ニュース・トピックス

2017年02月13日

『三国志』全10巻が書店に並びました!

吉川英治の小説『三国志』が、2月、ついに完結し、全10巻が揃いました。
群馬県の高崎市と前橋市の書店では、10巻すべてが並べられています。

IMG_4636戸田書店高崎店
時代小説コーナー。同じ吉川英治の小説『親鸞』も一緒に展示されています。

IMG_4639 蔦屋書店前橋みなみモール店
文芸書の中国歴史小説コーナーの前面に『三国志』と『忠臣蔵』、棚には『三国志』と『親鸞』も。

 

三国志 第10巻
吉川英治(著)

三国志の定番、吉川英治の名作小説『三国志』の第10巻・完結編です。 『三国志』は、ただの娯楽小説ではない。「人間とは、何か」を、深くえぐり、考えさせる力を持っています。 初めて吉川文学に触れる人は、読書がますます楽しくなることでしょう。かつて胸躍らせて『三国志』を読みふけっていた人には、再びあの感動を。単行本で、読みやすい大きな文字でお届けします。   (内容紹介) 座して滅ぶ...

ニュース・トピックス一覧へ戻る

メールマガジンで、ニュースが毎週届きます。

大切な忘れ物を届けに来ました★ 1万年堂通信     メルマガ登録はこちら

明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室       メルマガ登録はこちら