?

    ・浄土真宗には「二度の臨終、二度の葬式」があると聞きましたが、どんなことでしょうか。

    ・浄土真宗は「不来迎」の教えだと聞きましたが、どんなことでしょうか。

    ・「定散の自心」とはどんなことでしょうか。

    ・仏教の「無我」や「空」の真意は?

    ・浄土真宗には、他人に言ってはならない秘密があるの?

    ・念仏に三通りあるとは、どんなことでしょうか?

    ・私のような者でも、助かる道があるでしょうか。


    朗読CD『親鸞聖人の花びら』もあります(朗読: 鈴木弘子)

    読者の声

    子供にもプレゼントしたい - 親鸞聖人の花びら 桜の巻

    読書の苦手な私ですが、すてきな紙面、内容に引き込まれるように、読み終えました。次は『藤の巻』を読みます。子供にもプレゼントしたいと、もう1セット購入しました。 (兵庫県 68歳・女性)

    震災で心が沈んでいた。福島から - 親鸞聖人の花びら 桜の巻

    震災で心が沈んでいた時に、新聞で知り、読んでみたくなりました。 (福島県 61歳・女性)

    実家の真宗のことを全く知らなかった - 親鸞聖人の花びら 桜の巻

    実家が真宗大谷派でありながら、真宗のことを全く知らなかったことに、改めて驚かされました。 (千葉県 48歳・男性)

    書評

    親鸞聖人の花びら(「広報こたけ ひまわりだより」)

    親鸞聖人の花びら 高森顕徹・著 1万年堂出版 「運命は何によって決まるの?」「なぜ、お経を読むの?」「極楽ってどんな所?」……素朴な疑問から、「なぜ親鸞聖人は、わが子を勘当されたの?」「親鸞聖人は、どんな夢を見られたの? ...

    親鸞聖人の花びら(長崎新聞)

    新刊コーナー 「親鸞聖人の花びら」桜の巻、藤の巻 (高森顕徹著) 750回忌を迎えて、今また親鸞とその教えが注目されている。 「親鸞聖人は人間の死後はどうなると教えられているの?」「なぜ自殺はいけないのか」「葬式や法事を ...

    親鸞聖人の花びら(宮崎日日新聞)

    親鸞聖人の花びら 高森顕徹著 「桜の巻」「藤の巻」の2巻からなり、「仏教とは、一言でどんな教えか」「信心獲得したら煩悩はどうなるのか」「冥福とはどんなことか」「地獄・極楽は、おとぎ話では」など116の素朴な質問に答える形 ...

    はじめに

    「一々の花のなかよりは
    三十六百千億の
    光明照らして朗らかに
    至らぬ処はさらになし」(親鸞聖人)

    大輪の妙華が心に開いた、親鸞聖人の述懐です。その無数の花びらから漂う香気は、大衆を魅了して今もやみません。
    時あたかも七百五十回忌もあり、書店には聖人に関する書籍が並び、各地で「親鸞展」なるものも開催され、「親鸞ブーム」と評する人もあるようです。
    聖人を賞賛し慕う声は、満ちています。
    たくましい生きざまに感嘆する人、肉食妻帯の勇気に感服する文豪、透徹した自己洞察に脱帽する評論家、深遠な哲学に驚嘆する思想家もあります。
    あるものは弥陀の慈悲の化身と感激し、あるものは秋霜烈日の冷厳さに襟を正します。
    まさに汪洋たる大海のように、親鸞聖人はとらえようのない方のようです。

    アフガンで八歳の女の子が、爆弾入りの小包を持たされて爆死しました。女児は何者かに頼まれて警察施設に小包を運んだのですが、遠隔操作装置が組み込まれていて、近づいたところで爆発させたのだ。
    人間とも思えぬ残酷な所業が、日夜、繰り返されているのです。
    無知と貧困こそ、暴力とテロの温床といわれますが、情報があふれ、衣食住の潤沢な世界も、固唾を呑む愁嘆場と少しも変わりはありません。
    想定外の津波で、すべてを失う火宅無常の世界も、そらごとたわごとに狂う煩悩具足の人間も、なんの進化も見られません。
    「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、万のこと皆もって、そらごと・たわごと・真実あることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」(親鸞聖人)
    八百年前とは思えぬ真実の言葉に魅了され、「ただ、念仏のみぞ真実」とは何ぞや。
    聖人の言葉に耳を傾ける人の多いのもうなずけます。
    ところが、この書にあげた質問・疑問が物語っているように、声高の割りに親鸞聖人の教えを知る人の少ないのに驚くのです。
    人類にとって、これほどの甚大な損失はなく悲しい限りであります。
    そこでこのたび、四十年来、親鸞聖人について投げられた問いに、筆者がそのつど、簡略に答えたものを集めてみることにしました。
    中でも特に、なぜ世界の光といわれるのか、最も知りたいであろう、聖人の教えに主眼を置きました。
    蓮如上人が生涯、親鸞聖人の教えの徹底のみに尽くされたように、聖人の教えの花びら一片なりとお届けするしか、洪恩に報いる道なしと確信するからであります。
    平易に心がけたつもりでありますが、難解に感じられるのは、要因は筆者にありお許しください。
    小著によって、親鸞聖人の教えの香気に少しでも触れていただき、より広く深く聖人の信仰に接せられる方があれば、本望これに過ぎることはありません。

    合掌

    平成二十三年  初秋

    著者識す

    メールマガジンにて、新刊情報などをお届けしています。

    大切な忘れ物を届けに来ました★ 1万年堂通信     メルマガ登録はこちら

    明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室       メルマガ登録はこちら