読者からのおすすめ

読者の声

「ママ、この本すごい!! 私と同じ!!」-ひといちばい敏感な子
2017年01月27日

普通の家庭に育った私でしたが、母親の愛情を十分に受けられず(親は一生懸命子育てしてくれたことは分かるのですが)、苦しんできました。自分と同じ思いをさせたくないと願い、この記憶を大切にしながら娘に接してきました。
娘は素直で、やさしく育ってくれています。しかし、発達障害だろうと保育園の先生たちに言われ、受診したけれど、病名はつかず、私からすると障害ではないと感じていました。
この本を手に取ってから、自分自身を受け止めることができるようになり、娘たちへの接し方・育て方も間違っていなかったんだ、と癒やされました。娘(15歳)が、私がこの本を読んでいるときに、書名を見て気になったのか、こっそり読んでいました。そして一言、私に
「ママ、この本すごい!! 私と同じ!! やっぱりママの育て方、正解やったね~。ママの子どもでよかった~。ママ大好き」と。
この本に出会えて本当に感謝です。(福岡県 41歳・女性)

ひといちばい敏感な子
エレイン・N・アーロン(著) 明橋大二(訳)

5人に1人が、生まれつき「ひといちばい敏感な子」(Highly Sensitive Child=HSC)だといわれています。 他の子と違うわが子に、「この子はおかしいのでは……」「自分の子育てが間違っているのでは?」と悩む親は少なくありません。 学校ではADHDやアスペルガーと誤解されてしまうこともあります。 本書は、多くの親が抱える子育ての悩みや疑問を、子どもの“敏感さ”という面から明...

読者の声一覧へ戻る

メールマガジンにて、新刊情報などをお届けしています。

大切な忘れ物を届けに来ました★ 1万年堂通信     メルマガ登録はこちら

明橋大二先生の 親子でホッとする子育て教室       メルマガ登録はこちら